石崎ひゅーい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石崎ひゅーい
基本情報
出生名 石崎ひゅーい[1]
出生 1984年3月7日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 茨城県水戸市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器
レーベル エピックレコードジャパン(2012年 - 2013年 )
デフスターレコーズ
(2013年 -)
事務所 エドワード・エンターテインメント・グループ
公式サイト http://huwie.net/

石崎 ひゅーい(いしざき ひゅーい、1984年3月7日[1] - )は、日本の男性シンガーソングライター。所属芸能事務所エドワード・エンターテインメント・グループ、所属レコードレーベルデフスターレコーズ

来歴[編集]

茨城県水戸市出身[1]。中学校3年生のとき、友人に誘われてHi-STANDARDコピーバンドに加わり、ボーカルを担当する[2]。その後、和光大学1年生のときにコピーバンドを解散し[2]、2004年10月にロックバンド「astrcoast」を結成する[3]

astrcoastで活動中、横浜市ライブハウス須藤晃と出会う[4]。その後、須藤の後押しもあり、2010年11月にバンドを解散してソロに転身[5]

2012年7月25日エピックレコードジャパンからミニアルバム『第三惑星交響曲』をリリースし、メジャー・デビューを果たす[6]。「第三惑星交響曲」は、スペースシャワーTV7月度パワープッシュとM-ON8月度レコメンドと異例のCS2冠を獲得した。

人物像[編集]

「ひゅーい」という名前は本名であり、デヴィッド・ボウイのファンだった母親が、デヴィッドの息子の「Zowie(ゾーイ)」を捩って命名したという[2]

また中学校3年生のころ、ボーイスカウトに所属していた[7]

音楽性[編集]

生々しく感情を歌い上げるボーカルと、リアルな日常とファンタジックな想像が合わさった楽曲が特徴[7]。特にボーカルについては、マーティ・フリードマンから「歌ってる最中の声に、『震え』がひしひしと感じられる」という評価を受けた[8]。石崎自身は、母親の影響を強く受けていると発言しており[9]、楽曲に含まれるファンタジックな要素は母親の影響が表れたものとしている[4]

ライブでは、ピアノギターによる弾き語りを披露することもあるが、基本的には歌のみを担当している[6]。またライブ中はステージを所狭しと動き回っており[10]、時折、一風変わったジャンプ[11]を見せる。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2012年11月21日 ファンタジックレディオ ESCL-3989
2nd 2013年6月5日 夜間飛行 ESCL-4061

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2012年7月25日 第三惑星交響曲 ESCL-3941

フルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2013年7月17日 独立前夜 ESCL-4067

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2012年11月21日 キミがいないLIVE ESXL-21 (Blu-ray Disc)
ESBL-2331 (DVD)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 石崎ひゅーいのプロフィール”. ナタリー. ナターシャ. 2012年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c 川倉由起子. “人に寄り添う歌を歌いたい 新鋭シンガーソングライター出現”. ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2012年11月7日閲覧。
  3. ^ 水戸出身の3人組バンド、astrcoastが4曲入りシングル“ビューティフルデイズ”を2月11日に発売”. OOPS! (2009年1月24日). 2012年11月22日閲覧。
  4. ^ a b 川倉由起子. “人に寄り添う歌を歌いたい 新鋭シンガーソングライター出現”. ナタリー. ナターシャ. p. 2. 2012年11月7日閲覧。
  5. ^ 石崎ひゅーい. POWER PUSH! INTERVIEW 石崎ひゅーい. インタビュアー:三宅正一. スペースシャワーTV.. http://www.spaceshowertv.com/powerpush/pp1/1207_hyui.html 2012年11月7日閲覧。 
  6. ^ a b 川倉由起子. “人に寄り添う歌を歌いたい 新鋭シンガーソングライター出現”. ナタリー. ナターシャ. p. 3. 2012年11月7日閲覧。
  7. ^ a b 石崎ひゅーい (2012年7月4日). 圧倒的な個性と音楽性を持つ驚くべきニューカマーが登場!. インタビュアー:森朋之. オリコン.. http://www.oricon.co.jp/music/artistnews/page/88/ 2012年11月7日閲覧。 
  8. ^ マーティ・フリードマン (2012年8月17日). “ふざけた名前にダマされたよ! 正統派でカッコいい10代バンドを発見!”. 日経トレンディネット. 日経BP. p. 2. 2012年11月7日閲覧。
  9. ^ 石崎ひゅーい (2012年8月13日). 石崎ひゅーい インタビュー!. インタビュアー:川口愉生. SundyBlog.. http://www.sundayfolk.com/sundy/2012/08/post_5078.html 2012年11月7日閲覧。 
  10. ^ J-WAVE〈LIVE SUPERNOVA Vol.73〉、石崎ひゅーい、住岡梨奈、蜜の個性が競演”. BARKS. グローバル・プラス. p. 0 (2012年7月21日). 2012年11月7日閲覧。
  11. ^ 榑林史章 (2012年5月16日). “oricon Sound Blowin’2012〜spring〜『ソナーポケット&期待の新人が集結した特別な夜』”. ORICON STYLE. オリコン. 2012年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]