カルタヘナ (スペイン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cartagena

{{{市旗説明}}}   {{{市章説明}}}

Flag of the Region of Murcia.svg ムルシア州
Flag of the Region of Murcia.svg ムルシア県
面積 558.3km² km²
標高 10m
人口 210,376人(2,008年) 人 ()
人口密度 376.82人/km² 人/km²
住民の呼称 cartagenero/-a、cartaginés/-esa
Cartagenaの位置
Cartagena
スペイン内のカルタヘナの位置
Cartagenaの位置
Cartagena
ムルシア県内のカルタヘナの位置

北緯37度35分56秒 西経0度59分09秒 / 北緯37.59889度 西経0.98583度 / 37.59889; -0.98583

カルタヘナCartagena スペイン語発音: [kartaˈxena])は、スペインムルシア州の都市。地中海に面する港湾都市で、スペイン海軍の基地もある。

近隣の都市としては、約40キロ北西のムルシア、90キロ北東のアリカンテが挙げられる。

歴史[編集]

紀元前227年ごろ、カルタゴの将軍ハスドルバルによってカルト・ハダシュト(新しい都市)という名で建てられた。紀元前8世紀には既にフェニキア人がイベリア半島の海岸に現れており、紀元前5世紀ごろにはイベリア人の一部族によってマスティアという町が建てられている。カルト・ハダシュトはイベリア半島におけるフェニキア人の都となり、紀元前218年第二次ポエニ戦争においてハンニバルはこの町からイタリア侵攻に出発した。紀元前209年、将軍大スキピオに征服され、共和政ローマの支配下に置かれてカルタゴ・ノウァ(新しいカルタゴ)と呼ばれた。

ローマ時代にはヒスパニアの重要な都市の1つであった。属州ヒスパニア・キテリオールに属し、のちにヒスパニア・カルタギニエンシスの都となった。西ローマ帝国が崩壊し、イベリア半島にゴート人の諸王国ができたのち、ユスティニアヌス1世の時代に東ローマ帝国の領土となった。7世紀、シセブト王率いる西ゴート王国に征服されると、町は破壊され衰退した。

イスラム支配期には町は復興した。1245年カスティーリャ王国に征服され司教座が再建されたが、1年後に司教座はムルシアに移された。1296年アラゴン王国の手に渡ったが、1305年にカスティーリャ王国に返却された。

18世紀、地中海海軍の本拠地が置かれ、軍事関連施設が建設されて町は発展した。1868年革命後の1873年、連邦主義者によるカントナリスタ蜂起 (es) が起こったが、翌年までに鎮圧された。20世紀のスペイン内戦では、カルタヘナは共和国軍の唯一の海軍基地となった。内戦の最終期、マドリード降伏後の1939年3月31日にフランコ軍の手に落ちた。現在はムルシア自治州に属し、州議会が置かれている。

名所[編集]

  • ローマ劇場 - 1987年に発見された紀元前1世紀の遺跡。ここからの出土品は、市立考古学博物館に展示されている。
  • 国立海事考古学博物館 - 海中から発見された古代の資料を展示。
  • 海軍博物館 - 潜水艦の開発者イサーク・ペラル (en) に関する展示など。

近郊に潟湖マール・メノールがあり、その周囲にはラ・マンガ (en) などのリゾート地がある。

スポーツ[編集]

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]