電波妨害装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
電子妨害装置から転送)
移動: 案内検索
電子戦 > 電子攻撃 > 電波妨害装置

電波妨害装置(でんぱぼうがいそうち、英語: Electronic Countermeasure system, Jammer)は、妨害(ECM)を行なう装置の総称。軍用航空機戦闘艦での使用が多い。

機種[編集]

航空用[編集]

AN/ALQ-99
AN/ALQ-119
ウェスティングハウス社により、AN/ALQ-101の更新を目的として開発された自衛妨害装置で、1972年よりベトナム戦争において実戦投入された。のちにイスラエルでEL/L-8202、さらにドイツでケルベロスに発展した。ドイツのケルベロス・シリーズは、現在、最新のケルベロスIVがトーネード自衛妨害装置ドイツ語版(Tornado Self Protection Jammer,TSPJ)として採用されている。
AN/ALQ-131ドイツ語版
ウェスティングハウス社により、同社のAN/ALQ-119の近代化改修により開発された自衛妨害装置であり、1976年より生産に入った。モジュラー化設計により継続的な改良を受けており、ブロックIIにおいて商用オフザシェルフ化を導入している。現在では段階的にAN/ALQ-211に更新されている。
AN/ALQ-165ドイツ語版
ITT社/ウェスティングハウス社により、AN/ALQ-126ドイツ語版およびAN/ALQ-162ドイツ語版の更新を目的として、機上自衛妨害装置(airborne self-protection jammer, ASPJ)として開発された。開発は1979年より開始され、1989年には量産前生産が開始された。財政上の事情により、1992年にいったん計画は中断された。しかし1994年より海軍のF-14への装備化が再開され、また1995年には、ユーゴスラビア紛争に伴うSA-6の脅威に対抗するため、空軍のF-16および海兵隊のF/A-18への装備化が認可された。AN/ALQ-165はデジタル回路を備え、複数の脅威に同時対処できる。対応周波数は0.7-18 GHz(のちに1-35 GHz)とされており、この広い帯域に対応するため、それぞれ独自の受信機とTWT型送信機を備えた高周波部と低周波部が搭載されている。設計はモジュラー化されており、標準的には5つのWRA/LRUによって構成されている。
AN/ALQ-184ドイツ語版
レイセオン社によるAN/ALQ-119の発展型で、1982年に制式化された。外形上はおおむねAN/ALQ-119を踏襲しているが、回路のデジタル化や可動式アンテナが導入されている。また、-184(V)9よりAN/ALE-50曳航式デコイが導入された。

類似装置[編集]

IEDへの対抗手段[編集]

IEDは携帯電話を使用した遠隔起爆が行なわれる場合があり、イラク駐留軍ではこれらへの対抗手段として、携帯電話の電波帯に対して妨害電波を放射する装置がある。

民生無線通信への妨害装置[編集]

近年、妨害対象を民間の無線通信携帯電話PHS)に絞った電波妨害装置として、通信機能抑止装置が開発・販売されている。これは、劇場コンサートホール映画館など、携帯電話での通信を阻害することが公共の福祉に有益と判断される場所に設置するためのものである。

出典・注記[編集]


関連項目[編集]