日比野克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日比野 克彦(ひびの かつひこ、1958年8月31日 - )は、日本現代美術家東京藝術大学教授岐阜県生まれ。サッカー好きとしても知られる。

経歴[編集]

1958年岐阜県岐阜市生まれ。1982年東京藝術大学美術学部デザイン学科卒業。1984年東京藝術大学大学院修了。 1980年代に領域横断的、時代を映す作風で注目される。作品制作の他、身体を媒体に表現し、自己の可能性を追求し続ける。 1986年シドニー・ビエンナーレ、1995 年ヴェネチア・ビエンナーレに出品。

近年では、館内の展示室だけでなく、様々な地域の人々と共同制作を行いながら、受取り手の感受する力に焦点を当てたアートプロジェクトを展開し、社会で芸術が機能する仕組みを創出する。2003年大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレにて[明後日新聞社文化事業部]を設立、同時に[明後日朝顔プロジェクト]を開始。2005年 水戸芸術館[HIBINO EXPO]、2006年岐阜県美術館[HIBINO DNA AND]、2007年金沢21世紀美術館「[ ホーム→アンド←アウェー」方式]、熊本市現代美術館[HIGO BY HIBINO]など個展を開催。2012年[種は船~航海プロジェクト]を実施。2013年 瀬戸内国際芸術祭2013にて[海底探査船美術館プロジェクト「一昨日丸」]を発表。同年・翌年(2013・14年)「六本木アートナイト」にてアーティスティックディレクターを務める。2010年より4年の1度のサッカーW杯年に合わせ、「マッチフラッグプロジェクト」を開始。2014年もブラジル大会への熱い想いを胸にワークショップを実施し、スタジアムをスポーツとアートの交流の場とした。1995年から1999年まで東京藝術大学美術学部デザイン学科助教授、1999年から2007年まで東京藝術大学美術学部先端芸術表現科助教授/准教授を経て2007年10月より現職。2010年日本サッカー協会理事に就任。


妻はコスチューム・アーティストのひびのこづえ詩人阿部恭久はおじであり、詩集の装幀を手がけたこともある。

略歴[編集]

  • 1995年10月~1999年3月 東京藝術大学美術学部デザイン科助教授
  • 1999年4月~2007年9月 東京藝術大学美術学部先端芸術表現科助教授 ('07.4~准教授)
  • 2007年10月~現在(現職)東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授
  • 2007年4月~2014年3月:立命館大学映像学部 客員教授
  • 2008年10月~現在:青山学院大学総合文化政策学研究科 客員教授
  • 2009年4月~現在:多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科 客員教授

主な役職[編集]

  • ブータン王国観光大使
  • 岐阜市鵜飼大使


主な受賞歴[編集]

  • 1982年:第3回日本グラフィック展大賞
  • 1983年:第30回東京アートディレクターズクラブ最高賞
  • 1999 年:毎日デザイン賞 グランプリ受賞
  • 1999年 :第7回読売演劇大賞最優秀作品賞「パンドラの鐘」(演出・野田秀樹)衣装担当

展覧会・国際芸術祭[編集]

  • 1986年:シドニー・ビエンナ ーレ
  • 1995年:ヴェネチア・ビエンナーレ
  • 2003年:越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2003「明後日新聞社文化事業部」
  • 2005年: 水戸芸術館「HIBINO EXPO」
  • 2006年:岐阜県美術館「HIBINO DNA AND」
  • 2007年:熊本市現代美術館(HIGO BY・HIBINO)
  • 2007年:霧島アートの森(日々の旅に出る。)
  • 2007年:金沢21世紀美術館「ホーム→アンド←アウェー」方式
  • 2008年:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA企画展「飛行する記憶~記憶は創造を呼び起こす~」出展
  • 2010年:3331ArtsChiyoda「ひとはなぜ絵を描くのか」
  • 2012年:にいがた水と土の芸術祭
  • 2013年:瀬戸内国際芸術祭「海底探査船美術館プロジェクト 一昨日丸/OTOTOI丸」
  • 2013年 :川崎市岡本太郎美術館「Hibino on side off side 日比野克彦」展


アートプロジェクト[編集]

  • 1999年~(現在):アーカスプロジェクト ワークショップシリーズ「HIBINO HOSPITAL(H+H)」
  • 2003年~(現在):越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭2003「明後日新聞社文化事業部」
  • 2005年~(現在):「ヒビノカップ(HIBINOCUP)」
  • 2006年~(現在):「こよみのよぶね」(岐阜・長良川)
  • 2006年~(現在):「アジア代表日本」(2006年・2010年・2014年 4年に1度のサッカーW杯年に合わせ開催)
  • 2007年~2009年 :「Y150横浜FUNEプロジェクト」
  • 2010年~(現在):「MATCH FLAG PROJECT」(2010年・2014年 4年に1度のサッカーW杯年に合わせ開催)
  • 2010年~(現在):一般財団法人民際センター主催 「ラオス ポントゥン村美術部プロジェクト」
  • 2011年~(現在):東日本大震災復興支援活動「HEART MARK VIEWING」
  • 2011年~(現在):東日本大震災復興支援活動「とうほくのこよみのよぶね」
  • 2012年~(現在):「種は船~航海プロジェクト」
  • 2013年~(現在):瀬戸内国際芸術祭「海底探査船美術館プロジェクト 一昨日丸/OTOTOI丸」


ディレクター[編集]

  • 2011年:ヨコハマトリエンナーレ2011連携プログラム「空の芸術祭」アートディレクター
  • 2012年:ぎふ清流国体・ぎふ清流大会 総合プロデューサー
  • 2013年:六本木アートナイト2013 アーティスティックディレクター
  • 2014年:六本木アートナイト2014 アーティスティックディレクター

作品集・書籍[編集]

  • 「HIBINO」(1983年1月 朝日出版社 発行)
  • 「PRESENTS」(1984年9月 玄光社 発行)
  • 「にっぽんのえ」(1985年1月 『現代トップアーティスト自選集(3)小学館 発行)
  • 「Glamorous!」(1986年9月 国際芸術文化振興会 発行)
  • 「HIBINO2~A Collection of the Works of Katsuhiko』」(1987年5月 朝日出版社 発行)
  • 「アートラッピング(1)」(1987年12月 誠文堂新光社 発行)
  • 「えのほん」(1988年11月 三起商行/ミキハウス 発行)
  • 「おめでとういちねんせい」(1989年12月 小学館 発行)
  • 「ティエリー・ノアールの瞬間」(1990年10月 三修社 発行)
  • 「HIBINOSPECIAL 日比野克彦展」(1994年5月 平塚市美術館 発行)
  • 「HIBINO KATSUHIKO HIBINO INTERRACTIVE EXHIBITION 」(1994年デジタローグギャラリー 発行)
  • 「海の向こうに何がある」(1997年7月 朝日出版社 発行)
  • 「8万文字の絵 -表現することについて-」(1997年10月 PHP研究所 発行)
  • 「えとじ」(1997年11月 読売新聞社 発行)
  • 「Xデパートメント 脱領域の現代美術」(1998年4月 東京書籍 発行)
  • 「球の仕業 HIBINO'S SOCCER」(1998年4月 淡交社 発行)
  • 「HIBINO LINE」(1998年4月 玄光社 発行)
  • 「KATSUHIKO HIBINO 日比野克彦作品集」(1998年6月 小学館 発行)
  • 「ゲゲゲのビビビ LETTERS GEGEGE NO BIBIBI」(1998年6月 日経BP出版センター 発行)
  • 「ひ ESSEY OF KATSUHIKO HIBINO」(1999年1月 淡交社 発行)
  • 「日比野克彦 世界のグラフィックデザイン」(1999年6月 ギンザグラフィックギャラリー 発行)
  • 「あの日 わたしと大吉の阪神淡路大震災」(2001年9月 講談社 発行)
  • 「Hibino Data on Our Tines 日比野克彦展 ある時代の資料としての作家達」 (2001年 毎日新聞社 発行)
  • 「KATSUHIKO HIBINO Where is your first step on a bridge?」 (2002年10月 アートフロントギャラリー発行)
  • 「HIBINO A Collection of the Works of Katsuhiko HIBINO 1980-1983」(2002年11月 朝日出版社 発行)
  • 「12人の挑戦ー大観から日比野まで」(2002年 茨城新聞社 発行)
  • 「100の指令」(2003年3月 朝日出版社 発行)
  • 「Yesterday Today Tomorrow」(2005年 リトルモア 発行)
  • 「HIBINO EXPO 2005 日比野克彦の一人万博 記録集」(2005年 水戸芸術館現代美術センター 発行)
  • 「HIBINO DNA AND PROJECT」(2006年 岐阜県美術館 発行)
  • 「FUNE 日比野克彦プロジェクト「アジア代表日本」」(2006年12月 西日本新聞社 発行)
  • 「日比野克彦アートプロジェクト「ホーム→アンド→アウェー」方式」(2009年3月 金沢21世紀美術館 発行)
  • 「考える絵本・4 美」(2009年8月 大月書店 発行)
  • 「日比野克彦「ホーム→アンド→アウェー」方式OPEN THEATER MUSEUM」(2010年 東京文化発信プロジェクト室 発行)
  • 「創造のたね ドローイングのはなし」(2011年10月 日本文教出版 発行)
  • 「Hibino on side off side 日比野克彦展」(2013年川崎市岡本太郎美術館 発行)
  • 「日常非常日(ピジョッピジョッピ)」(朝日出版社)
  • 「KATSUHIKO HIBINO AITAI」

作品[編集]


出演TV番組[編集]

  • テレビドラマ『とんび』出演 - アーティスト 役
  • 巨匠たちの輝き〜歴史を創った芸術家たち〜(BS-TBS、2013年10月2日 - ) - 司会


外部リンク[編集]