名和昆虫博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 名和昆虫博物館
Nawa Insect Museum
Nawa Insect Museum 1.JPG
施設情報
前身 名和昆虫研究所
専門分野 昆虫
館長 名和哲夫[1]
管理運営 一般財団法人名和昆虫研究所
開館 1919年(大正8年)10月26日
所在地 500-8003
日本の旗 日本
岐阜県岐阜市大宮町2-18(岐阜公園内)
位置 北緯35度25分59.35秒 東経136度46分23.34秒 / 北緯35.4331528度 東経136.7731500度 / 35.4331528; 136.7731500
ウェブサイト 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

名和昆虫博物館(なわこんちゅうはくぶつかん、Nawa Insect Museum)は、一般財団法人名和昆虫研究所が運営する岐阜県岐阜市にある日本有数の昆虫専門の博物館である。毎年3月頃、東海地方新聞テレビ等の岐阜県の記事で、この名和昆虫博物館で飼育されているギフチョウの羽化が話題となる。

概要[編集]

  • ギフチョウの再発見者(命名者)である昆虫学者名和靖が、害虫駆除、益虫保護の研究のために、1896年(明治29年)4月に開設した名和昆虫研究所が前身である。研究所は当初岐阜市白木町にあったが、1904年(明治37年)に現在地に移転。
  • 世界各国の昆虫約18,000種類、300,000点以上の標本を有する。標本以外にも様々な昆虫の飼育、研究を行っている。
  • 名和昆虫博物館は1919年(大正8年)10月26日開館。建物は開館当時のもので、洋風2階建(設計は武田五一)。中の柱は唐招提寺シロアリ被害を受けた柱であり、解体修理時に名和昆虫博物館が引き取り、シロアリの被害を残す目的で使用されている。明治洋風建築の貴重な建築物で、登録有形文化財(岐阜県第1号)に登録されている[2]
  • 隣接して名和記念昆虫館がある。1907年(明治40年)に建てられた洋風建築物で、建築当初は特別昆虫標本室として展示がなされていた。標本の保存の為に高床式になっている(設計 武田五一)。岐阜市指定文化財[3]
  • 名和昆虫博物館の西側に1919年(大正8年)名和靖の還暦を祝って建てられた昆虫供養の昆蟲碑がある(設計 武田五一)。
  • 代々館長は、名和靖の子孫が務めている。
  • 開館時間:10時~17時 (夏休み期間は9時~18時)
  • 休館日:年末年始
  • 入館料:大人500円 小人400円 (特別展がある場合、特別料金あり)

館内[編集]

1階展示室
  • 世界のカブト・クワガタムシ
  • 世界の美チョウ
  • 世界の珍虫・奇虫
  • ギフチョウ物語
  • 身近な昆虫
2階展示室
  • 世界の昆虫不思議クイズ
    • ペアを探せ(世界のカブトムシ)
    • ギフチョウはどれ?(世界のチョウ)
    • 昆虫でないものは?(世界の奇虫)
    • その他

公共交通機関[編集]

名和靖が命名したギフチョウ

その他[編集]

  • 最近は名和靖はギフチョウの発見者ではなく「再発見者であり命名者」という評価がされている。これは、江戸時代の18世紀始めの文献に、ギフチョウと思われるチョウの図が記載されている事からである。但し、この文献での名は「錦蝶」となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 甲虫標本に児童ら歓声 岐阜市の名和昆虫博物館で教室”. 岐阜新聞Web. 2013年8月10日閲覧。
  2. ^ 名和昆虫博物館”. 岐阜県. 2013年5月14日閲覧。
  3. ^ 岐阜市内の指定等文化財一覧” (2012年4月6日). 2013年5月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 名和哲夫 『ギフチョウ』 名和昆虫研究館、1988年5月1日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]