An-124 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

An-124 ルスラーン
Ан-124 «Руслан»

An-124-100 ルスラーン

An-124-100 ルスラーン

An-124 ルスラーンウクライナ語Ан-124 «Руслан»アーン・ストー・ドヴァーッツャチ・チョトィールィ・ルスラーンロシア語Ан-124 «Руслан»アーン・ストー・ドヴァーッツァチ・チトゥィーリェ・ルスラーン)は、ソ連のアントノフ設計局(ОКБ имени О.К.Антонова 現在はウクライナO・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体(ANTKアントーノウ))が開発した量産された機体としては世界最大の輸送機である。

ウクライナやロシアでは前述したルスラーンの愛称で親しまれている一方、北大西洋条約機構(NATO)がつけたNATOコードネームコンドルCondor)であった。また、An-124をベースに開発された輸送機としてAn-225 ムリーヤがある。

概要[編集]

コックピット

機体設計[編集]

An-124は、実用輸送機としては世界最大であり、その最大ペイロードは150t(民間向けのAn-124-100は120tに制限)にもおよぶ。主翼は軍用輸送機では一般的な高翼配置であるが、軍用ジェット輸送機としては珍しく水平尾翼はT字ではなく通常配置である。エンジンターボファンエンジンを主翼下に4基搭載している。操縦装置は油圧バックアップを備えたフライ・バイ・ワイヤ方式で、機体構造には複合材が多用されている。

コックピットには6名の搭乗員(操縦士2名、航空機関士2名、航法士1名、通信士1名)が座り、その後部にある上部デッキには88人分の座席を取り付けられる。胴体の前後にカーゴドアを備えた貨物室には、重量物を扱うために3,000kg容量の2連ウインチと10,000kg容量の可動式クレーン2基を備える。貨物積み下ろし時に機首上げ/下げ姿勢が取れるように、主脚は脚柱を縮めることができる。

開発[編集]

ソ連は、高バイパス比大出力ターボファンエンジンの開発が西側より遅れていた。1970年代後半にエンジンの開発が成功したことにより、アメリカC-5 ギャラクシー級を目指した大型輸送機の開発が行われるようになった。An-124はAn-22の後継機として開発され、前任機より大きな輸送力とより優れた飛行性能を持っていた。

初飛行は1982年。西側諸国へは1985年パリ航空ショーで披露され、1986年にはアエロフロート航空などへの納入が開始された。1992年にはロシア連邦航空委員会がAn-124-100に民間形式証明を付与した。生産はソ連崩壊によって一時的に中断されたが、その後も低い生産率で生産が続けられ、1999年までに58機が生産されたと伝えられる。

2000年以降、ウクライナキエフにあるアヴィアーント・キエフ国立航空機工場では既存のAn-124-100をAn-124-100Mに近代化改修する作業が行われている。この型では西側製の新型電子機器を搭載し、搭乗員を航法士と通信士を省いた4名に削減した。他にもいくつか改修型が計画されており、その中にはエンジンを西側製のゼネラル・エレクトリック CF6に変更したAn-124-200というモデルも存在する。ロシアでは需要の増加を理由に今後An-124の改良型の新規生産を決定していたが、2010年に撤回し既存機をオーバーホール後An-124-100M-150にアップグレードすることを決定した[1]。アップグレードはウリヤノフスクにあるアビアスター SP(en)によって行われる。しかし、ウクライナ危機の影響でアントノフ社からのサポートが停止しこの作業は停滞している[2]

運用[編集]

現在では旅客機ベースの輸送機では対応できない超大型貨物の運搬機としても活用されており、ソ連崩壊後は西側でもその大搭載量を利用したビジネスが活発である。超大型輸送機はあまり種類がないことから、一時は西側の航空会社でもイギリスのヘヴィーリフト航空などが運航していた時期があった。

日本では1999年広島電鉄5000形電車(グリーンムーバー)の輸送や、2003年自衛隊イラク派遣の物資輸送を請け負ったほか、2011年には福島第一原子力発電所事故における注水活動に使う70m級コンクリートポンプ車(約60トン)のドイツからの輸送などの実績がある。また、不整地での優れた離着陸能力を生かし南極などへ物資を運ぶ際にも使用されている。その他、パキスタンへの国際緊急援助活動で、陸上自衛隊CH-47を運搬[3]するなど、災害救助のためのヘリ輸送においても、その輸送能力が活用されている。

アメリカではNASAがロケットや人工衛星、国際宇宙ステーションのコンポーネント輸送に利用する他、アメリカ軍も物資輸送のためにチャーターすることがあり、日本国内の在日米軍基地への飛来も時折り観察されている。

しかし、ロシアではウクライナ危機によって製造元のアントノフのサポートを得られなっており、安全性に影を落としている[2]。そのため、ロシアでは後継機として2016年からペイロード80t級の超大型輸送機「エルマーク」の開発を開始する予定で、2024年の量産開始を見込んでいる[4]

愛称[編集]

愛称の「ルスラーン」は、アレクサンドル・プーシキンの書いた詩『ルスラーンとリュドミーラ』("Руслан и Людмила")や、それをもとにウクライナと関係の深いミハイル・グリンカが作曲をした同名の歌劇の主人公の名前が愛称の由来であるとも言われるらしいが、これらの作品の元になった昔話の主人公である騎士の名に由来を求める方が普通である。キエフ大公国時代を舞台とするこの説話では、悪魔にさらわれた大公の娘リュドミーラを助け出し、騎士ルスラーンは姫との結婚を勝ち取る。

なお、「ルスラーン」はウクライナ人ロシア人などの一般的な男性の名前で、トルコ語系の名前と言われており、ロシア語風に直すと「レフ」(Левリェーフ)となる。現代でも多く見られる名前であり「獅子」を意味する。一方、「リュドミーラ」(ウクライナ語では「リュドムィーラ」)は女性の名前で、スラヴ系の名前であり、「人々に愛される」などを意味する。こちらも、現代も多く見られる名前である。


派生型[編集]

Am-124-100
Am-124-100M-150
An-124
基本型。
An-124-100
民間型。ペイロードは120tに減少している。
An-124-100M
An-124-100の近代化改修型。西側製の新型電子機器を搭載し、搭乗員を航法士と通信士を省いた4名に削減した他、衝突回避警報システムなどを搭載。エンジンは騒音の少ないD-18Tシリーズ3となった。
An-124-100M-150
An-124-100の近代化改修型。エンジンをD-18Tシリーズ4に換装し、120tに制限されていたペイロードを150tに戻したもの。
An-124-102
An-124-100M-150の搭乗員数を3名まで減らし、コックピットEFISを導入した型。
An-124-130
提案のみ
An-124-135
提案のみ
An-124-150
提案のみ
An-124-200
エンジンゼネラル・エレクトリック製のCF6-80C2に変更した型。
An-124-210
エアバス A400M配備までの繋ぎとなる戦略輸送機を欲したイギリス空軍に提案された、ロールスロイス製のRB211-524H-Tエンジンとハネウェル製のアビオニクスを搭載した型。C-17A グローブマスターIIIに敗れ不採用。
An-124-300
ロシア空軍向けの新造機。エンジンを強化し、新型アビオニクスを搭載。APUなどの各種コンポーネントも新型のものが搭載される。ペイロードは150t。計画中止。
An-124-KC
旅客機型。
An-124-FFR
消防機型。

要目[編集]

Antonov 124.svg

航続距離[編集]

An-124-100 Аn-124-100М-150
0t 15,000km
10t 14,125km
20t 13,250km
30t 12,375km
40t 11,500km
72t 8,700km
90t 7,125km
92t 7,500km
97t 6,495km
104t 5,900km
108t 5,550km
113t 5,925km
120t 4,500km 5,400km
122t 5,200km
150t 3,200km

採用国[編集]

軍事用[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

ロシアの旗 ロシア

民間用[編集]

現在、合計26機が民間用として運用されている。

運用航空会社 運用中 発注中
ロシアの旗 ヴォルガ・ドニエプル航空 10 5
ウクライナの旗 アントーノウ航空 7 0
ロシアの旗 ポリョート航空 6 5
リビアの旗 リビア・アラブ・エア・カーゴ 2 0
ウクライナの旗 アヴィアーントアラブ首長国連邦政府が運用) 1 0

登場作品[編集]

映画
007の敵役である北朝鮮将軍の息子と対決する場面がAn-124の機内という設定(撮影ではIl-76が使用された)。北朝鮮が同機種を導入したことは無いが、民間機なのでチャーターは可能。
ゲーム
キャンペーンの終盤で、スカラー兵器を搭載して登場。最終的にマーロウ達の手によって墜落してしまう。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Russian Ministry of Defense acknowledges that the resuming of An-124-300’s production makes no sense
  2. ^ a b “(世界発2014)ロシアの主翼、視界不良 世界最大の量産貨物機「ルスラン」”. 朝日新聞. (2014年9月9日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S11340651.html 2014年11月1日閲覧。 
  3. ^ 陸自、パキスタン洪水支援 きょう仙台出発
  4. ^ WSI DAILY 2014/11/6 ロシアの戦略核演習と新超大型輸送機計画

外部リンク[編集]