蘭州級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蘭州級駆逐艦
052C型駆逐艦
Luyang II (Type 052C) Class Destroyer.JPG
艦級概観
艦種 防空ミサイル駆逐艦
艦級 052C型(旅洋II型)
建造期間 2002年 - 2014年
就役期間 2004年 - 現在
前級 広州級駆逐艦(052B型)
次級 052D型駆逐艦
性能諸元
排水量 満載:7,000t
全長 154m
全幅 17m
吃水 6m
機関 CODOG方式
ディーゼルエンジン(4,420hp) 2基
ガスタービンエンジン(24,300hp) 2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 最大29ノット
乗員 280人
兵装 100mm単装砲 1基
730型 30mmCIWS 2基
YJ-62 / 85 SSM4連装発射機 2基
HHQ-9A SAM 6セル 8基
18連装ロケット砲 4基
324mm短魚雷 3連装発射管 2基
艦載機 Ka-28 / Z-9対潜ヘリコプター 1機
C4I H/ZBJ-1戦術情報処理装置
JY10G戦術データ・リンク
レーダー 348型フェーズドアレイ 1式
517H-1型対空用 1基
327G型火器管制用(CIWS) 2基

蘭州級駆逐艦(らんしゅうきゅうくちくかん、052C型、PLAN destroyer Lanzhou-class,052C-type)は、中国人民解放軍海軍が開発したミサイル駆逐艦

NATOコードネームは、旅洋II型。中国側の型式名称は052C型(Type 052C destroyer)である。船体は広州級駆逐艦と同じ設計で、特徴はアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダー (Active Phased Array Radar)システムと中国国産のHHQ-9A垂直発射式長距離防空ミサイルシステムである。本格的な艦隊防空能力を持つ艦としては中国初のものである。

本艦が「中華イージス」と呼ばれる事があるが、本艦の主任設計師は本艦がアメリカ海軍イージス艦より劣る面があると話している。[1]

派生型として052D型が2012年に登場したため、本艦は6番艦で建造が終了した。

概要[編集]

2002年に広州級(052B型)と同じ設計の船体を用い、より先進的な武器システムと艦隊防空用センサーを搭載した052C型の建造を上海江南造船所は開始した。

旧ソ連ロシアの武器システムを国産の船体に装備した052B型と違い、独自に開発された。 最も注目すべき特徴は、アメリカのAN/SPY-1に外観や配置がよく似ている、4面の中国国産多機能アクティブフェーズドアレイレーダーと、これも中国国産の垂直発射式のHHQ-9A長距離防空ミサイルシステムおよび最新型のYJ-62(C-602)対艦ミサイルである。これの装備はすべて蘭州級で初めて運用されたものである。

CIWS・SAM・VLSの費用2億ドルと、C4Iシステムの費用4億ドルを含め、8億ドルの建造費がかかった。

C4Iシステム[編集]

C4I[編集]

戦闘艦の全体的な対空、対地、対艦戦闘能力は各種の武器システムとセンサー類を統合的に管理する戦闘統合システムの能力に大きく依存している。処理能力が強化された新型の国産戦闘統合システムを装備しているとの見方もある。

処理能力を強化した新型戦闘システム導入の要因としては、対艦ミサイルの脅威の増大に加え、艦載機Ka-28対潜ヘリコプターが収集した情報を処理する自機情報処理能力の不足も挙げられるだろう。つまりこの場合、Ka-28が収集した情報を一旦母船に転送し、処理された情報を母船からデータ転送リンクを通し再び受け取るようなシステムであろう。

052C型が装備する戦闘システムは未だ詳細が明らかではないが、フェーズドアレイレーダー、指揮統制、戦域表示、火器管制の各システムから構成されると思われる。

指揮統制システムが艦のセンサーから情報を受け取って命令を下し、管制を与え、脅威の程度を評価する。火器管制システムが指揮統制システムから迎撃指示を受け、射撃管制システムより武器およびインターフェースを選択する。

長距離防空ミサイルとCIWSを備えた052C型は中国初の本格的な艦隊防空能力を備えた水上戦闘艦であり、人民解放軍海軍は初めて巡航ミサイルや航空機など複数目標への同時迎撃能力を獲得することになると思われる。

また本艦は、海上戦闘ネットワークを構成するデータリンクと衛星を通じ、他艦や航空機に戦闘情報を伝送する能力も備えている可能性がある。

ISR[編集]

艦の主センサーは四面配置の多機能アクティブ・フェーズド・アレイ・レーダーである。このレーダーは江蘇省南京にある14所(中電集団南京電子技術第十四研究所)が、開発した国産レーダーで、1998年に開発したH/LJG-346型SAPARS(Shipborne Active Phased Array Radar System)の後継型である。また、これの補助用と思われる517H-1型(NATO名:ナイフレスト)長距離2D対空レーダーも装備されている。そのほかに対艦ミサイルと主砲用のロシア製バンドスタンド火器管制レーダー、CIWS用の327G型(EFR-1、NATO名:ライスランプ)火器管制レーダー2基が装備されている。

寸法と写真から判断すると、主船体と機関部は052B型駆逐艦と同一で、旅海級の船体に旅滬級の機関部を組み合わせた設計と考えられる。052C型はフェーズド・アレイ・レーダーのアンテナを装備するために艦橋構造が1層高くなっているが、それでもアンテナの装備位置が低く、特に後部アンテナはレーダー射界に問題があると思われる。また052C型は艦橋に正横方向と後方に向かった窓が無く視界が取れない。このため艦橋上にペリスコープが取り付けられている。

052B型の船体と共通化したことは、艦隊行動をとる上で性能を同じに出来ること、設計や建造の手間の節約等のメリットもあるが、052B型に比べて大型の防空システムを搭載した052C型にとってはいささか手狭であり、フェーズド・アレイ・レーダーの位置等に苦労することになり、対艦ミサイルの搭載数も052B型の半数になっている。

武器システム[編集]

ミサイル[編集]

052C級は6セルの円筒形VLSを8基備え、あわせて48基のHHQ-9A(海紅旗9A)艦隊防空ミサイルを運用する。

ロシアのリボルバー式VLSと異なり、VLSのそれぞれのセルに蓋が備えられているが、その発射方式はロシア同様のコールドガス発射方式である。この発射方式はコールドローンチと呼ばれていて、西側諸国のVLSのようにセル内部でミサイルのロケットエンジンに点火してそのまま発射するのではなく、いったん艦のガス発生器で発生させたガスでセル内のミサイルを打ち上げ、艦から離れたところではじめてミサイルのロケットに点火する。このような発射方式では、西側のホットローンチ式VLSのような複雑で頑健なセルや高熱に耐えミサイルの発射炎を放出する配管が不要になるという利点がある。しかしながら、052C級のコールドローンチ式VLSはロシアの同様のVLSと異なり、リボルバー式にセルを回転させて順次ミサイルを発射するシステムを採用せず、それぞれのセルに蓋とコールドガスを用いた発射装置を持たせ、セルごとに独立して中のミサイルを発射することを可能にした。この結果、VLSシステム全体を簡素化でき、寸法や重量、コストを削減し、整備性を向上させることが出来たと中国自身は主張している。また、リボルバー式発射法を採用しないことにより、電力その他の動力(power)をも削減することが出来た、とも主張している。

このVLSの中には、HHQ-9A艦隊防空ミサイルが装填されている。HQ-9は中国における新世代の中長距離地対空ミサイルシステムであり、その終末誘導にはアクティブレーダー方式が採用されているとされる。HQ-9は1990年代にロシアのS-300PS地対空ミサイルをベースに開発されたとされているが、その誘導システムにはアメリカのMIM-104 パトリオットミサイルの技術が導入されているともされる。艦対空バージョンのHHQ-9Aは地対空バージョンのHQ-9よりも低高度での運動性を高めるために小型化されている。また、未確認の情報ではあるが、HHQ-9Aではパトリオット同様のセミアクティブTVM(Track-via-missile)誘導方式が採用されているとされている。この未確認情報はおそらく真実であろうと思われるが、それはHQ-9の母体となったロシアのS-300Pも、艦対空バージョンのS-300FではセミアクティブTVM誘導方式を用いているからである。

また、052C級は対艦ミサイルの4連装発射機を2基、後檣とヘリコプター格納庫の間に装備している。装備するミサイルにはYJ-85/C-805とYJ-62/C-602の2説があって議論がある。従来の対艦ミサイルであったYJ-8X/C-80X系列の直方体状の発射機とは異なり、この発射機は円筒形をしている。この対艦ミサイルは艦橋直上のバンド・スタンドレーダーによって誘導され、ヘリ格納庫前部のライト・バルブデータリンクでデータリンクを行われる。輸出用のC-602の性能公開によればこのミサイルの最大射程は280kmに達し、弾頭は、300kgで破壊力、射程で、ハープーンに勝ると言われている。この対艦ミサイルの誘導にバンド・スタンドレーダーが使用されている点を考慮すると、ソヴレメンヌイ級駆逐艦などに搭載され、誘導に同じレーダーを用いる3M80 モスキート対艦ミサイルといくつかの類似点を有しているのではないかと思われる。

対潜兵器[編集]

Yu-7(Mk.46の改良型)324mm3連装魚雷発射管を2基装備している。また、艦前部デッキには18連装多機能ロケットランチャー(MRLs)が4基設置されており、使途はまた不明であるが対潜、対地ロケット、もしくはデコイ/チャフの発射に使用されると考えられる。

艦砲[編集]

052C型は短距離防空用にゴールキーパーCIWSサモスCIWSに極めて酷似した形状の730型 30mmCIWSを2門(艦橋前方後方1門ずつ)装備している。この機関砲は一分間に最大4600~5800発の発射を行える。

艦の主砲は713機関がフランスのクルーゾー・ロワール社製100mmコンパクト砲を基に開発した100mm単装砲である。この砲は地上目標および戦闘機や低速なミサイルのような空中目標に対して使用可能で、最大で毎分90発を発射できる。この砲はレーダーもしくは艦載光学照準システムにより管制され、砲塔は無人で自動発射できる。

また、砲塔はステルス性を強く意識した形のシールドをもっている。

艦載機[編集]

蘭州級艦後部には格納庫と飛行甲板が設けられており、格納庫には1機のカモフ Ka-28哨戒ヘリコプターか、Z-9C対潜ヘリコプターが収容可能である。Ka-28は母船から200kmの範囲内で全天候運用できるが、機載のディッピングソナーの有効距離はZ-9の半分しかない。また、Ka-28は情報処理能力に欠けるため、収集した情報を一旦母船にデータリンクを通して転送し処理する必要がある。Z-9は収集した情報を自機で処理できるが、行動範囲がKa-28より狭い。

両機種が装備する武器装備およびセンサーは彼らの西側諸国のライバル達とほぼ同じ性能を持っているが、対潜ヘリコプターとしての全体的な性能は大きく制限されたものになっている、これは彼らのレーダー設置によるためである。西側のような360度をカバーする胴体設置型のレーダーと違い、Ka-28とZ-9が装備しているレーダーはそれぞれ顎と鼻部分に設置されており、これによりレーダーが届かない盲点範囲が大きく作り出されている。この盲点問題を解決するには、Ka-28とZ-9は複雑な飛行パターンで飛行する必要があるが、これは燃料消費を非常に早めるため、西側の対潜ヘリコプターと比べ耐久力および行動範囲の面で結果的に劣る結果となる。しかしながら、フランス海軍もZ-9と同様にZ-9の原型機であるAS 365AS 565SB対潜ヘリコプターとして運用しているため、胴体設置型のレーダーを搭載するために構造を改良する事はそれほど困難な事ではなく、既に改良されている可能性もある。

活動状況[編集]

2012年10月22日には、海上自衛隊は午後5時ごろに「海口」が沖縄本島の南約470キロを沖縄方面に向けて北上したことを確認した。蘭州型が日本近海で確認されたのはこれが初めてである。

同型艦[編集]

建造順序 艦番号 造船所 艦名 進水 就役 配備先
1番艦 170 江南造船廠 蘭州 2003年4月29日 2004年10月18日 南海艦隊
2番艦 171 海口 2003年10月30日 2005年12月26日
3番艦 150 長春 2010年10月28日 2013年1月31日 東海艦隊
4番艦 151 鄭州 2011年7月20日 2013年12月26日
5番艦 152 済南 2012年01月 2014年6月27日
6番艦 153 西安 2012年6月16日 2015年 (予定)

脚注[編集]

  1. ^ 主任設計師へのインタビュー

外部リンク[編集]