MIATモンゴル航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MIATモンゴル航空
MIAT Mongolian Airlines
IATA
OM
ICAO
MGL
コールサイン
Mongol Air
設立日 1954年
ハブ空港 チンギスハーン国際空港
マイレージサービス MIAT Mileage Program
保有機材数 6機(追加で2機を発注済み)
就航地 9都市
本拠地 ウランバートル
代表者 Baltav Tsogoo (CEO)

MIATモンゴル航空(MIATモンゴルこうくう、MIAT Mongolian Airlinesモンゴル語: Монголын Иргэний Агаарын Тээвэр)は、首都ウランバートルを本拠地としている、モンゴル国の国営航空会社であり、「MIATモンゴル国営航空」という名称であったが、1993年に民営化している。

歴史[編集]

MIATモンゴル航空のエアバスA310ベルリン

MIATモンゴル航空は、アエロフロート・ロシア航空からの支援を受けて設立され、1956年7月7日に運航を始めた。この航空会社は、総従業員数1,034名を雇用している。長らくモンゴル国内だけで就航していたが、1986年に国際線を初めて開設した。

拠点としているチンギスハーン国際空港から国際線定期便サービスを運航している。

サービス[編集]

座席クラスはビジネスクラスの「ブルースカイ」とエコノミークラスの2種類。リコンファーム(予約再確認)が必要な航空会社なので、利用の際には注意が必要である。

路線[編集]

モンゴルの旗 モンゴル

日本の旗 日本

韓国の旗 韓国

中華人民共和国の旗 中国

香港の旗 香港

ドイツの旗 ドイツ

ロシアの旗 ロシア

2011年6月現在[2]

保有機材[編集]

MIATモンゴル航空のボーイング737-800

MIATモンゴル航空の機材は以下の航空機で構成される(2013年4月現在)

なお767のうちJU-1011と1012はもと中国東方航空の中古機材でエンジンはRR製、JU-1021は新規発注機材でエンジンはGE製である。また唯一MIATに割り振られたボーイングの顧客番記号(カスタマーコード)「4G」を名乗る機材でもある。一方737はEI-CSGがライアンエアーの中古、EI-CXVが新規発注機材(ただしリース)である。

発注済み

  • ボーイング737-800型機 2機


脚注[編集]

外部リンク[編集]