野生動物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野生動物(やせいどうぶつ)とは、原野など人の手の入らない領域に生息している・人間に養われていない・人間社会の存在に依存していない動物全般を指す。

また、生態学の見地からは人間に改良された品種としての飼育動物(生産動物を含む)以外の、本来自然界に於いて生息するのが自然な状態である動物全般を指す。

ふつう野生動物の英訳として使われる wildlife には野生動物だけでなく、野生植物も含まれる。

概要[編集]

これに類する動物は、人間の世話になっていない動物とされるが、その一方で近代以降に於いて人間が積極的に自然保護の活動を行っている点で、やや曖昧な概念を含む傾向も見られる。これらは動物のとしては動物園等で飼育されている動物と、遺伝子等の上でも違いは無いが、その生活を持って区分される。

もっとも顕著な例としては、やイエネコ()が挙げられる。犬やイエネコは人間に飼育されている物はペット、特定の誰かに飼育されていないが人間の社会に依存して生活していれば野良犬や野良猫、原野で狩りをして自分で食糧を得て人間に頼らない生活を送るものを野犬野猫と呼ぶ。ただし元来はそれら動物の生息域ではなかった地域に人為的に放たれて生活している場合は、野生動物の範疇に含まないで、帰化動物(外来種)となる。他の外来種の例に漏れず、これらの元飼育動物には天敵も存在しない為、生態系のバランスを崩す事も多い。

また、家畜は家畜化される過程で、自然選択の圧力を受けなくなった事で野生動物の頃とは異なる形質を獲得しており、その点においても野生動物とは異質である(家畜化#家畜化に伴う変化も参照)。

野生動物と家畜[編集]

生態系の保全において、その問題を正しく捉えるためには、人間の利用の為に改良された愛玩動物や家畜を野生動物と分けて考える事が大切であるとされる。特に20世紀の後半から環境破壊で生息域を破壊され、危機に陥っているのは飽く迄も野生動物に限定された問題であり、家畜を引き合いに出すのは無意味である[1]

野生と人間[編集]

であっても、人間の社会から隔絶されて自然環境の中で文化とは無縁の生活をおくっている場合には野人(野生の人間)と呼ぶことができる。ただしヒトという動物が社会的動物であり、家族などのような極小の社会に帰属している場合には、あまり野人だなどと呼称することはない。

他方では同様に独自社会(群れ)を形成する動物も存在するが、こちらはそれが習性に沿っている限りにおいて野生動物と呼ばれる。

人にあってもごく稀に、個人のレベルで人間の社会から断絶し、人間としてのアイデンティティを持たず、野生動物に育てられたり、または独力で生存していた事例が報告されており、厳密な意味での野生の人間として野生児または野生人と呼ばれる。

備考[編集]

かつて奴隷制度があった時代には、未開民族を指して野生動物だと見なしていた。この時代には、現代では人種差別民族差別思想として忌避される所であるが、相手の人種や民族の持っていた文化を否定ないし破壊した上で、それらを隷属させる行為が横行していた。

差別を被った彼らにしてみれば、社会がそれ以上の発展を必要とせず、周囲の環境によく順応して生活していたに過ぎず、また文明が破壊されたことに関しても、そのような破壊行為に対抗する手段を発達させる必要が無かった(平和的であった)と言うこともできる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高槻成紀 『野生動物と共存できるか - 保全生態学入門』 岩波書店岩波ジュニア新書〉、2006年、182-183頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]