アーグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
アーグラ
आगरा
آگرا
Agra
タージ・マハル廟
ウッタル・プラデーシュ州の位置を示したインドの地図
アーグラの位置
アーグラ
アーグラの位置
ウッタル・プラデーシュ州 とインド内)
測地系: 北緯27度10分48秒 東経78度1分12秒 / 北緯27.18000度 東経78.02000度 / 27.18000; 78.02000
インドの旗 インド
ウッタル・プラデーシュ州
行政区 アーグラ県英語版
人口
密度
都市圏
1,574,542[1] (2011年現在)
8,357 /km2 (21,645 /sq mi)
1,746,467[2]
標準時 IST (UTC+5:30)
面積
海抜
188.40 km2 (73 sq mi)
171 m (561 ft)
公式サイト agra.nic.in
アーグラ城塞
アーグラ城塞から眺めたタージ・マハル

アーグラヒンディー語: आगराウルドゥー語: آگراアーグラー英語: Agra アーグラ)はインドウッタル・プラデーシュ州に属する都市。同州最大の都市で、2011年現在の人口は約157万[1]アーグラーアグラとも表記する。世界遺産に登録されているタージ・マハル廟、アーグラ城塞があることで知られる。

地勢・産業[編集]

ガンジス川最大の支流であるヤムナー川沿いに位置する都市で、古代より交通の要所として発展した。周辺地域における政治、経済、文化の中心。世界遺産にも定められているタージ・マハルなど多くの観光名所があり、多くの観光客が訪れる。近隣の都市としては、約180キロ北にデリー、220キロ西にジャイプル、300キロ東にラクナウが位置している。

歴史[編集]

古代叙事詩の『マハーバーラタ』において、アグラヴァナ(अग्रवन:「前方の森」の意)と表記されていた。3世紀プトレマイオスが制作した世界地図にも、その位置が記されている。1475年頃に、ラージャ・バダル・シングによって現代のアーグラとなる都市が設立された。

16世紀初頭、最後のデリー・スルターン朝であるローディー朝がこの地に都をおいた。ローディー朝を倒して1526年ムガル帝国が建てられるが、その3代皇帝であるアクバルの時代に都として定められた。5代皇帝のシャー・ジャハーンは、愛妃ムムターズ・マハルの死を嘆き、この街にタージ・マハル廟を建てた。

19世紀よりイギリスの支配下に入り、植民地統治の拠点の一つとなる。1927年にはアーグラ大学が建てられた。

観光[編集]

世界的に知られるタージ・マハルのほか、ムガル帝国3代皇帝のアクバルが建てたアーグラ城塞ファテープル・シークリーと3つのユネスコ世界遺産に登録された遺跡がある。

交通[編集]

アーグラ出身の著名人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]