マッシュルームカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マッシュルームカット(別名:モップ・トップモップ頭)とは、ビートルズが世界的に有名にしたヘアスタイルの名称。

概要[編集]

元々は、ビートルズがドイツ巡業時代に知り合った、芸術大学学生たちの間で流行していた髪形が原型で、ドイツで仲良くなったアストリット・キルヒヘル(ビートルズのデビュー前のベーシストであったスチュアート・サトクリフの恋人だった)というカメラマン志望の女の子が、ビートルズのメンバーに広めたとされている。

しかしその前に、アストリッドの彼氏(幼馴染でもある)であり、後にビートルズのアルバムリボルバー』のジャケット・アートワークを務めるクラウス・フォアマンもよく一緒にクラブに来ていた事から、彼の影響もあったと見られる(ただし彼の髪をよくカットしていたのはキルヒヘル)

なお、残りのビートルズのメンバーで真っ先にマッシュルームカットにしたのはジョージ・ハリスンであり(バック・ビートではキルヒヘルがカットしている)、最後はジョン・レノンであった。

特徴[編集]

眉毛の上で前髪を切りそろえ、全体をマッシュルームのように膨らませた形になることからこの名前で呼ばれるようになった。またモップの先の様にも見えることから「モップ・トップ」や「モップ頭」と呼ばれる事もある。日本では少々皮肉った呼び方で「おかっぱ頭」と呼ばれる事もあった。

影響[編集]

ビートルズのデビュー以後、ローリング・ストーンズもこの髪型をしていた。また、ビートルズのアメリカでの成功後、アメリカのバンド、ザ・バーズもこの髪型にするなど、当時のポップカルチャーにおいては必須アイテムであった。

現在の日本のタレントやアーティストでは、ふかわりょう木下理樹ART-SCHOOL)、たいぞう吉本新喜劇)などがこれに似た髪型にしている(スピッツ草野マサムネテイ・トウワBコースのタケトも、かつてこれに近い髪型にしていた)。

女性の髪型としては、おかっぱ、ボブカットとして古くから定着しているが、強く内巻きにして丸く膨らませたものを特に区別してマッシュルームカットと言うこともある。これをバンドの名前に掛けたキノコホテルは、全員がこの髪型である。

フィクション[編集]

創作作品では、漫画デトロイト・メタル・シティの主人公、根岸 崇一がこの髪型にしている。ただし近頃流行らない髪形で、尚且つ彼のひ弱な体型のため皮肉を言われているが、クラウザーに扮している時に「これは公然猥褻カットといって、男性器を模した上級デスメタルカットなのだ」と説いている。また頻繁にペニスと表現される。

テレビドラマ版ライアーゲームでは、フクナガユウジがこの髪型になっており、見た目どおりのキノコという呼び名がついた。

勇者ヨシヒコと魔王の城の登場人物・メレブが金髪のマッシュルームカットにしている。劇中で「きのこヘッド」と揶揄されるシーンがある。

ボウルカット[編集]

少年
1920年代のウクライナ・ソビエト社会主義共和国時代のポスター

ビートルズ以前にも既に、Bowl cutというジャンルがあったが、文字通りボウルのようなスタイルで、マッシュルームカットよりも後ろが短い。

関連項目[編集]