コーチ (インド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーチ
Kochi
上から時計回りに: 海岸沿いの道路、Parikshith Thampuran Museum、Oberon Mall、Chinese Fishing Nets、Vismaya Building in Infopark
座標: 北緯9度58分37秒 東経76度16分12秒 / 北緯9.97694度 東経76.27000度 / 9.97694; 76.27000
インドの旗 インド
ケーララ州
面積
 - 総面積 98.88km2 (38.2mi2)
 - 都市部 220km2 (84.9mi2)
人口 (2011年)
 - 総人口 601,574[2]
 - 人口密度 6,084人/km² (15,757.5人/mi²)
 都市部 2,118,000[1]
等時帯 IST (UTC+5:30)
ウェブサイト http://www.corporationofcochin.net/

コーチ英語: Kochi)は、インド南部のケーララ州の都市でインドの主要産業都市である。以前はコーチン (Cochin) と呼ばれた。

日本語表記としては、コチ、コッチとも。2011年現在の人口は60万人だが[2]都市的地域まで含んだ人口は212万人に達する[1]

南インドの重要な貿易港を有する。主要産業は観光、建設、肥料・化学など製造、造船等多岐にわたる。ケーララ州唯一の株式市場、南インド海軍司令部とインド最大規模の製油所がある。

歴史[編集]

14世紀からアラビア海に面する重要な港町として主に香料貿易で栄えた。1503年、ポルトガルによって占領され、欧州初のインド植民地となった。ヴァスコ・ダ・ガマは3度目のインド洋航海で1524年12月にこの地で病死した。1530年にゴアへと拠点が移ったが要塞としての役目は続いた。その後、オランダマイソール王国イギリスなどの支配を受けた。

写真[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Demographia World Urban Areas - 9th Annual Edition (PDF)” (英語). Demographia (2013年3月). 2013年8月2日閲覧。
  2. ^ a b Provisional Population Totals, Census of India 2011 (PDF)” (英語). インド内務省. 2013年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]