ダマスカス国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダマスカス国際空港
مطار دمشق الدولي
Damascus International Airport
Damascus International Airport.jpg
IATA: DAMICAO: OSDI
概要
空港種別 軍民共用
運営者 Directorate General of Civil Aviation
所在地 ダマスカス
拠点航空会社 シリア・アラブ航空
標高 2,020 ft / 616 m
座標 北緯33度24分41.48秒 東経36度30分56.01秒 / 北緯33.4115222度 東経36.5155583度 / 33.4115222; 36.5155583座標: 北緯33度24分41.48秒 東経36度30分56.01秒 / 北緯33.4115222度 東経36.5155583度 / 33.4115222; 36.5155583
地図
DAM/OSDIの位置(シリア内)
DAM/OSDI
DAM/OSDI
空港の位置(シリア)
滑走路
方向 全長 表面
ft m
05R/23L 11,811 3,600×45 舗装
05L/23R 11,805 3,598×45 舗装
出典:DAFIF[1]

ダマスカス国際空港: مطار دمشق الدولي‎、: Damascus International Airport)とは、シリア・アラブ共和国の首都、ダマスカスにある国際空港シリア・アラブ航空の本拠地で、1970年代半ばに開港した。

就航路線[編集]

航空会社 就航地
アエロフロート・ロシア航空 モスクワ(シェレメーチエヴォ)
アルジェリア航空 アルジェ
エア・アラビア シャールジャ
エールフランス パリ(シャルル・ド・ゴール)
アリタリア-イタリア航空 ローマ(フィウミチーノ)
オーストリア航空 ウィーン
Bahrain Air バーレーン
bmi ロンドン(ヒースロー)
カスピアン航空 テヘラン
シャーム・ウィングス航空 アンタルヤバグダードイスタンブル(サビハ・ギョクチェン)キエフ、マルメ、ナジャフ、シャルム・エル・シェイク
コンビアサ航空 カラカステヘラン
キプロス航空 ラルナカ
チェコ航空 プラハ
エジプト航空 カイロ
エミレーツ航空 ドバイ
エラム航空 テヘラン
エティハド航空 アブダビ
フライドバイ ドバイ
Germania ベルリン(テーゲル)デュッセルドルフミュンヘン
ガルフ・エア バーレーン
イベリア航空 マドリード [季節運航]
イラン航空 テヘラン
イラク航空 バグダードバスラ
Jazeera Airways クウェート
キーシュ航空 テヘラン
クウェート航空 クウェート
リビア航空 ベンガジ、トリポリ
マーハーン航空 マシュハドテヘラン
マレーヴ・ハンガリー航空 ブダペスト
ミドル・イースト航空 ベイルート
Nas Air リヤド
カタール航空 ドーハ
ロイヤル・ヨルダン航空 アンマン
Sama Airlines ジッダリヤド
サウジアラビア航空 ジッダリヤド
スーダン航空 ハルツーム
シリア・アラブ航空 アブダビアレッポアルジェアムステルダムアテネベイルートベルリン(シェーネフェルト)ブリュッセルブカレストカイロコペンハーゲン、ダンマーム、Deir el Zor、ドーハドバイフランクフルトジッダ、Kameshli、ハルツームラルナカ、ラタキア、ロンドン(ヒースロー)マドリード、マルセイユ、ミラノモスクワ(ヴヌーコヴォ)パリ(オルリー)リヤドローマ(フィウミチーノ)シャールジャストックホルム(アーランダ)テヘラントリポリウィーン
Syrian Pearl アレッポ、Deir El Zor、Kameshli
チュニスエア チュニス
トルコ航空 イスタンブル(アタテュルク)
トルコ航空
運航はAnadoluJet
アンカラ
Wataniya Airways クウェート
イエメニア サヌア

空港へのアクセス[編集]

ダマスカス市街まで約20kmに位置し、主な交通機関はバスやタクシーである。

シリア騒乱[編集]

2011年より発生したシリア騒乱では、しばしば反政府勢力の攻撃目標となっている。2012年11月、市内と空港を結ぶ幹線道路で交戦が活発化したことから、同月29日、エジプト航空とエミレーツ航空が乗り入れを中止した[2]。同年12月7日、反政府側は、空港が戦闘地帯になったとの声明を出している[3]

脚注[編集]

  1. ^ World Aero Dataによる 空港情報 (OSDI)
  2. ^ “シリア全土でネット不通、政府軍が反体制派に攻勢”. AFPBB News (フランス通信社). (2012年11月30日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=1543806 2012年12月8日閲覧。 
  3. ^ “「首都空港は戦闘地帯」=シリア反体制派”. 時事通信社 News. (2012年12月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201212/2012120701008 2012年12月8日閲覧。 

外部リンク[編集]