日比野克彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日比野 克彦(ひびの かつひこ、1958年8月31日 - )は、日本現代美術家東京芸術大学教授岐阜県生まれ。サッカー好きとしても知られる。

経歴[編集]

岐阜県岐阜市出身。岐阜県立加納高等学校美術科を経て、1982年東京芸術大学美術学部デザイン学科卒業。1984年東京芸術大学大学院修了。 芸大在学中にダンボールや、わら半紙を再利用した芸術作品を製作し脚光を浴びる。その後、舞台美術やパブリックアートなど、活動範囲を広げる。 1995年から1999年まで東京芸術大学美術学部デザイン学科助教授、1999年から2007年まで東京芸術大学美術学部先端芸術表現科助教授/准教授を経て2007年10月より現職。 自らの作家活動のほか、各種メディアに頻繁に登場している。特にサッカーファンとして知られ、1993年・1994年にはNHKBS1で「Jリーグダイジェスト」の司会を務めたほか、1998年以降FIFAワールドカップ特番にも出演している。2010年日本サッカー協会理事に就任。

妻はコスチューム・アーティストのひびのこづえ詩人阿部恭久はおじであり、詩集の装幀を手がけたこともある。

略歴[編集]

  • 1982年:日本グラフィック展グランプリを受賞
  • 1983年:東京ADC賞最高賞を受賞
  • 1995年:東京芸術大学助教授に就任
  • 1996年:織部賞の選考委員に就任
  • 1999年:毎日デザイン賞を受賞

作品[編集]

  • 作品集「KATSUHIKO HIBINO」
  • 「海の向こうに何がある」
  • 取手市コミュニティバス『ことバス』:車両デザイン
  • オムニバス映画『東京★ざんすっ』 「~らしい姿」監督・脚本・出演
  • テレビドラマ『とんび』出演 - アーティスト 役
  • 「HIBINO」「HIBINO2」
  • 「日常非常日(ピジョッピジョッピ)」(朝日出版社)
  • 「えのほん」(三起商行/ミキハウス)
  • 「8万文字の絵 -表現することについて-」(PHP新書)
  • 「HIBINO LINE」(玄光社)
  • 「ひ ESSEY OF KATSUHIKO HIBINO」(淡交社)
  • 「Yesterday Today Tomorrow」(リトルモア)
  • 「HIBINO EXPO 2005 日比野克彦の一人万博 記録集」(水戸芸術館現代美術センター)
  • 「FUNE」(西日本新聞社)

出演[編集]

  • 巨匠たちの輝き〜歴史を創った芸術家たち〜(BS-TBS、2013年10月2日 - ) - 司会

外部リンク[編集]