ミンスク (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aircraft Carrier Minsk.jpg
1983年2月9日、航行する空母ミンスク
艦歴
起工 1972年12月28日
進水 1975年9月30日
就役 1978年9月27日
退役 1993年6月30日
その後 1995年韓国へ売却
1997年中国へ売却
1999年11月3日火災により全焼
2000年5月10日、ミンスク・ワールド
2006年競売により落札される
性能諸元
排水量 基準排水量 36,000t
満載排水量 41,400t
全長 273.1m
水線長 242.8m
全幅 53m
水線幅 31m
吃水 8.2m、最大12m
機関 蒸気タービン8缶(180,000hp)4軸推進 4基
速力 最大32 ノット(59 km/h)
航続距離 8,000海里(巡航速度:18ノット)
乗員 1,615名
兵装 P-500SSM連装発射筒 4基
4K60SAM連装発射機 2基
9K33MSAM連装発射機 2基
76.2mm連装砲 2基
AK-630 30mmCIWS 6基
533mm5連装魚雷発射管 2基
RBU-6000
12連装対潜ロケット発射機
2基
RPK-1SUM連装発射機 1基
搭載機 Yak-38 12機
Ka-25Ka-27Ka-29 16機
言語 表記
日本語 ミンスク
英語 Minsk
露語 Минск

ミンスクМинск)はソビエト海軍航空母艦ソ連での呼称は重航空巡洋艦。キエフ級航空巡洋艦の2番艦。艦名は、ソ連構成共和国だった白ロシア共和国の首都で、現在はベラルーシの首都となっている同名の都市に由来する。

ウラジオストクのソ連海軍太平洋艦隊に配属され、たびたび対馬海峡などを航行する姿が報道されたため、当時の日本における「ソ連脅威論」の拠り所のひとつとなっていた。

艦歴[編集]

1974年進水。1978年竣工、1989年機関事故を起こして行動不能となる。1991年頃退役。その後長らくロシア連邦沿海地方の港町ナホトカソヴィエツカヤ・ガヴァニに係留されていた。

1995年大韓民国の企業に鉄スクラップ材料として売却されたが、1997年に中華人民共和国の企業に転売され広東省深圳深圳)で係留され、軍事テーマパークとして使われることになった。1999年11月3日に火災で全焼。

2000年6月、深圳ミンスク・ワールド中国語表記では「明思克航母世界」)の名でオープン。

2005年2月に運営会社の親会社が倒産した影響でミンスク・ワールドも閉鎖された。2006年、競売に掛けられ、別の企業に落札された。

2011年現在、ミンスクワールドは営業を継続しているので、空母の見学は可能である。

関連項目[編集]

  • 愛國戰隊大日本・・航空母艦ミンスクを擬人化した悪役「ミンスク仮面」が登場する。
  • 沈黙の艦隊・・沖縄沖海戦にソ連太平洋艦隊の内の1艦として登場。

外部リンク[編集]

ミンスク艦上のYak-38 'Forger'