ブラチスラヴァ空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミラン・ラスチスラウ・
シュテファーニク空港
Letisko
Milana Rastislava Štefánika
Bratislava airport.jpg
BTS airport 7.jpg
IATA:BTS-ICAO:LZIB
概要
国・地域 スロバキアの旗 スロバキア
設置場所 ブラチスラヴァ市
空港種別 商業
運営者 M・R・シュテファーニク空港=
エアポート・ブラチスラヴァ
株式会社
運営時間 24時間
標高 133 m・436 ft
位置 北緯48度10分12秒
東経17度12分45秒
座標: 北緯48度10分12秒 東経17度12分45秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
04/22 I 2,900×60 舗装
13/31 IIIA 3,190×45 舗装
リスト
空港の一覧

ミラン・ラスチスラウ・シュテファーニク空港(スロバキア語:Letisko Milana Rastislava Štefánika、英語:Milan Rastislav Štefánik Airport)は、スロバキア首都ブラチスラヴァ市にある国際空港。旧称はブラスチラヴァ・イヴァンカ空港(Letisko Bratislava - Ivanka)で、ブラチスラヴァ空港(Letisko Bratislava / Bratislava Airport)とも呼ばれる。

概要[編集]

ブラチスラヴァ-ニューヨーク線が就航した1970年に運用を開始した旧Aターミナル(2010年運用終了)
Aターミナルに代わって2010年に運用を開始したA1ターミナル

空港名は第一次世界大戦時のスロバキア人軍人で、1919年にブラチスラヴァ近郊で搭乗のイタリア軍機が墜落して死亡したミラン・ラスチスラウ・シュテファーニクにちなむ。空港ターミナルはブラチスラヴァ中心部から北東9キロメートルのブラチスラヴァ2区ルジノフ街区にある。空港区域はルジノフ街区、ウラクニャ街区および両街区に隣接するセネツ郡イヴァンカ・プリ・ドゥナイ村、モスト・プリ・ブラチスラヴェ村にまたがり、区域面積は4.77平方キロメートル。M・R・シュテファーニク空港=エアポート・ブラチスラヴァ株式会社(BTS, Letisko M. R. Štefánika - Airport Bratislava, a.s.)が運営する。空港から1時間圏内にウィーンオーストリア)、ブルノチェコ)、ジェールハンガリー)の各都市を擁する。

現空港から3キロ北方のヴァイノリ街区にあった旧ブラチスラヴァ・ヴァイノリ飛行場(Letisko Bratislava-Vajnory)を前身とし、1923年10月29日チェコスロバキア国営航空(ČSA)のアエロA-14型機によるチェコスロバキア初の民間定期航空路線(プラハ - ブラチスラヴァ)が就航した。プラハ発の初便はČSAのカレル・ブラベネツ(Karel Brabenec)が操縦し、乗客は新聞記者のヴァーツラフ・ケーニッヒ(Václav König)1人だった。ヴァイノリ飛行場にはのちウィーンやクルージュ=ナポカルーマニア)、ブカレストへの国際線も就航した。

第二次世界大戦後の1947年、ヴァイノリ飛行場に代わる現空港の建設が計画され、1948年に着工。04-22番滑走路(長さ1,900メートル)と13-31番滑走路(同1,500メートル)の直交する2本の滑走路を持つブラチスラヴァ・イヴァンカ空港(Letisko Bratislava - Ivanka)として1951年に完成した。1970年に新しいAターミナルが完成し、同年5月にはイリューシンIl-62型機によるČSAのブラチスラヴァ - プラハ - アムステルダム - ニューヨーク線が就航した。さらに1980年代末に拡張工事が行われ、04-22番滑走路を2,900メートルに、13-31番滑走路を2,950メートルに延長した。

チェコスロバキアの連邦制解消後はスロバキア空港公社(Slovenská správa letísk)が運営し、1993年7月21日に現名称のミラン・ラスチスラウ・シュテファーニク空港に改称。1994年にBターミナルの運用を開始した。1997年には13-31番滑走路をICAOILSカテゴリーIIIAに適合させる改修が行われ、同滑走路を3,190メートルに延長。1998年3月に新管制塔の運用を開始した。

運営機関のスロバキア空港公社は2004年5月5日に株式会社化され、M・R・シュテファーニク空港=エアポート・ブラチスラヴァ株式会社に改組された。スロバキアのシェンゲン協定加盟にともない、2006年6月シェンゲン圏諸国発の国際線用に設けられた到着専用Cターミナルの運用を開始した。

空港利用客数は、1990年代にはわずか55キロしか離れていないウィーン国際空港との競合で減少したが、その後スカイヨーロッパ航空など国内航空各社の路線網拡大にともない、2007年には年間200万人を突破し、2008年には221万8545人に達した。老朽化と利用客の急増に対応するため、Aターミナルに代わる出発専用A1ターミナルが建設中で、一部は2010年6月28日から暫定運用を始めた。

空港会社は2012年3月予定のA1ターミナル完成によって、年間500万人の利用が可能になるとしているが、世界的な不況の影響で、本空港を拠点空港とするスカイヨーロッパ航空、シーグル・エアーエア・スロバキアの国内航空大手が2009年以降相次いで倒産。同年の年間利用客数は171万人にとどまった。

空港施設[編集]

滑走路[編集]

  • 13-31番滑走路 - 3,190m x 45m、ILSカテゴリー:IIIA
  • 04-22番滑走路 - 2,900m x 60m、ILSカテゴリー:I

旅客ターミナル[編集]

  • A1ターミナル(2010年運用開始)- 出発ターミナル(シェンゲン圏内着全便およびシェンゲン圏外着の一部便)
  • Bターミナル(1994年運用開始) - シェンゲン圏外発着国際線出発および到着ターミナル
  • Cターミナル(2006年運用開始) - シェンゲン圏内発国際線到着ターミナル

就航路線[編集]

定期便[編集]

(2010年現在、季節運航含む)

航空会社 目的地
チェコの旗チェコ航空 プラハ
スロバキアの旗ダニューブ・ウイングス 【国内線】コシツェ、ポプラト・タトリ
【国際線】バーゼルボローニャカターニア、ミラノ・ベルガモ、スプリトザダル
ポーランドの旗ユーロLOTLOTポーランド航空 ワルシャワ
アイルランドの旗ライアンエアー マラガアルゲーロアリカンテ、ミラノ・ベルガモ、バーミンガム、ボローニャ、バーリブリストルパリ・ボーヴェ、ローマ・チャンピーノ、ダブリンエジンバラ、バルセロナ・ジローナ、リヴァプールロンドン・ルートンストックホルム・スカブスタパルマ・デ・マリョルカピサロンドン・スタンステッドトラーパニ
イスラエルの旗サンドール国際航空 テルアビブ
チェコの旗スマート・ウイングス ケルキラ島

チャーター便[編集]

(2010年現在)

航空会社 目的地
ブルガリアの旗プルガリア・エア・チャーター ブルガスヴァルナ
スロバキアの旗セントラル・チャーター航空スロバキア アンタルヤ、ケルキラ島、イラクリオンフルガダカルパトス島コス島ミティリーニロードス島サントリーニ島シャルム・エル・シェイク、スキアトス、タバ、タバルカ、テッサロニキザキントス島
チュニジアの旗ノーベルエアー モナスティル
トルコの旗オヌール・エアー アンタルヤ
スロバキアの旗トラベル・サービス・スロバキア アガディール、アンタルヤ、ブルガス、カターニア、ハニア、ケルキラ島、ジェルバ島フエルテベントゥラ島、イラクリオン、フルガダ、イビサ島ケファロニア島カヴァラ、コス島、ラメーツィア・テルメラルナカラス・パルマス、マルサアラム、メノルカ島、モナスティル、ナポリオルビアパレルモ、パルマ・デ・マリョルカ、ロードス島、サル、シャルム・エル・シェイク、タバ、タバルカ、テネリフェ・スール
チュニジアの旗チュニスエアー モナスティル、タバルカ

貨物便[編集]

(2010年現在)

航空会社 目的地
ドイツの旗DHL航空(ヨーロッパ航空輸送) ライプツィヒ・ハレ、ソフィア
ポーランドの旗エクシン ライプツィヒ・ハレ

拠点空港としている航空会社[編集]

過去には以下の航空会社が拠点空港としていた。

事件・事故[編集]

  • 1919年5月4日 - チェコスロバキア軍団指導者の軍人でスロバキア人ミラン・ラスチスラウ・シュテファーニクが搭乗したイタリア軍の複葉機(カプロニCa.33)が着陸直前に墜落し、シュテファーニクら4人全員が死亡。イタリア軍機の国籍マークを色が似ている敵国ハンガリー軍のものと誤認したという友軍撃墜説、エドヴァルド・ベネシュトマーシュ・マサリクによる謀殺説がある。
  • 1966年11月26日 - 悪天候によるダイバートでブラチスラヴァ空港に寄港したソフィア東ベルリン行きブルガリア=ソビエト航空輸送会社(TABSO)101便(イリューシンIl-18D機体記号LZ-BEN)が31番滑走路離陸後、8キロ北方のブラチスラヴァ市ラチャ街区の森林地帯に墜落。乗員乗客85人全員が死亡。事故原因の調査をめぐりチェコスロバキアとブルガリアの外交問題に発展した。スロバキア最大の航空機事故。(en:TABSO Flight 101
  • 1976年7月28日 - プラハ発ポルナー、ブルノ、ホドニーン、コストリャニ経由ブラチスラヴァ行きチェコスロバキア国営航空001便(イリューシンIl-18D、機体記号OK-NAB、愛称"コシツェ")が22番滑走路着陸時、所定の高度より高い高度から降下し急制動をかけたことをきっかけに、4番エンジン表示灯の誤点灯や副操縦士の不適切な操作などが重なり、高度50メートルで右旋回して滑走路を逸脱。復航できないまま低空で管制塔をかすめ空港北方の貯水池(ピエスキ湖)に着水大破した。乗員乗客76人死亡、乗客3人負傷。(en:ČSA Flight OK-NAB
  • 1977年2月11日 - プラハ発ブラチスラヴァ経由コシツェ行き郵便機のチェコスロバキア国営航空471便(アヴィアAv-14、機体記号OK-OCA)が22番滑走路着陸時に空港手前2キロの地点で墜落。郵政職員2人と乗員2人が死亡、乗員1人負傷。悪天候にともなう視界不良の中、風向および風圧の特定の条件下で高度計が誤った高度を表示したことが原因。
  • 1977年10月20日 - 東部スロバキア県バルジェヨウ市の別荘で階段から落ち腕を骨折したチェコスロバキア大統領グスターフ・フサークの2番目の妻ヴィエラ・フサーコヴァーをブラチスラヴァまで緊急搬送したヘリコプター(ミルMi-8)が、濃霧のため空港内で着陸に失敗。フサーコヴァーと乗員3人、添乗の医師1人の5人全員が死亡。

外部リンク[編集]