チンギスハーン国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チンギスハーン国際空港
Чингис хаан олон улсын нисэх онгоцны буудал
Chinggis Khan International Airport.jpg
IATA:ULN-ICAO:ZMUB
ULNの位置
ULN
モンゴル国内における位置
概要
国・地域 モンゴルの旗 モンゴル
設置場所 ウランバートル
空港種別 民間
運営者 国営
運営時間 24時間
標高 1,330 m・4,634 ft
位置 北緯47度50分35秒
東経106度45分59秒
座標: 北緯47度50分35秒 東経106度45分59秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
14/32 NO 3,100×60 舗装
15/33 NO 1,999×40 芝生
リスト
空港の一覧

チンギスハーン国際空港モンゴル語: Чингис хаан олон улсын нисэх онгоцны буудал英語: Chinggis Khaan International Airport)は、モンゴルの首都・ウランバートルから南に10km程の位置にある国際空港である。MIATモンゴル航空フンヌ・エア拠点にしている。

概要[編集]

  • 2005年12月21日にモンゴル国建国800年を記念して、空港名がBuyant Ukhaa Airport(ボヤント・オハー空港)からChinggis Khaan International Airport(チンギスハーン国際空港)に名称変更となった。
  • 旅客取扱い数は年間48万人(2004年)。
  • 滑走路延長上に山岳地帯があり、常に滑走路の北方向からの離着陸となっている。また、天候不順による影響も受けやすく、就航率は最も低い月で約75%となっている。
  • そのため、日本から288億円の円借款を受けて、現在より南方約40kmの地点(ズーン・モド地点)に3,600m滑走路を有する新空港を建設する計画が決まっている。

就航都市[編集]

国内線[編集]

国際線[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MIATモンゴル航空、ウランバートル/エレンホト線に就航 FlyTeam 2013年8月31日付
  2. ^ モンゴルのフンヌ・エアー、ウランバートル/バンコク線に就航へ flyteam

外部リンク[編集]