チェコ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェコ航空
České aerolinie, a.s.
IATA
OK
ICAO
CSA
コールサイン
CSA Lines
設立日 1923年
ハブ空港 ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港
マイレージサービス OK Plus
会員ラウンジ CSA Crystal Lounge
同盟 スカイチーム
保有機材数 33機
就航地 59都市
本拠地 チェコプラハ
代表者 ミロスラフ・ドヴォジャーク
(取締役社長)

チェコ航空チェコ語: České aerolinie略語 : ČSA英語: CSA Czech Airlines略語 : CSA)は、チェコプラハを本拠地とする航空会社である。旧チェコスロバキア国営航空(ČSA)を前身とするチェコのフラッグ・キャリアである。ハブ空港はプラハ・ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港 (Letiště Václava Havla Praha、PRG/LKPR) 。航空連合スカイチーム」の一員で、ヨーロッパ各地及び北米アジア中東北アフリカ方面への路線を持ち、年間輸送実績は約200万人。マイレージサービス「"OK Plus"」を行っている。

本社があるルズィニエ国際空港のAPCビル

歴史[編集]

旧・チェコスロバキア航空のイリューシン62型機1972年、アテネ国際空港)

チェコスロバキアでは第一共和国建国直後の1920年に2つの民間航空会社が誕生し、遊覧飛行を中心に人員・物資輸送も行っていた。両社は1922年にチェコスロバキア航空株式会社(Čs.L.A.S., Československá letecká akciová společnost)として合併したものの、翌1923年に倒産した。

このためチェコスロバキア政府は1923年7月17日、公共事業省が運営する国営の事業体、チェコスロバキア国営航空(ČSA, Československé státní aerolinie)の設立を閣議決定し、同年10月6日にプラハ・クベリ空港(Letiště Praha-Kbely、現・軍用)を本拠地に発足した。

同年10月28日のチェコスロバキア共和国建国5周年に国内メーカー、アエロ・ヴォドホディ社製A-14型複葉機でクベリ空港周辺を周回する初飛行を行い、翌29日からA-14型機によるプラハ-ブラチスラヴァ間で旅客輸送が始まった。1930年にはプラハ-ブラチスラヴァ線をザグレブまで延長する形で国際線の運航も開始したが、1939年にナチス・ドイツによるチェコスロバキア併合で第二共和国政府が解体されたため運休した。

第二次世界大戦が終結した1945年、チェコスロバキア国営航空は交通省所管の国営事業として復活したが、チェコスロバキア共産党による国内産業国有化の一環で、国営事業も国営会社(Národní podnik)化され、チェコスロバキア国営航空会社(Československé státní aerolinie, n.p.)に転換した。

東西対立が深刻になる国際情勢を反映して西ヨーロッパ及び中東方面の路線の運航を打ち切る一方、ソ連製の機材への更新を進めた。1950年には鉄のカーテンを越えて西側への政治亡命を求める乗客によって、3機が相次いでハイジャックされる事件が発生した。

一方、1957年にはTu-104A型機の引渡しを受け、ジェット機による旅客便を運航する世界で最初の航空会社の1つとなった。また1962年2月3日にはハバナへの大西洋横断線の運航を開始し、東側諸国を結ぶ路線の開拓を推し進めた。また1960年代後半にはイリューシン18D型機によるモントリオール線、ニューヨーク線の運航も開始した。

チェコスロバキアでは民主化後の1990年から経済の自由化が本格化し、国営企業の民営化が推進された。チェコスロバキア国営航空は1992年8月に資本金27億コルナで株式会社に転換し、チェコスロバキア航空株式会社(ČSA, Československé aerolinie, a.s.)に商号を変更。さらにチェコスロバキアの連邦制解消後の1995年5月にチェコ航空株式会社に商号を再び変更した。

2005年1月現在の従業員数は4,411名。2008年現在の出資比率はチェコ財務省(Ministerstvo financí České republiky)が92%を占めているが、財務省は株式の民間売却による完全民営化を行うことにしており、2009年3月に行った入札ではチェコの民間チャーター航空会社Travel Service・Unimex連合、エールフランスKLMオランダ航空連合、Darofan(アエロフロート・ロシア航空グループ)など4コンソーシアムが応募した。

2013年4月に大韓航空がEU外からの出資限度44%を取得し、事実上の筆頭株主となった。

日本への直行便は就航していないが、仁川国際空港から日本各地への大韓航空運航便においてチェコ航空とのコードシェアを実施している。

就航都市[編集]

保有機材[編集]

旧塗装のボーイング737-400型機
航空機サイズによる分類(2011年11月現在)
航空機 機数 種別
エアバスA319-100型機 9 小型機
エアバスA320-200型機 10 小型機
エアバスA321-200型機 2 小型機
エアバスA330型機 0 中型機
2013年夏季ダイヤから導入
ボーイング737-500型機 5 小型機
2013年冬季ダイヤをもって退役
ATR 72-500型機 3 小型機
ATR 42-500型機 4 小型機

チェコ航空保有機材の平均機齢は2011年11月現在で8.5年である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]