宮古 (通報艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮古
艦歴
計画: 1893年度計画
起工: 1894年5月26日
進水: 1898年10月27日
就役: 1899年3月31日
その後: 1904年5月14日触雷沈没
除籍: 1905年5月21日
性能諸元
排水量: 常備:1,772t
全長: 垂線間長:96.0m
全幅: 10.5m
吃水: 4.0m
機関: レシプロ蒸気機関2基2軸
6,130馬力
燃料: 石炭400t
最大速: 20.0kt
兵員: 200名
兵装: 12cm砲2基
47mm速射砲10基
魚雷発射管2門

宮古(みやこ)は、日本海軍通報艦。艦名は沖縄県の「宮古島」にちなんで名づけられた。呉で建造された最初の軍艦である。日露戦争において戦没。

艦歴[編集]

1894年に呉鎮守府造船部で起工し、1899年に竣工。通報艦に類別された。

日露戦争に際しては、旅順攻略作戦に参加。

1904年5月5日から日本軍の第2軍が塩大澳に上陸を開始した。しかし、遠浅のため上陸に不便であることや目標である大連まで距離があることから、上陸地点を変更しようとして連合艦隊の東郷司令長官は第3艦隊司令長官にたいして大連湾の掃海および測量を命令[1]。そうして、大連湾で掃海隊の援護中であった5月14日に宮古は触雷した[2]。宮古は2、3分で沈み、死者2名負傷者17名を出した[2]

翌年5月21日に除籍、残骸は1906年7月4日に民間に売却された。

艦長[編集]

  • 高桑勇 中佐:1899年7月25日 - 9月29日
  • 松本有信 中佐:1899年9月29日 - 1900年6月7日
  • 八代六郎 中佐:1900年6月7日 - 1901年10月1日
  • 小橋篤蔵 中佐:1901年10月31日 - 1903年7月7日
  • 川島令次郎 中佐:1903年7月7日 - 9月26日
  • 栃内曽次郎 中佐:1903年9月26日 - 1904年5月16日

脚注[編集]

  1. ^ 日露旅順海戦史、100ページ
  2. ^ a b 日露旅順海戦史、118ページ

参考文献[編集]

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 真鍋重忠、『日露旅順海戦史』、吉川弘文館、1985年、ISBN 4-642-07251-9
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]