機能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

機能(きのう、function)とは、もののはたらきのこと[1]相互に連関し合って全体を構成しているものの各要素や部分が、それぞれ荷っている固有の役割[1]。作用。

また、そうした役割を果たすこと[1]。たとえば「機能する」とか「腸が機能していない」などと使う。

社会学[編集]

社会学において、「機能」はあるシステム目的に対し何らかのかたちで貢献するか否かという視点から捉えたシステム全体、または一部の作用をさす。このとき、目的はシステムの維持および存続のためにも満足されなければならない必要条件となる[要出典][2]


IT[編集]

「機能要件」(functional requirement)と言うと、ソフトウェアや情報システムの開発時に定義される要件のうち、機能に関するもののこと[3]。たとえば扱えるデータのタイプ、処理の内容、画面表示や帳票出力の形式 等々である。この「機能要件」という分類に対して、「非機能要件」(non-functional requirement)という分類があり、それは信頼性・セキュリティ・拡張性・運用性などに関する要件のことである[3]

システム開発において「機能テスト」とは、開発時に行われるシステムテストのひとつで、ユーザー側から要求された機能(機能要件)をシステムが満足しているかどうかを検証するテストのことである[4]。しばしば入力されたテストデータと出力結果について(のみに)着目してそれを検証するブラックボックステストが用いられ、システム内部で行われる具体的処理手順については調べないことが多い[4]

参考文献[編集]

  • 広辞苑
  • ブリタニカ国際大百科事典

脚注[編集]

  1. ^ a b c 広辞苑 第六版「機能」
  2. ^ 注 - なお、機能主義 (社会学)では慣習制度などの個々の文化要素を全体に対する機能の究明によって理解を図るため、非常に重要視され、人間の生存に役立つかどうかにより正機能と逆機能に分類される。
  3. ^ a b IT用語辞典「e-words」。「機能要件」[1]
  4. ^ a b BINARY IT用語辞典「機能テスト」[2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]