歯舞村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歯舞村
廃止日 1959年4月1日
廃止理由 編入合併
根室市、歯舞村 → 根室市
現在の自治体 根室市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 根室支庁
花咲郡
面積 65.0[1]km².
総人口 5,205
(国勢調査人口、1955年10月1日)
隣接自治体 根室市
歯舞村役場
所在地 北海道花咲郡歯舞村歯舞
Habomai.PNG
灰色箇所が村域
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

歯舞村(はぼまいむら)は、北海道東部の根室半島先端部と歯舞群島を村域とし、花咲郡を構成していた

1897年明治30年)に発足。1915年大正4年)に婦羅理村沖根辺村沖根婦村友知村珸瑤瑁村の5村を合併して、二級町村となった。

この際、珸瑤瑁村に属していた珸瑤瑁諸島も歯舞村の一部となり、以後「歯舞群島」と呼ばれるようになった。

1945年昭和20年)9月3日ソ連軍が侵攻。水晶島などの歯舞群島に居住していた住民が離島し、北海道本土に上陸。以降群島部分99.94 km2に行政権が及ばなくなった。

その後1959年(昭和34年)に根室市と合併し、消滅した[2]。主な産業は漁業で、コンブの採集などが活発に行われていた。

沿革[編集]

行政[編集]

歴代村長(公選以降)

  1. 川島千代吉 1947年(昭和22年)4月5日 - 1957年(昭和32年)10月8日
  2. 竹村孝太郎 1957年(昭和32年)10月8日 - 1959年(昭和34年)4月1日

港湾[編集]

  • 沖根婦漁港
  • 温根元漁港
  • 珸瑤瑁漁港(第1種)[6]
  • トーサムポロ漁港
  • 友知漁港
  • 歯舞漁港(第4種)[7]

以下はソ連軍駐留前まで行政権が及んでいた港湾。

  • 秋味場港(水晶島
  • 相泊港(志発島
  • 古別港(多楽島
  • 台場港(志発島)
  • トコマ港(勇留島
  • 茂尻消港(水晶島)
  • 税庫と呼ばれる港が水晶島・秋勇留島・勇留島・志発島に存在した。

交通[編集]

鉄道[編集]

産業[編集]

漁協[編集]

  • 歯舞農業協同組合 - 合併後の1964年(昭和39年)まで存続。その後根室農業協同組合
  • 歯舞漁業協同組合 - 合併後も存続

郵政[編集]

根室市編入合併まで、村内には珸瑤瑁郵便局が無集配特定郵便局として、歯舞郵便局が集配特定郵便局として存在した。それらは、合併後も存続している。

1945年(昭和20年)までは以下の郵便局が存在した(いずれも島嶼部)。相泊のみ無集配特定郵便局で、他は集配特定郵便局であった。

局記号 局名
根う 志発
根ゐ 多楽
根お 水晶
根や 勇留
根こ 相泊


隣接していた自治体[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和26年度第57回北海道統計(昭和26年3月31日北海道総務局統計課発行)参照
  2. ^ a b 1959年(昭和34年)2月10日総理府告示第46号「市村の廃置分合」
  3. ^ 1955年(昭和30年)12月15日『官報』第8688号付録資料版No60 外務省「北辺の島々 その歴史的背景 -歯舞群島、色丹島、千島列島、南樺太-」
  4. ^ 1955年(昭和30年)8月31日総理府告示第1414号「所属未定地の編入処分」
  5. ^ 1958年(昭和33年)7月31日総理府告示第259号「所属未定地の編入処分」
  6. ^ 1953年(昭和28年)12月28日農林省告示第902号「漁港指定」
  7. ^ 1951年(昭和26年)6月29日農林省告示第243号「漁港指定」

関連項目[編集]