春国岱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春国岱の落日。左手はアカエゾマツ林

春国岱(しゅんくにたい)は、北海道根室市風蓮湖根室湾を分ける砂州で形成された面積約600ha湿地及び原生林である。

有史以来ほとんど人の手が入っておらず、高い原始性[1]を保持しており、多様な植生野生動物を見ることが出来る自然景勝地である。

概要[編集]

ランドサットによる風蓮湖と春国岱の画像。
画像右下の風蓮湖を塞ぐ様な形状の砂州が春国岱である。
春国岱東南部の空中写真(1978年撮影)
画像上方がオホーツク海、下方が風蓮湖。湿地、ラグーン、草原、森林、で構成されている。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

根室半島の北側の付け根にあたる海跡湖である風蓮湖の南側から延びる砂州で、オホーツク海海流により運ばれた砂が堆積して出来たものである。約3,000年から1,500年前の期間に形成されたものと考えられており、長さ8キロ、最大幅約1.3キロの3列に並んだ砂丘で構成されている。砂丘とは言っても標高はわずか3メートル未満で、3列で構成された砂丘と砂丘の間に湿地があり、砂丘の微高地には針葉樹を主体とする森林が形成されている。このように春国岱は海岸側から、砂浜草原森林塩性湿原干潟とグラデーション状の地形になっていることから、多種多様な生態系を備えており、特に砂丘(微高地)上のアカエゾマツの森林は海岸近くの標高の低い場所に形成された世界的に珍しいものである。

春国岱のある一帯は日本で最も温量指数が低い地域で、海流の影響で海霧が発生しやすく夏季でも気温が上がらず、亜寒帯湿潤気候の北海道の中でも独自の景観となっている。 2005年11月8日に、風蓮湖とともに、ラムサール条約登録湿地に登録された(風蓮湖と併せた範囲は6,139ha)[2]

生態系[編集]

「春国岱」の地名の由来はアイヌ語の「シュンク・ニタイ」(エゾマツ林)であるが、実際に対岸の国道44号にある道の駅スワン44ねむろ付近から春国岱を眺めると、水面に浮かぶ森のように見え、砂丘のイメージとは異なり豊かな原生林が広がっている。春国岱南東側の国道44号沿いには根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター1995年にオープンし、春国岱の自然を観察するために、木道などを整備した5つの自然観察路(トレイル)が設けられた。

植生[編集]

干潟から森林まである春国岱の植生は多様で、湿原では主にコケモモイソツツジワタスゲで占められており、夏季にはアヤメ科ノハナショウブが開花し、砂丘の海岸沿いにはエゾフウロノコギリソウなどが咲き競い、特にハマナスは長さ3キロメートルにわたる大規模な群生地となっている。

微高地に広がる森林はネイチャーセンターと海岸線に近い所ではミズナラダケカンバハンノキなどの落葉広葉樹林であるが、春国岱の南側ではアカエゾマツトドマツの深い針葉樹林の森となっており、地表を厚いで覆われた原生林は春国岱を代表する景観となっている。

野生動物[編集]

周囲を海と湖に囲まれた春国岱であるが、野生動物も数多く生息しており、エゾシカキタキツネなど北海道を代表する動物が多数生息している。また、エゾリスエゾモモンガなどの小動物も自然散策路から観察することも出来る。

野鳥[編集]

春国岱は野鳥の宝庫であり、これまでに確認された鳥類は280種にも及び、通常は高山帯に生息するルリビタキと、カモメなどの海鳥が同居する多様な生態系を持っており、オジロワシオオワシクマゲラシマフクロウなどの希少種が生息している。また特別天然記念物であるタンチョウ営巣地でもあり、年間を通じて多くのバードウォッチャーが訪れている。

その他[編集]

春国岱の干潟は天然のアサリホッキ貝潮干狩りが楽しめる事でも知られている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 堀淳一、山口恵一郎、籠瀬良明他編 「歴史の霧に埋もれた分岐砂嘴 野付崎付風連湖」 『地図の風景 北海道2 道東・道北』 (株)そしえて1980年 p61 ISBN 978-4-88169-281-3
  2. ^ 「環境省 ラムサール条約と条約湿地」 (PDF)
  3. ^ 根室春国岱潮干狩場北海道根室振興局

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度16分45秒 東経145度25分42秒 / 北緯43.27917度 東経145.42833度 / 43.27917; 145.42833