酒泉衛星発射センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度57分28秒 東経100度17分30秒

酒泉の位置
酒泉

酒泉衛星発射センター(しゅせんえいせいはっしゃセンター、中国語: 酒泉卫星发射中心英語: Jiuquan Satellite Launch Center)は、中華人民共和国甘粛省酒泉市郊外に位置する大型ロケット発射場酒泉宇宙センターとも呼称される。

概説[編集]

酒泉衛星発射センターは、中国初の大型ロケット発射場としてソビエト連邦の技術的支援により1958年に設立され、当初は東風センターと呼称される中国人民解放軍弾道ミサイル実験場として使用されていた。2005年10月まで同国は約50基の人工衛星を製造したが、その中の37基はここ酒泉衛星発射センターから打ち上げられている。

酒泉市と内モンゴル自治区アラシャン盟エジン旗との間に酒泉衛星発射センターは位置している。また、海抜約1,000メートルと高い場所にあって、面積は約2,800平方キロメートルで富山県とほぼ同じである。この地域は砂漠性気候に属し空気乾燥し、年間降水量はわずかで晴天に恵まれることが多い。年間平均気温は8.5℃、相対湿度は35%から55%である。また、地形は平坦で周囲に人家はほとんどない。これらのことからロケット打ち上げには好条件とされ、年間約300日はロケットの打ち上げが可能な日だとされている。

組織[編集]

酒泉衛星発射センターは、軍の施設でもあるので中国国務院中央軍事委員会の国防科学技術工業委員会・衛星打ち上げ管制局の管轄に属している。また、基地番号(第20基地)も与えられている。

打ち上げ実績[編集]

ロケット[編集]

人工衛星[編集]

沿革[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]