まつげ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人間のまつげ

まつげは、まぶた(眼瞼)の端に生える体毛。日本語の表記にはまつ毛睫毛などがある。

特徴[編集]

まつげは眉毛とともに目の周辺に特に発達した体毛である。眉毛は人に独特のものであるが、まつげはさまざまなほ乳類、あるいはそれ以外の動物にも見られる。

一般的な体毛より太くて長さがそろっており、上下の眼瞼に3〜4列の幅をもって生えている毛で、上眼瞼の方が下眼瞼よりも長い。普通は反り返って目から離れる方向に曲がる。まつげには埃などの異物が目の中に入るのを防ぐ役割があり、上側がより発達するのもこの機能に関連していると思われる。

また、ネコネズミの機能と同じように、接触をとても敏感に感知する機能があり、反射的に眼瞼を閉じるなどの行動に直結している。これは眼球を守るのに役立つ。

人間のまつげ[編集]

まつげは胎児の7週目から8週目に生え始めるとされ、抜けた場合には4週間から8週間の周期で生え変わる。色は髪の毛の色と必ずしも同一とはいえず、髪の毛よりもやや明るめの色になる傾向がみられる。

まつげの毛包は、眼瞼の脂腺や睫毛腺などの腺と関係している。

化粧[編集]

メイクアップされたまつげ。
ビューラー(写真はシュウウエムラのもの)

すべての文化に共通とはいえないものの、まつげが長いことが「女性らしさ」とされる文化は多く、人為的に長くまたは多く見せたい傾向があり、化粧もそれを目指すものが大半である。まつげを彩る化粧の発祥は青銅器時代にまで遡り、その時代にはコール(kohl)と呼ばれるマスカラの一種がすでにあった。

まつげの強調は目の強調とほぼ目的を同じにしており、マスカラ、アイシャドーアイライナーなどと組み合わせることによって総合的にアイメイクと呼ばれる。20世紀にはつけまつげがポピュラーになり、1960年代にそのブームはピークを迎えた。近年ではまつげを太く長く丈夫にする効果が期待できるという「まつげ美容液」とカテゴライズされる商品も市場に出回り始めた。

補助的な器具としてはアイラッシュカーラー(通称 ビューラー)という、まつげをはさんでカールし、上方に先端を持っていくことで目を大きく見せ、マスカラのノリを良くする、はさみ状の化粧道具がある[1]

いわゆる化粧の範疇からは外れるが、「まつ毛エクステンション」(「まつ毛エクステ」、「まつげエクステ」と略される場合もある)と呼ばれる、自前のまつげに人工毛などを装着し長さや数を増やす方法もある。もともとは髪の毛の技術であったパーマネントウエーブを施す方法もあるほか、植毛を美容整形として行う技術もある。

健康[編集]

まつげに関する疾病等には主に次のようなものがある。

  • まつげが損失する"Madarosis"という症状がある。
  • 眼瞼縁炎はまぶたの縁の炎症。まつげを損失するケースがある
  • 睫毛重生は、いわゆる二重まつげで、複数の列から生えてきてしまう発育異常の一種である。
  • さかまつげ(「さかさまつげ」とも言う)は、まつげが眼球方向に発育してしまう症状である。まつげの毛先が角膜などを傷つける場合があり、日本では「逆さまの松の木」を絵馬に描き、奉納することにより治癒祈願をした[2][3]
  • 抜毛症・抜毛癖によりまつげを抜いてしまう場合がある。
  • 麦粒腫、いわゆる「ものもらい/めばちこ」は、眼瞼の脂腺や睫毛腺などの炎症によって起こる。

動物のまつげ[編集]

ウマのまつげ マツゲハブの一種。拡大すると右目の向こう側にまつげ状の突起がわずかに見えるのがわかる。
ウマのまつげ
マツゲハブの一種。拡大すると右目の向こう側にまつげ状の突起がわずかに見えるのがわかる。

脚注[編集]

  1. ^ ビューラーは「ビューティフル・カーラー」を縮めた[要出典]和製英語で、花王や個人等の登録商標(第635164号の1ほか)である。
  2. ^ 薬の博物館 『もうひとつの学芸員室-苦しい時の神頼み』
  3. ^ 人と薬の歩み 絵馬「逆松」/さかまつげの治癒

関連項目[編集]