成都軍区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
成都軍区
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会
中国共産党中央軍事委員会中華人民共和国中央軍事委員会
中国人民解放軍構成
中国人民解放軍 中国人民解放軍
陸軍 陸軍 海軍 海軍空軍 空軍
第二砲兵部隊戦略ミサイル部隊(第二砲兵)

政治委員 兵種 予備役 人武部
国防大学 軍事科学院 国防科学技術大学


People's Armed Police cap badge 2007.png中国人民武装警察部隊

中国民兵
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
四総部
総参謀部  総政治部
総後勤部  総装備部
七大軍区・三大艦隊
瀋陽軍区 北京軍区 蘭州軍区
済南軍区 南京軍区 広州軍区
成都軍区
北海艦隊 東海艦隊 南海艦隊
階級制度
人民解放軍  武装警察
行政機関
国防部(国防省) 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
現役将校法 預備役軍官法
中国人民解放軍軍官軍銜條例 中国人民解放軍政治工作条例

成都軍区(せいとぐんく, Chengdu Junqu)は中国人民解放軍七大軍区のひとつである。四川省雲南省貴州省チベット自治区(阿里を除く)、重慶の3省1自治区1直轄市を管轄する。本部は成都に置かれる。

管轄部隊[編集]

成都軍区の下で2つの集団軍(1314集団軍)と成都軍区を管轄する。

次の省級軍区も管轄する。

  • 四川省軍区
  • チベット軍区(副大軍管区級)
  • 貴州省軍区
  • 雲南省軍区
  • 重慶市警備区域

歴史/主要部隊[編集]

第13集団軍管轄下の第37師団の前身は紅軍第4方面軍第31軍で後の八路軍第129師団386旅団である。陳コウ旅団長,陳再道副旅団長,王新亭が政治部主任であった。

第13集団軍管轄下の第149師団の前身は第31軍第52師団である。さらに以前は、山西・河北・山東・河南の野戦軍であった。1959年ダライラマを制圧し、中印国境に参戦もした。

1969年、第50軍149師団とチベット軍区第52師団は任地交換し、番号を交換して、52師団は149師団に改名して50軍下に再編された。

1985年、第50軍再編により、第149師団は第13集団軍に編入され、四川楽山に進駐する。

第13集団軍は現在成都軍区に属し、重慶に駐屯する。 もとの武漢軍区空軍が現在の成都軍区空軍となっている。

第14集団軍は第40師団と第31師団を管轄する。 中華人民共和国建国から雲南に駐屯をしベトナム戦線に参加。 第14集団軍は現在成都軍区に属し、春城に駐屯する。

軍区指導者[編集]

歴代司令員[編集]

歴代政治委員[編集]

配属部隊[編集]

成都軍区空軍[編集]

雲南省昆明基地に司令部を置き、2個航空師団を管轄する。司令員は汪超群中将、政治委員は劉亜洲少将である。

  • 第33航空師団(戦闘機師団) 重慶市大足基地、白寺駅基地 J7、SU27
  • 昆明指揮所 第44航空師団(戦闘機師団) 雲南省蒙自基地、昆明基地 J7、J6