アエロメヒコ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アエロメヒコ航空
IATA
AM
ICAO
AMX
コールサイン
AEROMEXICO
設立 1934年 (アエロナベスとして)
ハブ空港
焦点空港
マイレージサービス クラブ・プレミア
会員ラウンジ サロン・プレミア
同盟 スカイチーム
保有機材数 43機 (15機注文)
就航地 44都市
スローガン Vamos por el mundo (Travel the world)
親会社

バナメックス

(シティグループ傘下)
本拠地 メキシコの旗メキシコシティ
代表者 Andres Conesa Labastida (CEO)
外部リンク aeromexico.jp/

アエロメヒコ航空(アエロメヒコこうくう、Aeroméxico)は、メキシコ合衆国最大の航空会社で同国のフラッグキャリアである。

概要[編集]

アエロメヒコ航空の本部

メキシコシティメキシコ・シティ国際空港を本拠地に、メキシコ国内、北アメリカ南アメリカアジア及びヨーロッパの50都市へ、毎日400便、またはアエロリトラルと共に750便以上運航を行っている。11年以上連続して、メキシコでも最多の定期運航を行う航空会社と見なされている。

主要な就航地はハブ空港であるメキシコ・シティ国際空港や、モンテレイヘネラル・マリアノ・エスコベド国際空港エルモシージョイグナシオ・L・ペスケイラ国際空港、及びグアダラハラドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港である。また、アメリカロサンゼルス国際空港へは、メキシコ国内の各都市から1日に数便から十数便の頻度で運航している。

2000年に世界有数の航空連合であるスカイチームの設立メンバーの1社となり、以降デルタ航空エールフランス大韓航空ノースウエスト航空(現デルタ航空)などと共に同アライアンスの有力メンバーとなっている。

歴史[編集]

アエロメヒコ航空は、「アエロナベス(Aeronaves)」と言う名前で、1934年9月15日に設立された。最初はアメリカパンアメリカン航空の援助を受けていた。

その後メキシコ国内線を拡充し、第二次世界大戦後の1950年代には、マドリードパリへの運航をボーイング707で開始、1958年にはアメリカのアイドルワイルド国際空港(現在のジョン・F・ケネディ国際空港)にも運航を開始した。

1964年に開催された東京オリンピックの際には、大会関係者を運ぶために東京国際空港へ特別便を運航した他、東京オリンピックに次いで1968年に開催されたメキシコオリンピックのオフィシャルキャリアにもなっている。

1970年代にはダグラスDC-9の導入により国内線の完全ジェット化を実現した。1980年代にはロサンゼルス上空において航空路を誤った小型機との衝突など、様々な原因による事故が相次いだが経営を維持した。

1989年アメリカフェニックス1992年にはドイツフランクフルトイタリアローマに乗り入れた他、1995年にはペルーリマへの乗り入れを開始するなどその路線網を広げた。

1995年にはデルタ航空エールフランスと提携関係を結び、2000年にはこれらの2社や大韓航空などとともに、世界有数の航空連合の1つである「スカイチーム」の立ち上げメンバーの1社となるに至った。

就航都市[編集]

国際線[編集]

ボーイング737以上の大きさの機材で運航される国際線はビジネスクラス「クラセ・プレミエ」とエコノミークラスの2クラスで運航されている。また、ボーイング767やボーイング777などのワイドボディ機で運航される国際線のビジネスクラスには、ライフラット型もしくはシェルフラット型のビジネスクラスシートが装備されている。なおボーイング787では、フルフラットタイプのビジネスクラス搭載を予定している。

日本路線[編集]

2006年に、ラテンアメリカとアジアの間のノンストップ定期便を世界で最初に就航させた。

2006年11月16日(成田発は18日)より成田ティフアナメキシコ・シティ間を週2便で運航開始した。その後、週3便への増便を経て、2013年10月14日のメキシコシティ発からボーイング787-8を導入。2014年4月20日より週4便で運航されている[1][2]。過去にはボーイング767-200ER、ボーイング767-300ER、ボーイング777-200ERが使用されることもあった。
往路はノンストップ便、復路はティフアナ経由となる。以前は、ティファナをテクニカルランディング空港とし降機・搭乗を行っていなかったが、現在は降機・搭乗を行っている(2012年5月現在)。

運航スケジュールは東行便が午後発メキシコ午後着、西行便がメキシコシティを夜発、翌日深夜にティフアナを経由し出発から実質2日後の早朝成田に到着するスケジュールが組まれている。メキシコは公用語をスペイン語としているため、当路線のみ日本人乗務員の通訳(インタープリター)を1名乗務させている。

国内線[編集]

  • メキシコ国内の計25都市に就航している。

メキシコを代表する航空会社として長距離国際線を多数運航している。宗教文化であるスペイン(マドリードバルセロナ)を主軸とし多くのヨーロッパ路線を運航する。アジア路線に定期直行便を自社運航しているラテンアメリカ唯一の会社である(2009年5月現在)。

保有機材[編集]

現在[編集]

アエロメヒコ航空の機材は以下の航空機で構成される (2014年5月現在):

過去[編集]

なお、同社が発注したボーイング社製旅客機の顧客番号(カスタマーコード)は52で、航空機の形式名は737-752、737-852、777-252ER、787-852などと表記される。

事故[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]