トイレットペーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トイレットペーパー

トイレットペーパー: toilet paper)とは、トイレットで用をたす際に後始末に用いられるのこと。巻紙(ロール紙)になっている場合「トイレットロール」とも呼ぶ。

概説[編集]

トイレットペーパーとは、トイレで用をたした後始末に用いられる紙のことである。日本でかつてもっぱら平らな紙の状態で供給されていた時代には「ちり紙」と呼ばれていた。洋式の巻紙(ロール紙)の場合は「トイレットロール」とも呼ぶ。俗に「便所紙」とも呼ばれる。

通常、トイレ個室に備え付けの「(トイレットペーパー)ホルダー」にとりつけた状態で使用する。しかし、国によってはロールがかなり大きく、その場合はホルダーもそれに対応したものとなっており、これが個室の入口に設置され、必要分(使用予定分)を取ってから個室に入るようになっている場合もある。→#設置方法

トイレットペーパーを製造しているのは製紙会社である。トイレットペーパーは一般にリサイクル紙が用いられており、たとえば紙パックなどさまざまな紙製品からトイレットペーパへとリサイクルされているのである。最近では使用済みの鉄道切符までがリサイクル材に用いられることがあり、その場合、収集された切符は製紙工場において分離(磁気を抜く工程)・殺菌洗浄漂白等の工程を経て、トイレットペーパーになっている。日本のトイレットペーパーのうちおよそ4割が静岡県で製造されている。

日本では「ティシュペーパー及びトイレットペーパー」として家庭用品品質表示法の適用対象とされており、雑貨工業品品質表示規程に定めがある[1]。また、日本では日本工業規格によって品質や寸法などが細かく定められいる[2]

日本での使用量は一人あたり1年で、およそ8kgほどだろうという推算もある[3]

現代人にとっては生活必需品であり、また日本では 大きな災害も何らかの頻度で必ず起きるものなので、災害発生時には店舗の棚から消え去り、無いと非常に困りパニックが起きがちなものなので、(同じく、生活必需品である水、米 などと同様に)普段から一軒一軒の家庭で「買い置き」(備蓄)しておくことが日本の行政組織によって奨励されている品物である[4]。量の判断はそれぞれではあるが、ひとつの目安とされる量は、およそ1カ月分である。

歴史[編集]

トイレットペーパーは14世紀に中国で最初に生産されたとされている。その当時は皇帝用であった。

トイレ用につくられた初めての工業製品は1857年アメリカ合衆国のジョセフ・カエティによってつくられた。カエティの名前はすべての紙に印刷された。

トイレットペーパーやちり紙が普及する前は、裕福な人は羊毛レースを用いていた。そうでない人は、直接手を用いるか、木の葉、干し草トウモロコシの皮、、かんなくず、貝殻、ぼろ布、などを用いて拭いていた。ヤツデの葉を使う例もあり、その場合、トイレ近くにヤツデを植えていた。

また、使い捨ての物ではなく、洗って再利用する物もあった。古代ローマでは海綿を用いていた。日本では貝殻を用いたり、籌木(ちゅうぎ)という細長い板を用いていた。

帝政ロシアでは、部下が皇帝が用いるトイレットペーパーに皇帝の刻印を押した。ヘンリー8世の宮廷では、その手で王族の臀部を清潔にする便所担当の廷臣がいた。安全上の理由のため、特に信頼された廷臣のみが選ばれた。また、王と毎日二人っきりになる好機であるため、その影響力を得たいためにこの仕事を望む部下は多かったという。江戸時代の日本の大奥では、御台所は自分では尻を拭かず、大奥女中に拭かせるのが慣習であったが、中にはこの慣習に馴染めず自分で尻を拭いた御台所もいた。

日本では、(洋式の)「トイレットペーパー」が最初に求められたのは明治維新後で、主にホテルや洋館で必要とされ、当時は日本にトイレットペーパーが無く、輸入していた。

平らな裁断紙のトイレットペーパー(1960年代のフランス、「Le Troubadour"」という銘柄のパッケージ入り)。

トイレットペーパー以前は、明治の中頃から長い間、古紙が原料のちり紙と、パルプから作られた京花紙(おとし紙)がトイレで使う紙として使われており、下水道工事が本格化した昭和30年前後から「汲み取り式」から「水洗式」へ「和式便器」から「洋式便器」へと変化し、それとともにちり紙メーカーがトイレットペーパーを作り始めた。

日本でもトイレットペーパーが製造されるようになったのは大正後期のことで、今と違い吸水性が悪く溶けにくく、かたくてゴワゴワしていたので(尻の皮膚を痛めてしまうので)手で揉んでから使っていた。

トイレットペーパーの種類[編集]

ロールのトイレットペーパー は「シングル巻」と「ダブル巻」がある。「シングル巻き」とは一枚の長い紙が巻かれているものである。「ダブル巻き」というのは、あらかじめ二枚重ねにされワンセットになった紙が、巻かれているものであり、使用者の利便のためにミシン目などがいれられていたりすることが多い。ダブル巻きは相対的にソフトな感触になっている。

エンボス加工されたトイレットペーパー
絵柄、香料付きトイレットペーパーの例

比較的高価なものでは、使用感を向上のため、また清拭・吸収性を向上させるためにエンボス加工されている製品もある。紙の色はが基本であるが、他にも様々あり、薄水色、薄ピンク、薄黄色、薄 等々がある。絵柄が印刷された物もあり、個性的な絵柄のもの、米国ではトイレットペーパーにクイズ集(と答え)やジョーク集 等々が印刷してあって、毎回使用時に新たな箇所が表に出て、用をたすついでに読んで楽しめる、というような製品もある。

は、基本的にはボール紙製が多い。だだし公衆トイレなどでは芯紙を便器に入れて流そうとする人がおり、その結果芯紙が詰まり(使用不能になったり、汚水が溢れるなどの悲惨なことになるような)事故が一定頻度で起きるので、公衆トイレや店舗のトイレ向けに芯紙が無い「芯なしタイプ」もある。また同様の対策として水解紙製の芯ものもある。

また、トイレットペーパやトイレットペーパの芯紙に香料が付けられトイレ内を芳香できる製品も存在している。

市販のトイレットペーパーの長さに関して日本工業規格(JIS規格)に定めがあり、1巻(ロール)の長さは27.5m、32.5m、55m、65m、75m、100mの6種とされ、許容差+3となっている。ただし、日本の一般のドラッグストアやスーパーなどで販売されているものは「60m巻き」となっているものが比較的多い。

パブリック向けの業務用についてはロールの一巻きあたりが150mから210mと、通常のペーパーと比べてかなり長く(最大500mの商品も存在)、頻繁に取り替えるのは難しい場所でも利用者が困ることが少なくなるようになっている。ただし、業務用の超ロングサイズはロール1巻きあたりの重量が1~2kgにも達し、またペーパーの軸が壁面と直角方向となる専用大型ホルダーでなければ装填できない。その重さや巻きの固さ、取り付け角度制約のため、紙を引き出しにくく千切れやすいという欠点があり、あくまで交換サイクルの長さが優先され、他の面は犠牲にする製品である。

設置方法[編集]

三角折り、2個配置
壁でなくドアに設置

トイレットペーパーはトイレットペーパーホルダー(紙巻器)などで設置する。

(今では考えづらいが、かつては)トイレットペーパーの端がロールと一体化してしまい、端を見つけるのが困難であることは一般的であった。 [5]

2個並べて配置した2連紙巻器もある。2個配置するのは紙切れが起きないようにしつつ、1個がなくなった時点で補充でき(つまり、少し残っている段階で早めに交換する必要は無く)、紙を無駄にしないという利点があるためである[6]

トイレットペーパーホルダーにはロールを2個積むように縦に配置するものもある。使用中のトイレットペーパーが完全に無くなり残った芯紙を取り除くまで次のトイレットペーパーが取り出せ無い盗難防止タイプもあり、さらに必要量しか引き出せない仕組みになっており、盗難やいたずらに遭いにくくなっている。 鉄道駅ではいたずらや盗難、放火を懸念してトイレットペーパーを設置していない場合があり、この場合トイレの前に設置された自動販売機で購入する。最近はトイレットペーパーが以前は設置されていなかった鉄道駅のトイレでもサービス向上のために設置されるトイレが増えている。

水洗便器とトイレットペーパー[編集]

便器の水溜りに滞留するトイレットペーパー
水解紙製のトイレットペーパーの芯

水洗式便所でトイレットペーパーは洗浄水を流しても水流の関係で、便器トラップの水溜りでクルクルと回るだけで、流れに乗りにくくなることがある。

特に、吸引作用が無く、水勢のみで洗い流す洗い出し式和式便器等の洗浄方式によっては、完全には便器内から無くならず、滞留する現象が発生する。

これは大便洗浄の時にはきちんと流れて、小便洗浄時や紙だけ流す時は流れにくいのは、トイレットペーパーの紙の間に空気が入ってしまい、浮力により便器の水溜りでクルクルと回るだけで流れない事があり、この場合紙を丸めるなどして、ある程度固めてから、便器に捨てて、流す事で解消出来る。

トイレットペーパーが便器から流れきれない場合でも少量であれば水解紙製であれば詰まりの原因にはならない。

また、公共のトイレでトイレットペーパーの芯を不心得者によって水洗便器に捨てられ、詰まりが発生することあることある事から、芯紙が無い、芯なしタイプや、水解紙製の芯のトイレットペーパーを使うことで、芯を便器に捨てられても詰まりの発生を防止することができ、最近ではパブリックな公共のトイレでは芯なしタイプや、水解紙製の芯のトイレットペーパーが使われる事が多くなっている。水解紙製のトイレットペーパーの芯は浄化促進剤が含まれており、便器のトラップの水溜りで完全に水解するように出来ている。

脚注[編集]


  1. ^ 雑貨工業品品質表示規程”. 消費者庁. 2013年5月23日閲覧。
  2. ^ 日本工業規格(JIS P4501)
  3. ^ http://www.ss-sangyo.co.jp/item/img/10/pdf/mame_06.pdf
  4. ^ 日本では、経済産業省などによって、防災の日などにそれを奨める告知・広報を行っている。特に2011年に東日本大震災が起きてからは、備蓄を呼びかける広報活動が活発になっている。
  5. ^ ホルダーを使用してトイレットペーパーを設置する場合、トイレットペーパーの向きには二つの可能性がある。どちらの方向にも利点があり、アメリカでは紙の先を上から手前にたらす人が多い。いずれを選ぶかは趣味や習慣の問題だが、標本調査を分析して社会的・経済的なステータスと関連があると指摘する論者もいる[要出典][誰?]
  6. ^ ティドビット〜水まわりのまめ知識〜”. TOTO. 2013年5月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • トイレットペーパー - トイレットペーパーに関する記事をあつめたポータルサイト。(クリーンネットサービス株式会社)