MiG-35 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Flag of Russia.svg MiG-35 / МиГ-35

MiG-35D

MiG-35D

MiG-35 (ミグ35;ロシア語:МиГ-35ミーク・トリーッツァチ・ピャーチ) は、ロシアRSK「MiG」によって開発された、マルチロール機である。北大西洋条約機構 (NATO)の使用するNATOコードネームファルクラムF (Fulcrum-F) 。非公式名称であるがスーパーファルクラム (Super Fulcrum) の愛称が用いられることもある。

概要[編集]

原型はMiG-29で、エンジンとアビオニクスの近代化、主翼の拡大などの改良がされた。また、単座型のほか、複座型のMiG-35Dも開発されている。

ロシアでは当機を第4++世代ジェット戦闘機に定義しており、老朽化の進むMiG-29を置き換え、また将来的にはPAK FASu-27を補佐する事になる。ジュークAE英語版AESAレーダーを搭載する他、機首のIRSTを新型のOLS-UEMへ換装し、エンジン下にも「OLS-K」IRSTポッドを固定装備している。オプションとして推力偏向ノズルの採用も可能。その為、機動力では世界トップクラスを誇る。また、アメリカ合衆国F-22等のように、エンジンのアフターバーナーなしでの超音速巡航「スーパークルーズ」も可能である。

本機は、対空戦闘能力、対地攻撃MRK能力の両方の能力を保持する、いわゆるマルチロール機である。空母艦載機として同系機のMiG-29K «9.41»を採用しており、多数の老朽化したMiG-21の代替機を要求しているインドに対して、代替機として提案が行われていたが選定より外れている。また、ロシアが2014年から37機を採用・調達する予定であったが[1]財政上の問題から2016年まで調達は行なわれず[2]代わりに、2016年までにMiG-29SMT英語版が16機ロシア連邦に納入されることとなった[3]

なお、最初に製造された機体は旧来機MiG-29の改修機であるMiG-29OVTで、主翼の寸法が従来の小型のもののままである。MiG-29OVTは2005年以降、ヨーロッパなどの航空ショーなどに多数出品されている。

ギャラリー[編集]

スペック[編集]

Data from Mikoyan MiG-29M2 data,[4]airforce-technology,[5] deagel.com,[6] and Rian.ru.[7]

機体[編集]

  • 全長:17.3 m
  • 全幅:12.0 m
  • 全高:4.7 m
  • 翼面積:38 m2
  • 空虚重量:11,000 kg
  • 通常離陸重量:17,500 kg
  • 最大離陸重量:29,700 kg
  • 発動機:RD-33MK ターボファンエンジン×2基
    • ドライ推力:5,400 kgf ×2
    • アフターバーナー使用時: 9,000 kgf ×2

性能[編集]

  • 最大速度
    • 高高度:M2.25(2,400km/h)
    • 低空:1,450km/h
  • 航続距離
    • 通常航続距離:2,000 km
    • 戦闘行動半径:1,000 km
    • フェリー航続距離:3,100 km
  • 上昇率:330 m/秒
  • 実用上昇限度:17,500 m
  • 推力重量比:1.14
  • 最大荷重:10G

兵装[編集]

ロケット

空対空ミサイル

  • R-27:4× R-27R, R-27T, R-27ER, R-27ET
  • R-60:4× R-60M
  • R-73:8× R-73E, R-73M, R-74M
  • R-77:8× R-77

空対地ミサイル

  • Kh-31:4× Kh-31A, Kh-31P
  • Kh-29:4× Kh-29T, Kh-29L

誘導爆弾

無誘導爆弾

  • FAB-250
  • FAB-500
  • ZAB-500

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1](ロシア語)
  2. ^ [2](ロシア語)
  3. ^ [3] (ロシア語)
  4. ^ MiG-29M2 product page. RAC MiG
  5. ^ MiG-35 specifications. airforce-technology.com
  6. ^ MiG-35 page. deagel.com.
  7. ^ MiG-35. INFOgraphics | INFOgraphics | RIA Novosti

関連項目[編集]

外部リンク[編集]