カタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタル
分類及び外部参照情報
ICD-9 460
DiseasesDB 26380
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

カタル(: catarrh)とは、感染症の結果生じる粘膜腫脹と、粘液白血球からなる濃い滲出液を伴う病態のこと。カタルは通常、風邪、胸部疾患によるに関連して認められるが、アデノイド中耳副鼻腔扁桃気管支大腸に出現することもある。カタル性滲出液は排出されることもあるが、狭窄とともに管腔を閉塞させたり、慢性化したりすることもある。

カタルに関連する疾患[編集]

など。

カタルによる問題[編集]

カタルによる閉塞は下記の場合の不快感の原因となる

  • エレベータ
  • 飛行機
  • 高地への旅行
  • 遊泳などの圧力変化を伴う活動

カタルによる閉塞が関与する頭部の圧力変化が関連する気圧障害は水深1.2m程度の深さでも発生することがある。

語源[編集]

catarrhはギリシャ語"katarrhein"に由来し、kata-は"減少"、rheinは"流れ"を意味する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]