DF-11 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DF-11(CSS-7)
種類 SRBM
原開発国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
運用史
配備期間 1970年代-(DF-11)
1990年代-(DF-11A)
配備先 第二砲兵部隊
開発史
製造業者 Academy of Rocket Motors Technology(ARMT)
諸元
重量 4,200kg
全長 7.5m(DF-11)
8.5m(DF-11A)
弾体直径 0.8m

エンジン 単段式固体燃料ロケット
行動距離 280-350km(DF-11)
500km(DF-11A)
誘導方式 慣性誘導+GPS(DF-11A)
精度 CEP 500-600m(DF-11)
200m以下(DF-11A)
発射
プラットフォーム
WS2400/八輪駆動車による移動式発射装置
DF-11/CSS-7の射程(赤線)

DF-11: 東風-11Dong-Feng-11、輸出名 M-11、DoDコード CSS-7)は、中国が開発した短距離弾道ミサイル(SRBM)。中国人民解放軍第二砲兵部隊にて運用されている。

概要[編集]

輸出用として1970年代後半に開発された。1992年-1994年の間に55基がパキスタンへ輸出され、ガズナヴィミサイルの基となった[1]

初期型の射程は300kmほどしかなかったが、1990年代に入り距離を500kmに伸ばしGPS誘導装置が装備されたDF-11Aが開発されており、単価が安いせいか後者は大量配備された。福建省台湾用と思われるDF-11が500基以上配備されている。

使用車両は、1980年代に国営万山特殊車両製造廠でロシアMAZ-543 TEL車両を基に開発された、WS2400/八輪駆動車。

1992年に米偵察衛星パキスタンにDF-11を捉え、パキスタンへの同ミサイルの配備が確認された。

仕様[編集]

  • 射程= 280-350km(DF-11) 500km(DF-11A)
  • エンジン= 単段式固体燃料ロケット
  • 誘導システム= 慣性誘導(DF-11) 慣性誘導+GPS(DF-11A)
  • CEP= 500-600m(DF-11) 200m(DF-11A)
  • 全長= 7.5m(DF-11) 8.5m(DF-11A)
  • 直径= 0.8m
  • 重量= 4,200kg
  • ペイロード= 500kg
  • 発射準備期間= 15-30分

出典[編集]

  1. ^ Usman Ansari (2014年4月22日). “Pakistan Tests Short-Range Ballistic Missile”. DefenseNews (Gannett). http://www.defensenews.com/article/20140422/DEFREG03/304220028/Pakistan-Tests-Short-Range-Ballistic-Missile 2014年9月30日閲覧。 

外部リンク[編集]