ATR 42

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ATR 42

チェコ航空のATR 42

チェコ航空のATR 42

ATR 42フランスイタリア航空機メーカーが合弁事業で興したATR製のターボプロップ双発旅客機である。42は標準の42席(ピッチ81cm)を意味する。

概要[編集]

1984年8月16日に初飛行。1985年12月3日に通算4号機がフランスのエールリトラル(英語版)に引き渡され、同年12月9日に路線に初就航している。現在も改良が続けられ、世界各国の航空会社で運用されている。また、ATR 42の胴体・主翼を拡大したモデルにATR 72がある。

胴体は円形断面で客室内の最大幅は2.57m、全長が13.85m、最大高が1.91mある。主翼は高翼配置で低翼機に比べ客室からの眺めはよい。客室は旅客の昇降扉が機体後方左側にあり、機体後方右側には機体後部にまとめられているギャレー洗面所などに物品を出し入れするサービスドアを装備する。また、貨物室は機体前方にあり、機体前方左側にその貨物室への1.27 m X 1.28 mの大型カーゴドアを装備している。

降着装置は全てダブルタイヤ装備で油圧により格納される、主脚は胴体に取り付けられた収納バルジに格納されるが、格納扉は装備されていない為、飛行中は主脚タイヤ側面はむき出しの状態である。

貨物機として専用コンテナなら9台、LD-3なら5台搭載可能。前述の機体前方左側にある大型カーゴドアを利用でき、改修の必要がないためフェデックスなどの貨物航空会社で多く運用されている。

開発[編集]

フランスのアエロスパシアルとイタリアのアエリタリア(現アレーニア・アエロナウティカ)は1980年代初めに40席クラスの輸送機計画をそれぞれ持っていてアエロスパシアルはAS35、アエリタリアはAIT230という名で研究を行っていたがこの2機種はほとんど同じクラスの機体計画だったため、統合し共同作業を行うことで協議し、1980年7月に協定が成立し、開発に着手したものである。

タイプ[編集]

ATR42は以下の主要な六種類のタイプが流通。

ATR 42-200
ATR 42の試作機で数機だけ作成された機体。エンジンはPW120で出力が2,000 shp。
ATR 42-300
最大離陸重量を引き上げ1996年から製作された基本生産型。
ATR 42-320
エンジンをPW121(出力2,100 shp)へ換装し、離陸重量の引き上げ及び高温高地性能強化を行った型。最大離陸重量は300型から変わっていないがエンジン重量が増加している為、搭載量が減らされている。
ATR 42-400
200/300/320型のエンジンに六枚のプロペラを装着した型。
ATR 42-500
搭載量を増大し、離着陸性能と操縦性を向上させ、エンジンはPW127E(出力2,400 shp)を搭載した型。アビオニクス機器を更新してICAOの設定するCATⅡのILS進入能力を使用できる。
ATR 42-600
2007年6月に発表された最新の改良機種。エンジンをPW127Mへ換装し、500型よりアビオニクス機器を更新しCATⅢのILS進入能力を付与、液晶画面への交換によるグラスコックピット化が行われる。室内も改良され、LED照明を採用。2010年3月に初飛行に成功し、2012年11月、タンザニアプレシジョンエアへ初めて引き渡された。

スペック[編集]

[1] [2]

ATR 42-200 ATR 42-300 ATR 42-320 ATR 42-500 ATR 42-600
運航乗務員 2
座席数 42-52
全長 74 ft 5 in (22.67 m)
全幅 80 ft 7 in (24.57 m)
全高 24 ft 11 in (7.59 m)
翼面積 587 ft² (54.5 m²)
主翼アスペクト比 11.1:1[3]
ホイールベース 28.8 ft (8.78 m)
キャビン長 45.4 ft (13.85 m)
自重 23,148 lb
(10,500 kg)
24,802 lb
(11,250 kg)
最大離陸重量
(MTOW)
34,280 lb
(15,550 kg)
37,258 lb
(16,900 kg)
37,258 lb
(16,900 kg)
41,005 lb
(18,600 kg)
巡航速度 267 knots (494 km/h) (巡航高度時) 299 knots (554 km/h) (巡航高度時) 300 knots (556 km/h) (巡航高度時)
航続距離 480 nmi (885 km) 840 nmi (1,555 km) 842 nmi (1,560 km)
最大燃料容量 1,486 US gal (5,625 L)
実用上昇限度 25,000 ft (7,600 m)
エンジン (×2) プラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW100 Pratt & Whitney Canada PW121 Pratt & Whitney Canada PW127E Pratt & Whitney Canada PW127M

日本における動き[編集]

天草エアライン[編集]

使用しているデ・ハビランド・カナダ DHC-8-Q100型機が、2014年ごろには整備費が大幅に増加する時期を迎えるため、機材更新の検討に入り、整備費の抑制と新規集客などの選択肢として、2015年度中の購入を目指し、ATR 42を候補に導入検討が進められた。熊本県天草市長の安田公寛は、「県と協議はするが、天草市単独でも購入する覚悟がある」と話し、購入に伴う約21億円の財源には合併特例債の基金を検討していた[4]

2014年5月、天草エアラインはATR 42-600(48人乗り)を2016年1月に新規購入の上で導入する方針を明らかにし[5]、筆頭株主である熊本県に機体購入費用の一部負担を要望したが、知事蒲島郁夫は購入費の県負担を否定。地元だけで機体を購入した場合でも、天草飛行場の運営を含む運航経費の実質的な負担割合は、2014年から15年間で熊本県が75%、天草市上天草市天草郡苓北町の2市1町は25%との試算を示し、理解を求めた[6]

その後の同年7月22日、天草エアラインはノルディック・アビエーション・キャピタル社との間でATR 42-600のリース契約を締結した。引き渡しは2015年第4四半期(10月~12月)の予定。姉妹機のATR 72を導入予定だったリンクが就航前に破産したため[7]、天草エアラインが日本で初めてATR機を運航する航空会社となる[8]

オリエンタルエアブリッジ[編集]

保有している2機のDHC-8-Q200型機が2019年2020年に構造需要を迎え、2016年には更新機材の方針を決定する必要があるが、ボンバルディアでは同型機の製造を既に中止しているため、更新機材の有力な候補としてATR 42に絞り、導入検討を進めている事が報じられた[9]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "ATR 42?500". ATR. Retrieved 8 November 2010.
  2. ^ ATR 42-600”. ATR. 2012年11月27日閲覧。
  3. ^ Jackson 2003, pp. 224?225.
  4. ^ 天草エアライン、機体更新を検討 候補に仏機”. くまにちコム/熊本日日新聞 (2012年12月12日). 2012年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  5. ^ 仏製新機体、16年1月に導入方針 天草エア”. くまにちコム/熊本日日新聞. 2014年5月20日閲覧。
  6. ^ 地元2市1町が全額負担へ 天草エア新機体購入”. くまにちコム/熊本日日新聞 (2014年5月26日). 2014年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  7. ^ 就航準備中のリンク、自己破産申請へ 約22億円調達できず 負債9億円”. フライチーム (2013年12月10日). 2014年7月29日閲覧。
  8. ^ 天草エアライン、日本初のATR 42-600を導入 引き渡しは2015年末”. フライチーム (2014年7月23日). 2014年7月28日閲覧。
  9. ^ オリエンタルエアブリッジ、ATR42型の導入検討 16年に更新機方針 19年~20年に現有機構造寿命で”. 旅行業界・航空業界 最新情報 − 航空新聞社 (2013年12月11日). 2014年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]