コーンロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コーンロウ

コーンロウ: cornrow)は頭髪スタイリング、セットのひとつ。編み上げて出来上がったスタイルがトウモロコシcorn)に似ていることから、こう呼ばれる。

特徴[編集]

最低15cm前後の頭髪が必要で、長ければ長いほど編みやすい。頭髪をいくつかにブロック分けし、ブロックごとに髪を三つ編みで頭皮に沿って編み込んでいく。全体を編む場合もあれば、半頭(前半分)、側頭などの一部のみを編む場合もある。セットに近いため長期は持続しない髪型であり、10日ほどはキープできるが、三つ編みが緩んでくるため、その後は編み直す必要がある。アジア人は、直毛が多いため、特にほどけやすい。ネグロイドのように縮毛の方がほどけづらく、長く髪型をキープ出来ることから、アフロパーマをかけてから編むと、若干長持ちする。

前頭部から後頭部に一直線に編んでいくのが基本形で、大体前頭で12〜20本くらいの三つ編みを編み込んでいく。ブロック分けによっては三つ編みをカーブさせたり、クロスさせることも出来、最近は複雑なパターンのコーンロウも作られる。ヘアーエクステンションを一緒に編み込む事により、髪の量を増やしボリュームを増したり、カラーエクステンションを用いてラインにアクセントを持たせるなど、様々な手法が用いられている。

後頭部から頭皮に沿わせず、普通に三つ編みを編んでいく、後ろ髪を垂らすスタイルはブレイズBraids)と呼ばれる。

すぐにほどけてしまわないように、髪にかなり強いテンションをかけながら編むため、頭皮が痛くなったり、頭皮の血行不良から毛根が炎症を起こしたりもすることがある。

スタイリングのため、洗髪はスタイルの寿命を短くする。かゆみ等でどうしても洗髪したい場合は、分け目のラインに沿って地肌を洗う。外す時は、作った時とは逆に端から解いていく。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]