山県市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまがたし
山県市
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
団体コード 21215-6
面積 222.04km²
総人口 28,090
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 127人/km²
隣接自治体 岐阜市関市本巣市
市の木
市の花 ききょう
山県市役所
所在地 501-2192
岐阜県山県市高木1000番地1
北緯35度30分22秒東経136度46分52.9秒
山県市役所
外部リンク 山県市

山県市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
円原の伏流水
伊自良湖
甘南美寺

山県市(やまがたし)は、岐阜県にあるである。また、同県において平成の大合併によって誕生した最初の市である。

地理[編集]

  • 山:舟伏山、釜ヶ谷山、相戸岳、如来ヶ岳、岸見山、竜興寺山、古城山、天狗城、源太峰、大黒山
  • 河川:武儀川、神崎川、円原川、柿野川 、鳥羽川(旧名 戸羽川)、新川伊自良川、生原川、葛原川、石田川
  • 湖:伊自良湖

隣接する自治体[編集]

歴史・沿革[編集]

  • 山県市の山県の名は、山県郡からきたものだが、「ヤマガタ」の名は、奈良時代にはすでに存在していた。(奈良東大寺正倉院に「御野国山方郡三井田里戸籍」がある。御野国とは岐阜県美濃地方、山方郡とは山県市のこと。)山方とは、山の方という意味でも地名になった由来がある。
  • 平安時代中期から室町時代中期まで山県郡発祥の美濃山県氏が存在する。これは清和源氏多田頼綱の三男、源国直がこの地を地盤としたことに始まる。美濃山県氏は甲斐山県氏、安芸山県氏それぞれの源氏のルーツとなっており、山県昌景(甲斐源氏)、山縣有朋(安芸源氏)といった姓はこの地名に由来する。尚、山県氏の発祥と同時期に土岐郡においては源国直の叔父が土岐氏を興している。ちなみに山県氏や土岐氏の主な紋所は山県市の花でもある桔梗である。
  • 同名の山県郡 (広島県)は同地に流罪にされた源国直がそのまま山県姓を名乗ったことを発祥とする地名である。
  • 2003年4月1日岐阜県山県郡高富町伊自良村美山町合併し、人口3万1千人のとして発足した。この合併で山県郡の名は消えたが、郡域はそのまま山県市として継承された。市役所は、旧高富町役場におかれた。美山、伊自良の町村役場は、支所として、運営されている。

人口[編集]

Demography21215.svg
山県市と全国の年齢別人口分布(2005年) 山県市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 山県市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
山県市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 26,598人
1975年 27,986人
1980年 29,669人
1985年 30,592人
1990年 30,989人
1995年 31,534人
2000年 30,951人
2005年 30,316人
2010年 29,633人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

政治問題[編集]

2003年の初代市長選挙には立候補者が一人のみで、4月20日に平野元(前高富町長)の無投票当選が決まった。次の市長選も平野元(現職)の無投票当選が決まった。市議会議員定数は22人だが、2004年4月まで旧町村の議員(定数42)が引き続き議員を務めた。

選挙公営制度・条例が2007年3月の市議会で全国で初めて廃止となった。その3か月後、以下に記す選挙公営制度を利用した詐欺事件が発覚した。

2004年の選挙の際に、前職・現県議会議員を含む山県市議ら数名が、条例で公費負担が認められていないはがき代や条例で決められた枚数を超えるポスター代を市に水増し請求していた事が2007年に発覚した。市議らとその他関係者ら、計12名が詐欺容疑で書類送検され、不起訴処分となった。ポスター代を水増しした市議5名は辞職した。しかし1名の市議と1名の県議ははそのまま職を全うした。これを発端として、市外各地で同様の事件が発覚した。

2008年4月詐欺事件後初の任期満了に伴う市議選が行われた。定数が減らされての市議選であり、詐欺事件の市民の意見を問う選挙と注目されていたが、定数ちょうどで無投票となった。

現在でも、この事件は、一名の市議が代表を務める市民団体が詐欺事件不起訴処分を不服とし申し立てをするなど解決に至っていない。

友好都市[編集]

友好都市

公共機関[編集]

警察[編集]

  • 山県警察署
    • 交番
      • 署所在地交番(山県警察署内)(山県市高富)
    • 駐在所
      • 美山駐在所(山県市谷合)
      • 伊自良警察官駐在所(山県市大門)
      • 西武芸警察官駐在所(山県市岩佐)
      • 乾警察官駐在所(山県市出戸)

消防[編集]

教育[編集]

保育園・幼稚園[編集]

  • 高富保育園
  • 富岡保育園
  • 梅原保育園
  • 大桜保育園
  • 伊自良保育園
  • みやま保育園
  • 富波保育園
  • いわ桜保育園
  • 私立はなぞの北幼稚園

小学校[編集]

中学校[編集]

高等学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

市内に鉄道路線はない。最寄り駅は名鉄岐阜駅またはJR岐阜駅。昔は、岐阜市北端の山県市(当時は高富町)に隣接する名鉄高富線高富駅が頻繁に利用されていた。乗客数は多かったが、輸送量の問題でバスに転換され廃線となった。美山地区からは樽見鉄道樽見駅本巣市根尾)にも近いが、そこへ向かうバス路線はない。

バス路線[編集]

岐阜駅名鉄岐阜駅方面から岐阜バスの路線が通じており、同市南部の高富までは日中でも10分間隔以下の頻度でバスが運行されている。
また、岐阜駅・名鉄岐阜駅方面から高富以北へ向かうバスは山県市内では山県市自主運行バスとして運行されるため、岐北病院以南の岐阜バスの路線バスとしての運行区間とは料金体系が異なる。

この他、ハーバスと呼ばれる市内各所を結ぶバスも運行されている(全便休日運休、一部便は平日の月・水・金曜日のみ運行)。詳細は山県市自主運行バスの項を参照。
なお、旧伊自良村の公共交通機関はハーバスのみのため、日曜・祝日に公共交通機関で旧伊自良村を訪れることはできないので注意。

道路[編集]

市営[編集]

山県市総合体育館

名所・旧跡・名産・祭事[編集]

名所[編集]

河川景観[編集]

  • 円原川の伏流水
  • 瀬見峡
  • 弥十郎の滝
  • ごろごろの滝
  • 金鶏の滝
  • 武儀川

美山地区を流れる清流。鮎釣りや川遊びで知られ、地元の小中高生が橋から飛び込みをすることがある。美山観光やなやマルキ美山店前の橋から飛び込みが有名。

地形景観[編集]

  • 九合の洞窟

動物[編集]

  • 庚申洞谷
  • 生原川のホタル
  • 庚申洞谷のホタル
  • 出戸川のホタル
  • 鳥羽川源流付近のホタル
  • ハリヨ公園

植物[編集]

旧跡[編集]

  • ミニ大桑城、大桑城跡
  • 谷合城跡

名産品・特産品[編集]

祭事[編集]

  • 山県市ふるさと栗まつり

毎年10月第一日曜日に開催される。山県市最大の祭り。四国山香りの森公園で開催されている。利平栗発祥の地として利平栗をPRするために盛大に開催されている。100近いバザーが開かれており、栗おこわや焼き栗、栗きんとんなど栗の美味しさを生かした様々な食べ物が販売されている。また、1日に3回程度栗のつかみ取りがタダで行われている。ステージでは、ラジオの公開録音や、市に関するクイズ大会、ビンゴ大会や、伝統芸能披露、高富中学校生徒によるソーラン節、レクリエーション、キャラクターショー、和太鼓演奏、大物歌手(美川憲一氷川きよし八代亜紀など)が登場し歌ったり、有名な芸能人(えなりかずきなど)によるトークもあったりする。また、この祭りの前日夜には前夜祭も盛大に行われ、和太鼓演奏や、伝統芸能披露、少年少女によるダンス、花火も打ち上げられる。

  • みやま川祭り

毎年8月最終土曜に西武芸橋近辺で開催される。みやま保育園の園児・美山地区の全小中学校・山県高校の生徒の作品と一般のサークル・個人の作品、合わせて約1, 000個の燈籠が武儀川の川面や西武芸橋とその周辺に飾られ、幽玄な雰囲気をかもし出す。また、周辺には夜店も並び、踊り、太鼓演奏等のイベントも行われる。前日夜には前夜祭も行われ、静かな雰囲気の中で燈籠を楽しむことができる。

  • いじら湖桜まつり
  • 柿野まつり

毎年4月第二日曜に柿野地内の垣野、清瀬両神社(ヤマトタケルノミコト兄弟)が御旅所で再会することを祝い神事が執り行われる。柿野神楽、山車も催され素朴な且つ、神妙な祭りが催される。

  • いじら湖もみじ・野菜祭り

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]