アドミラル・クズネツォフ級航空母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アドミラル・クズネツォフ
ヴァリャーグ

アドミラル・クズネツォフ級航空母艦は、ソビエト連邦の1143.5設計重航空巡洋艦(тяжёлый авианесущий крейсер)である「アドミラル・クズネツォフ」とその改設計である1143.6設計による「ヴァリャーグ」を、航空母艦の一つの艦級として扱うもの。

広義においては、「ヴァリャーグ」を元に中華人民共和国で完成された「遼寧」を含む。西側諸国の通称としてKremlin(Kreml、クレムリン)が存在していたため、資料によってはこの名称が使用されることもある[1][2]

構造[編集]

「アドミラル・クズネツォフ」は世界初のスキージャンプ甲板を持ちCTOL機を運用するSTOBAR式航空母艦であり、カタパルトこそ無いが、VTOL機Yak-38)以外の航空機を運用できるソビエト海軍初の空母であった。

艦の構造は、「バクー」を元にしているとされているが、全幅・全長ともに拡大され、全通甲板となっている[3]

重航空巡洋艦としてはキエフ級航空母艦とは異なり、P-700対艦巡航ミサイルを搭載しているものの、これを除けば重武装でこそあるものの対空・対潜兵器しか搭載していない[1]

機関は蒸気タービン4基(ボイラー8基)を用い、合計出力20万hpにより29ノットでの航行を可能としている[3]

搭載機[編集]

固定翼機Su-27KMiG-29KYaK-41M(後にYak-141、VTOL)が、想定されていた[1]。しかし、MiG-29Kは開発中断(後にインド海軍向けに完成)、YaK-141は開発中止となった。これにより候補としてはSu-27K[4]のみとなり、これが採用されている。

回転翼機は計画通りKa-27系列の機体が搭載されている。

相違点[編集]

「ヴァリャーグ」起工時点で「アドミラル・クズネツォフ」は既に進水しており、細かな変更が生じている。魚雷防御の簡略化、電子機器の更新が主な内容である。また、搭載機の計画数は67機とされている[5]

同型艦[編集]

名称 起工 進水 就役 備考
アドミラル・クズネツォフ 1982年4月1日 1985年12月5日 1990年12月25日
ヴァリャーグ 1985年12月6日 1988年12月4日 - 1992年3月建造中止。後に遼寧となる。

出典[編集]

  1. ^ a b c Project 1143.5 Kreml class Aircraft Carrier Cruiser”. FAS. 2012年10月13日閲覧。
  2. ^ Project 1143.5 Kreml class Aircraft Carrier Cruiser”. GlobalSecurity.org. 2012年10月13日閲覧。
  3. ^ a b Kuznetsov Class (Type 1143.5) Aircraft Carrier, Russian Federation”. naval-technology.com. 2012年10月13日閲覧。
  4. ^ 後にSU-33と改称。
  5. ^ Сайт «АТРИНА» • Тяжелый авианесущий крейсер пр.11436, «Варяг» типа «Рига», Kuznetsov mod. class” (ロシア語). Сайт «АТРИНА» • Боевые корабли СССР и России • 1945-2005 гг. 2012年10月13日閲覧。

関連項目[編集]