クラフトパルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラフトプロセス (Kraft process)は、木材から洋紙を作る過程において、現在最も主流な手法のこと。 木材をチップにし、薬品(苛性ソーダ)を加え、熱処理する手法。

この手法によって作られるパルプは、化学パルプあるいはKPクラフトパルプ(ドイツ語で「強いパルプ」の意味)とも呼称される。

応用品[編集]

応用品としては、漂白した洋紙はもちろんのこと、漂白せずに強度を持たせたクラフト紙がある。クラフト紙は段ボールの原料ともなる。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]