輸送起立発射機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソビエト連邦の保有した2K11輸送起立発射機。

輸送起立発射機 (transporter erector launcher、TEL)とは、システムを輸送でき、発射位置へとミサイルを起立させ、一発ないしそれ以上の発射が可能なよう装置の統合がなされた牽引車を用いる車輌のことである。このような車輌には地対空ミサイル地対地ミサイル、それら両方のためのものが存在する。初期のこれらミサイルは固定式の発射台から発射され、補給輸送するにはトラックに積載する必要があった。こうしたミサイルはひとたび敵に標定された場合、攻撃に当たってさらに脆弱なものになった。これは再配置がたやすく行えないこと、これらのミサイルの発射にあたって輸送を行うとき、新しい陣地までしばしば数日から数時間がかかるという条件によるものである。

輸送車兼用起立式レーダ装備発射機 (transporter erector launcher and radar、TELAR)はTELと同様のものであるが、ミサイル発射に不可欠なレーダーシステムを全て一体化している。こうした車輌には自律能力があり、また装備している兵器の性能が大幅に強化される。この様態のシステムでは、支援車輌の状態や存在に関わりなく各車が戦闘可能である。TELやTELARは旋回式の回転盤を持つことがあり、これはミサイルの照準に用いられる。車輌はミサイルを照準するために旋回しなければならないか、もしくは直上へ射出することがある。

逆にtransporter launcher and radar(TLAR)、直訳すれば輸送車兼用レーダ装備発射機は、TELARと同様であるものの、発射機を起立させる能力がない。問題となるミサイルは発射準備位置についた状態で輸送されるためである。例としては9K330トールがあり、これは垂直発射システム形式のSAM群を装備している。

通常、幾種類かのTELとTELARは指揮統制車両(CPまたはCPV)とリンクしている。これらの車輌は「目標の取得、指示および誘導レーダー」(TADAGR)または略してTARから目標情報を利用する可能性がある。

MIM-104パトリオットシステムは牽引式の発射機輸送車であり、Mobile Erector Launchers、直訳すれば移動式起立発射機、省略形ではMELと呼称される[1]

種類[編集]

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ FM 44-94 Army Air and Missile Defense Command Operations. Glossary. Part I -- Abbreviations and Acronyms at Federation of American Scientists website