中国人民解放軍総装備部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
総装備部
簡体字: 中国人民解放军总装备部
繁体字: 中國人民解放軍總裝備部
英語: People's Liberation Army
General Armaments Department
英略称: GAD
上級機関
中国共産党党中央軍事委員会
中華人民共和国国家中央軍事委員会
下級機関
衛星発射センター、核試験基地、兵器試験基地
電子装備基地、関連学院、航天指揮センターほか
スタッフ
部長 張又侠上将
政治委員 王洪尭中将
副部長 李安東上将(科学技術委員会主任を兼任)
張育林中将
牛紅光中将
劉勝中将
劉国治少将
副政治委員 王家勝少将
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会
中国共産党中央軍事委員会中華人民共和国中央軍事委員会
中国人民解放軍構成
中国人民解放軍 中国人民解放軍
陸軍 陸軍 海軍 海軍空軍 空軍
第二砲兵部隊戦略ミサイル部隊(第二砲兵)

政治委員 兵種 予備役 人武部
国防大学 軍事科学院 国防科技大学


People's Armed Police cap badge 2007.png中国人民武装警察部隊

中国民兵
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
四総部
総参謀部  総政治部
総後勤部  総装備部
七大軍区・三大艦隊
瀋陽軍区 北京軍区 蘭州軍区
済南軍区 南京軍区 広州軍区
成都軍区
北海艦隊 東海艦隊 南海艦隊
階級制度
人民解放軍  武装警察
行政機関
国防部(国防省) 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
現役将校法 預備役軍官法
中国人民解放軍軍官軍銜條例 中国人民解放軍政治工作条例

中国人民解放軍総装備部は、中国人民解放軍の装備部門を一元管理する機関。

元来は国防科学技術工業委員会内の組織であったが、1998年8月に独立の機関に分離された。

機構[編集]

部長×1人

政治委員×1人

副部長×4人

副政治委員×1人

部長助理×1人(空席の時も在る)

総装備部科学技術委員会主任×1人

総装備部科学技術委員会副主任×4人

内部部局[編集]

  • 司令部
  • 政治部
  • 後勤部
  • 総合計画部
  • 軍兵種装備部
  • 陸軍装備科研訂購部
  • 通用装備保障部
  • 電子信息基礎部

直属機関[編集]

  • 第20試験訓練基地、酒泉衛星発射中心(63600部隊) - 内蒙古賽漢桃来
  • 第21試験訓練基地、核試験基地(63650部隊) - 新疆馬蘭
  • 第23試験訓練基地、遠洋航天測量船基地(63680部隊) - 江蘇江陰
  • 第25試験訓練基地、太原衛星発射中心(63710部隊) - 山西岢嵐
  • 第26試験訓練基地、西安衛星測量控制中心(63750部隊) - 陕西渭南
  • 第27試験訓練基地、西昌衛星発射中心(63790部隊) - 四川冕寧
  • 第29試験訓練基地、中国空気動力研究発展中心(63820部隊) - 四川綿陽
  • 第31試験訓練基地、白城常規兵器試験基地(63850部隊) - 吉林白城
  • 第32試験訓練基地、華陰常規兵器試験基地(63870部隊) - 陕西華陰
  • 第33試験訓練基地、洛陽電子装備試験中心(63880部隊) - 河南洛陽
  • 航天指揮控制中心 - 北京
  • 防化研究院 - 北京
  • 装備指揮技術学院 - 北京懐柔
  • 装甲兵工程学院 - 北京豊台
  • 軍械工程学院 - 河北石家庄

歴代総装備部長[編集]

1998年4月以前は主任。

  1. 陳彬(1982.8 - 1985.3)
  2. 丁衡高(1985.3 - 1996.11)
  3. 曹剛川(1996.11 - 2002.11)
  4. 李継耐(2002.11 - 2004.9)
  5. 陳炳徳(2004.9 - 2007.9)
  6. 常万全(2007.9 - 2012.10)
  7. 張又侠(2012.10 - )

歷代総装備部政治委員[編集]

  1. 李継耐(1998.4 - 2002.11)
  2. 遲萬春(2002.11 - 2011.7)
  3. 王洪堯(2011.7 -)


関連項目[編集]