曹剛川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
曹 剛川
Cao Gangchuan 071105-D-7203T-005 0Y2A3.jpg
生誕 1935年12月
河南省 舞陽
所属組織 中国人民解放軍陸軍
軍歴 1954 -
最終階級 陸軍上将
テンプレートを表示
曹剛川
プロフィール
出生: 1935年12月
出身地: 中華人民共和国の旗 中国河南省舞陽県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 曹剛川
簡体字 曹刚川
拼音 Cáo Gāngchuān
和名表記: そう ごうせん
発音転記: ツァオ ガンチュアン
テンプレートを表示

曹 剛川(そう ごうせん、1935年12月 - )は中華人民共和国の軍人。中国軍首脳の1人。上将。

装備関係部隊で長期にわたり勤務する。副総参謀長、国防科学技術工業委員会主任、装備部部長の要職を経て、2003年年3月から2008年3月まで国防部部長(国防相)。

2002年11月から2008年3月まで中国共産党中央政治局員、中央軍事委員会副主席。

経歴[編集]

1954年7月、解放軍に入隊。1954年7月~1956年11月、解放軍南京第三砲兵軍械技術学校、第一軍械技術学校に入校。卒業後、第一軍械技術学校の教員となる。1956年7月、中国共産党に入党。

1956年11月~1957年9月、大連ロシア語専科学校に入校。1957年9月~1963年10月、ソ連砲兵軍事アカデミーに留学。

1963年10月~1969年10月、総後勤部軍械部弾薬処助理員。1969年10月~1975年10月、総後勤部装備部兵工処助理員。

1975年10月~1979年、総参謀部装備部総合計画処参謀。1979年~1982年8月、総参謀部装備部総合計画処副処長。1982年8月~1989年7月、総参謀部装備部副部長。1988年、少将。1989年7月~1990年8月、総参謀部軍務部部長。1990年、国防大学高級幹部哲学転訓班で学ぶ。

1990年8月~1992年11月、軍委軍品貿易弁公室主任。1992年11月~1996年11月、解放軍副総参謀長となり、1994年~1996年、総参党委副書記を兼任。1993年、中将。

1996年11月~1998年4月、国防科学技術工業委員会主任、党委書記。

1998年4月、解放軍総装備部部長、党委書記。1998年10月、中共中央軍事委員会委員。1998年、上将。

2002年11月、中共中央政治局委員、中央軍委副主席。

2003年3月、国務委員兼国防部部長。

2008年3月、国務委員兼国防部部長、中央軍委副主席を退任。

中共第15、第16期中央委員。

補足[編集]

2007年8月29日来日し、翌日の30日高村正彦防衛省大臣との日中防衛首脳会談を行った。4年振りの開催であった。また安倍晋三首相との会談も行われた。


Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国
先代:
遅浩田
国防部部長
2003年 - 2008年
次代:
梁光烈
People's Liberation Army Flag of the People's Republic of China.svg 中国人民解放軍
先代:
丁衡高
総装備部部長
1996年 - 2002年
次代:
李継耐