トルバドゥール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トルバドゥールTroubadour)とは、中世オック語抒情詩詩人作曲家歌手のこと。リムーザンギュイエンヌGuyenne)、プロヴァンス、さらに、カタルーニャアラゴン王国ガリシアイタリアで活躍した。女性のトルバドゥールはトロバイリッツTrobairitz)と呼ばれる。

トルバドゥールは、12世紀後半になると北フランスのトルヴェール(trouvères)と、ドイツ側でミンネザングを歌うミンネゼンガーとして、拡散した。彼らの詩の多くは、騎士道と宮廷の愛をテーマにしたものであった。特に、結婚した恋人を想う真実の愛の歌が有名である。これらの中世叙情歌も騎士階級の没落とともに衰退することになった。有名なトルバドゥールには、アルナウト・ダニエルジャウフレ・リュデルがいる。

語源研究[編集]

「troubadour」という語とその同語族の語(trov(i)èro, イタリア語trovatoreスペイン語trovadorカタルーニャ語ガリシア語trobador)の起源については意見が分かれている。

ラテン語起源説[編集]

英語の「troubadour」は、オック語の「trobador」が古フランス語経由で入ってきたものであるが、オック語の「trobador」は、「転回、方法」を意味するギリシャ語の「τρόπος (tropos)」に由来する俗ラテン語の(仮説)「*tropāre」(トロープス)から派生した動詞「trobar」の名詞相当語句である主格trobaire」の斜格である、という説がある[1]。ラテン語のルーツとしては他にも「turbare」(ひっくり返る、くつがえす)が考えられる。「trobar」は現代フランス語の「trouver」(見いだす)と語源が同じである。フランス語の「trouver」は斜格の「trouveor」あるいは「trouveur」の代わりに、主格の「Trouvèreトルヴェール)」になり、フランス語はオック語の斜格を取り込み、そこから英語に入りこんだ[1]。「trobar」のオック語の一般的な意味は、「発明する」または「組み立てる」で、それが普通に翻訳された。こうしてトルバドゥールは作品を作り、一方でjoglar (ジョングルールミンストレル)はそうした歌を演奏するのみだった。この説は、アカデミー・フランセーズラルース大百科事典、プティ・ロベール(フランス語辞典、Petit Robert)によって支持されている。

ギリシャ語→ラテン語→オック語→フランス語→英語という仮説が、トルバドゥールの詩の起源を、ラテンの古典形式あるいは中世のラテン語典礼に見いだす、たとえばPeter DronkeやReto Bezzolaといった多くの人々に支持されていることはとくに驚くことでもない。

アラビア語起源説[編集]

ラテン語起源説ほど伝統的とはいえず、かつポピュラーでもないもう一つの「trobar」の語源説がある。この説を支持しているのは、マリア・ロサ・メノカルなど、トルバドゥールの起源はアラビア語アンダルシア音楽の中にあるという意見を持っている研究家たちである。彼女/彼らによると、アラビア語の「tarrab」(歌うこと)が「trobar」の語源であるという。

この説を支持する何人かは、文化的な背景からみて、両方の語源とも正しく、愛をテーマとするスーフィズムの宗教的音楽形式が南フランスのアル=アンダルスから最初に外国に伝わった時、「trobar」とアラビア語の3子音語根「TRB」の間にある音韻論的な一致の意識的かつ詩的な利用があったのではないかと主張する。さらに、「見付ける」「音楽」「愛」「情熱」といった概念(トルバドゥールという語と結びついたぴったりの意味領域)は、スーフィズムの音楽議論で重要な役割をつとめ、トルバドゥールという語は一部がその反映かも知れない、アラビア語の単一の語根(WJD)と結びついている。

作品のジャンル[編集]

  • アルバ - 夜明けが来て別れなければならない恋人たちの歌。
  • カンソ - 恋愛の歌。
  • コブラ - スタンザ。
  • Comiat - 恋人と関係を絶つ歌。
  • canso de crozada - 十字軍についての歌。通常、元気づける。
  • ダンサ(Dansa)またはBalada - リフレインを含む生き生きした踊りの歌。
  • デスコルト - 不調和な歌。
  • Ensenhamen - 長い教訓詩。通常スタンザを分けない。
  • Enuig - 義憤や侮蔑的感情を表現した詩。
  • Escondig - 恋人の陳謝。
  • エスタンピー - 踊りの歌。
  • Gab - 自慢する歌。挑戦として表明されることが多い。現代のスポーツのシュプレヒコールに似たものが多い。
  • Maldit - 淑女のふるまいと性格について説明する歌。
  • パルティマン - 2人以上の詩人で交換される詩。
  • パストゥレル - 騎士が女羊飼いに求愛する歌。
  • Planh - 嘆きの歌。とくに重要人物の死に際して。
  • Plazer - 喜びを表す歌。
  • Salut d'amor(愛の挨拶) - いつもの恋人ではない別の人への恋文。
  • セスティーナ - 高度な構造の韻文。
  • シルヴェンテス - 政治的な歌あるいは風刺。
  • ソネット - イタリアの詩のジャンル。13世紀にオック語韻文にも導入された。
  • テンソ - 2人の詩人による争詩。
  • Torneyamen - 3人以上の争詩で審判がつくことが多い(トーナメントのように)。
  • Viadeyra - 旅人の愚痴。

形式[編集]

音楽学者のフリードリヒ・ゲンリッヒはトルバドゥールとトルヴェールの世俗抒情歌の形式を

の4つに分類しているが、トルバドゥールの時代はこのうち、「讃歌型」や、より単純な有節形式が用いられた。[2]

この「讃歌型」には、次の形式がある。[2]

  • シャンソン型
    • ab ab cd
    • ab ab cde
大きく分けるとAABとなり、ミンネザングの形式であるバール形式と同じである。
  • ロンド・シャンソン型
    • ab ab cdb

脚注[編集]

  1. ^ a b Chaytor, Part 1.
  2. ^ a b ウルリヒ・ミヒェルス編『図解音楽事典』日本語版監修:角倉一朗(白水社)p193

関連項目[編集]