仁川空港磁気浮上鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁川空港磁気浮上鉄道のリニアモーターカー

仁川空港磁気浮上鉄道(インチョンくうこうじきふじょうてつどう)は、仁川国際空港 - 龍游間の6.1kmを運行する予定の磁気浮上式鉄道である。運営は仁川交通公社が行う予定。

概要[編集]

都市型磁気浮上式鉄道実用化事業によって建設が行われており、開業は2014年7月を予定している[1]。事業費は、技術開発の費用が800億ウォン、建設費が3150億ウォンである。建設費は韓国政府が69%、仁川広域市が6%、仁川国際空港公社が25%負担しており、鉄道敷地は仁川国際空港公社が提供している。

路線データ[編集]

  • 路線距離:6.1km(うち営業区間5.6km)
  • 方式:常電導吸引型磁気浮上式
  • 駅数:6駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 最高速度:110km/h

歴史[編集]

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km) 接続路線
日本語 ハングル 英語
M01 仁川国際空港駅 인천국제공항역 Incheon Int'l Airport 0.0 0.0 KORAIL空港鉄道 (A10)
M02 長期駐車場駅 장기주차장역 Long Term Parking  
M03 管理棟駅 합동청사역 Administration Complex  
M04 国際ビジネスセンター駅 국제업무단지역 Int'l Business Center  
M05 ウォーターパーク駅 워터파크역 Water Park  
M06 龍游駅 용유역 Yongyu 5.6 KORAIL空港鉄道 (龍游車両基地駅・未開業)

脚注[編集]

  1. ^ 韓国初のリニア公開 仁川空港で7月開通
  2. ^ (朝鮮語)인천공항 자기부상철도 명칭 공모 당선작 발표(仁川空港磁気浮上鉄道 路線名公募当選作品発表)

関連項目[編集]