中国人民解放軍総参謀部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国人民解放軍総参謀部
簡体字: 中国人民解放军总参谋部
繁体字: 中國人民解放軍總參謀部
英語: People's Liberation Army
General Staff Department
英略称: GSD
上級機関
中国共産党党中央軍事委員会
中華人民共和国国家中央軍事委員会
下級機関
国際形勢研究小組
スタッフ
総参謀長 房峰輝上将
副総参謀長 章沁生上将
孫建国海軍上将
侯樹森上将
王冠中中将
威建国中将
助理 陳勇中将
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中国共産党 中国共産党中央軍事委員会
中華人民共和国 中華人民共和国中央軍事委員会
中国人民解放軍構成
中国人民解放軍 中国人民解放軍
陸軍 陸軍 海軍 海軍空軍 空軍
第二砲兵部隊戦略ミサイル部隊(第二砲兵)

政治委員 兵種 予備役 人武部
国防大学 軍事科学院 国防科技大学


PRC's police badge.pngPeople's Armed Police cap badge 2007.png中国人民武装警察部隊

中国民兵
駐特別行政区部隊
香港部隊 マカオ部隊
四総部
総参謀部  総政治部
総後勤部  総装備部
七大軍区・三大艦隊
瀋陽軍区 北京軍区 蘭州軍区
済南軍区 南京軍区 広州軍区
成都軍区
北海艦隊 東海艦隊 南海艦隊
階級制度
人民解放軍  武装警察
行政機関
国防部(国防省) 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国防法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
現役将校法  兵役法  専利法
中国人民解放軍政治工作条例

総参謀部は、中央軍事委員会の執行機関である四総部の内の一つである。中国人民解放軍だけでなく武警民兵といった準軍事組織も含めた「中国の全軍事力」に対し、軍事行動の指揮及び軍事力の建設において強制力のある指導を行う。

中国人民解放軍司令部条例の第8条に、総参謀部は、中央軍事委員会の軍事工作機関であり、全武装力の軍事工作領導機関であり、軍(人民解放軍)の総司令部として規定されている。

基本任務として、中央軍事委員会が「軍事戦略」「作戦方針」を決定するのに必要となるインテリジェンスを提供し、その決定に基づき作戦計画を立て、作戦指揮を実施する。軍事訓練、兵力の動員などの武力建設も任務とする。その他に外国との軍事外交も任務としている[1]

列国の軍令機関と異なり、行政府である国務院国防部(国防省)には隷属せず、中央軍事委員会という共産党の組織の指導下にある。

機構[編集]

総参謀長

副総参謀長×4人(現任5人)

総参謀長助理×2人(現任1人)

  • 弁公庁 - 西城区旃壇寺1号
  • 第一部(作戦部) - 海淀区厢紅旗董四墓1号
    • 海軍局
    • 空軍局
    • 外事局 - 西城区黄寺大街25号
  • 第二部(情報部) - 東城区黄寺大街乙一号
  • 第三部(技術偵察部) - 海淀区厢紅旗遺光寺一号院
  • 第四部(電子部) - 海淀区花園路塔院志新村2号
  • 第五部(情報化部)- 海淀区復興路20号
  • 軍務部 - 西城区旃壇寺1号
  • 軍訓部 - 東城区朝内北小街倉胡同5号
  • 動員部 - 西城区旃壇寺1号
  • 管理保障部 - 海淀区新外大街23号
  • 装甲兵部 - 復興路26号
  • 砲兵部 - 復興路24号、安外北苑大院1号
  • 工程兵部 - 太平路46号
  • 防化部 - 海淀区花園北路35号
  • 陸航空部 - 通州区張家湾鎮三間房機場
  • 戦略計画部 -
  • 政治部 - 西城区旃壇寺1号
  • 機要局 - 西城区旃壇寺1号
  • 測絵局 - 海淀区北三环中路69号


附属機関として、国際形勢研究小組を有する。小組は、第一部長が組長を務め、第一部、第二部、第三部、軍事科学院外軍研究部の代表から成る。小組は、毎月、潜在危機の専題報告を行う。

歴代総参謀長[編集]

中国人民解放軍総参謀長
氏名 階級 職名 在任期間 出身校 前職
1 徐向前 元帥 総参謀長 1949.10 - 1954.10 黄埔軍官学校 太原前線司令部
司令員
* 聶栄臻 元帥 総参謀長代行 1950 - 1954.10 ベルギーの大学 副総参謀長
2 粟裕 大将 総参謀長 1954.10 - 1958.10 湖南省立
第二師範学校
副総参謀長
3 黄克誠 大将 総参謀長 1958.10 - 1959.9 国防部副部長
4 羅瑞卿 大将 総参謀長 1959.9 - 1965.12 中央軍事政治学校 国防部副部長
* 楊成武 上将 総参謀長代行 1965.12 - 1966.5 第一副総参謀長
5 黄永勝 上将 総参謀長 1968.3 - 1971.9 広州軍区司令員
6 鄧小平 総参謀長(兼務) 1975.1 - 1976.4
1977.7 - 1980.3
フランス留学 国務院副総理
7 楊得志 上将 総参謀長 1980.3 - 1987.11 国防部副部長
8 遅浩田 上将 総参謀長 1987.11 - 1992.11 済南軍区
政治委員
9 張万年 上将 総参謀長 1992.11 - 1995.9 済南軍区
司令員
10 傅全有 上将 総参謀長 1995.9 - 2002.11 総後勤部部長
11 梁光烈 上将 総参謀長 2002.11 - 2007.9 南京軍区
司令員
12 陳炳徳 上将 総参謀長 2007.9 - 2012.10 総装備部部長
13 房峰輝 上将 総参謀長 2012.10 - 北京軍区
司令官

脚注[編集]

  1. ^ 人民解放軍の意思決定システムにおける中国海軍の影響力山本勝也、『海幹校戦略研究』第2巻第1号(通巻第3号)71頁、2012年5月

参考文献[編集]

  • 「中国軍事決策機制&台海衝突」、約翰W・劉易斯、明鏡出版社、2007年、ISBN 978-1-932138-57-3

関連事項[編集]