エスタンピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エスタンピーエスタンピエエスタンピestampie aka estampida, istampitta, istanpitta, stampita)とは、中世ヨーロッパダンス楽式の両方を指す。

楽式としてのエスタンピー[編集]

エスタンピーは、13世紀14世紀器楽曲の重要な楽式である。エスタンピーは4つから7つの「プンクタ(プンクトゥム)」と呼ばれる部分で構成され、この楽式の中でそれぞれが繰り返される。

aa, bb, cc...

それぞれのプンクタの1番目と2番目の主題の提示のために、異なる終わり方(ouvert=開とclos=閉)が用意されている。

a+x, a+y; b+w, b+z...

時にはすべてのプンクタに同じ終わり方が使われることもある。

a+x, a+y; b+x, b+y, c+x, c+y...

エスタンピーに似た構造は、別の中世ヨーロッパのダンス、サルタレロに使われている。

楽式としてのエスタンピーの最も初期のものと記録されているのは、トルバドゥールラインバウト・デ・ヴァケイラス作と思われる『Kalenda Maya』という歌である。そのメロディはフランスジョングルールたちによって演奏された。

それ以外に知られているものはすべて器楽曲である。14世紀の例では、『Lamento di Tristano, La Manfredina, Salterello, Isabella, Tre fontane』のような副題のついたエスタンピーが含まれる。

エスタンピーは普通モノフォニーだが、エスタンピーの楽式で書かれた2声作品も残っている。

舞踏技法としてのエスタンピー[編集]

楽式としてのエスタンピー作品すべての観念的なダンスの性格は、エスタンピーが元々は本当にダンスであったことを示唆している。ダンスとしてのエスタンピーを著したダンス・マニュアルは現存していないが、当時の装飾写本や絵画を見ると、エスタンピーがかなり活発に跳ねるものだったことが窺える。

『Tre fontane(3つの泉)』、『エスタンピー』といったいくつかのエスタンピーは、華麗でヴィルトゥオーソ的な器楽曲を含んでいる。このことは、現実的なダンス音楽というよりむしろ抽象的なパフォーマンス音楽であったことを意味していたのかも知れない。

語源[編集]

「estampie」の語源については諸説がある。ダンスの別名は「stantipes」で、これはダンスの間、片方の足が動かなかったことを暗示している。しかし、より認められている説は、足を踏みならすという意味の「estamper」と関連づける説である。

参考文献[編集]

  • P. Aubry: "Estampies et danses royales" (1906)- ISBN 2-8266-0603-4
  • L. Hibberd: "Estampie and Stantipes" (1944) - in: Speculum XIX, 1944, 222 ff.
  • W. Apel: "Harvard Dictionary of Music" (1970) - Heinemann Educational Books Ltd
  • Timothy McGee, "Medieval Instrumental Dances".