ギラウト・デ・ボルネーユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギラウト・デ・ボルネーユ(またはギロー・ド・ボルネーユ, Guiraut de Bornelh 1138年ごろ - 1215年)は、12世紀トルバドゥールプロヴァンスの詩人)。リムーザンの下層階級の出身。リモージュの子爵の居城とつながりがあり、文芸の才能によって「トルバドゥールの巨匠」と呼ばれた。冬に学問に携わり、夏に二人の歌手を従えて放浪に出た。生涯を独身で通し、稼いだ金を実家と生地の聖ジェルヴェーズ教会に送り続けた。

軽い様式(trobar leu)の考案者ではないにしても、それを公式化したと見做されている。90点の詩と4つの旋律が現存する。