鉄のカーテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄のカーテン(但し、東ドイツ発足後のためシュテッティンが境ではない)

鉄のカーテン(てつのカーテン、: Iron Curtain)とは、ヨーロッパ冷戦の緊張状態を示すために用いられた言葉である。当時の東西両陣営の緊張を例えたもので、物理的なものではない。

由来[編集]

イギリスウィンストン・チャーチルが第61代首相を退任後の1946年3月、アメリカ合衆国大統領ハリー・S・トルーマンに招かれて訪米し、ミズーリ州フルトンのウェストミンスター大学で行った演説[1]の中でこう述べたことにちなむ。

From Stettin in the Baltic to Trieste in the Adriatic, an iron curtain has descended across the Continent. Behind that line lie all the capitals of the ancient states of Central and Eastern Europe.
バルトシュテッティンからアドリアトリエステまで、ヨーロッパ大陸を横切る鉄のカーテンが降ろされた。中部ヨーロッパ及び東ヨーロッパの歴史ある首都は、全てその向こうにある。)

米ソ冷戦の緊張状態を表す言葉として盛んに用いられた。

その後、ヨシップ・ブロズ・チトーが指導していたユーゴスラビアアルバニア共産党国家でありながらも東側陣営から離脱して非同盟の動きを見せたり、ドイツの東西分裂により生まれたドイツ民主共和国(東ドイツ)が発足後に東側陣営へ組み入れられるなどして、境となる線は何度か変化した。

有名になったのは上記のチャーチル演説以降だが、ナチス・ドイツ宣伝省大臣ヨーゼフ・ゲッベルスがこの1年前に、同様の言葉を雑誌に寄稿した論文に用いたり、日記にしたためたりしている。また更に遡る事15年、ソビエト連邦作家レフ・ニクーリンが著したエッセイの中にも、ヨーロッパの東西陣営の緊張を表す言葉としてこの言葉が登場している。

この「鉄のカーテン」は、ヨーロッパの東西分断を象徴する言葉でもあり、「西欧」・「東欧」という表現が盛んに用いられる契機ともなった。

ベルリン[編集]

ヨーロッパで「鉄のカーテン」を象徴する出来事は、1948年6月24日ベルリン封鎖1949年の東西ドイツ分離独立、1961年8月13日ベルリンの壁の建設である。ドイツは両陣営によって東西に分断されたため、特にカーテンの影響を受けやすい状況にあった。

解体[編集]

「鉄のカーテン」が存在したことを示す看板

1989年5月、改革を進めていた時のハンガリー首相ネーメト・ミクローシュにより、ハンガリー・オーストリア国境間に存在した鉄条網が撤去された。ハンガリーの西欧復帰を目指した政策の一つであったが、これが鉄のカーテンに穴をあけることになった。

この報道を西ドイツのテレビによって知った東ドイツ国民は、ハンガリーを経由して西側諸国に亡命できると思い、同国に殺到した。8月19日汎ヨーロッパ・ピクニックを経て、9月11日にはハンガリーは東ドイツ国民の西側諸国出国を解禁した。

そしてこれにより、東ドイツ国民が西への出国を求めてチェコスロバキア、ハンガリー、ポーランド等へ殺到、東ドイツ国内でも政府への不満と自由を求める動きからデモが頻発し、11月9日ベルリンの壁崩壊に至った。また、東欧諸国でも民主化運動(東欧革命)が勃発した。

1990年10月3日にはドイツ再統一が起こり、この時点で完全に鉄のカーテンは消滅したと言える。

鉄のカーテン崩壊は、「中欧」の概念が復活することにもつながった。

類語・派生語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wikisource reference Winston Churchill. Sinews of Peace. - ウィキソース. 
  2. ^ 先駆者だった川上氏 ドジャース戦法、哲のカーテン…新機軸を次々と スポーツニッポン 2013年10月30日閲覧

関連項目[編集]