川手城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
川手城
岐阜県
済美高校の一角にたつ碑
済美高校の一角にたつ碑
別名 革手城
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 土岐頼康
築城年 1353年(南朝:正平8年、北朝:文和2年)
主な城主 土岐氏長井新左衛門尉斎藤道三
廃城年 1530年(享禄3年)
遺構 土塁

川手城(かわてじょう)は、現在の岐阜県岐阜市正法寺町にあった、南北朝時代戦国時代の城である。別名革手城

歴史[編集]

美濃源氏の一族の土岐氏の第3代守護職土岐頼康は、信濃国伊予国平定の功により、美濃国尾張国伊勢国の3ヶ国の守護職となる。手狭となった長森城岐阜市南長森にあったと思われる)に代わり、1353年文和2年)、川手城を築城する。以降第11代土岐頼芸までの本拠地となる。

木曽川(現境川)と荒田川に挟まれた自然の要塞といってよい地に築かれた城郭であった。城郭といっても、広大な敷地に神社仏閣等を設置し、本殿は御殿風の建物であった。戦う城でなく、住居としての城である。

1467年応仁元年)、応仁の乱により都から逃げ延びた公家らが、当時の守護職で力のあった土岐氏を頼り、川手に移住。これにより川手の地は都文化の花を咲かせることになる。当時その繁栄はかなりのものであり、西の山口大内氏)東の川手と言われた。

しかし1494年明応2年)、土岐氏の相続争いを発端とする船田の乱により、城は焼失する。後に再建されるが、1530年享禄3年)、土岐氏を追放した斎藤道三稲葉山城に拠点を移した事により廃城となる。城下町である川手(現岐阜市上川手、下川手)は廃城後も斎藤道三等の加護で繁栄し、当時来日した宣教師等がその繁栄振りを書き残している。しかし、織田信長の時代には川手の町は殆ど岐阜に移り衰退した。

廃城後も土塁等が残っていたが、徳川家康の命により加納城の築城が開始されると、土塁の土は殆どが使われてしまった。

現状[編集]

済美高校の校内に石碑があり、当時の土塁の一部も残っている。城跡はこの済美高校の敷地と考えられている。

関連項目[編集]