くじゅう坊ガツル・タデ原湿原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
坊ガツル
タデ原

くじゅう坊ガツル・タデ原湿原(くじゅう ぼうがつる・たでわらしつげん)は、大分県竹田市及び玖珠郡九重町にあるラムサール条約の登録湿地2005年11月8日登録。

竹田市にある標高約1,200mの坊ガツル湿原と、玖珠郡九重町にある標高約1,000mのタデ原湿原とからなり、中間湿原としては日本国内最大級の面積を有する湿原である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]