石崎ひゅーい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石崎ひゅーい
基本情報
出生名 石崎ひゅーい[1]
出生 1984年3月7日(30歳)
出身地 日本の旗 日本 茨城県水戸市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器
レーベル エピックレコードジャパン(2012年 - 2013年 )
デフスターレコーズ
(2013年 -)
事務所 エドワード・エンターテインメント・グループ
公式サイト http://huwie.net/

石崎 ひゅーい(いしざき ひゅーい、1984年3月7日[1] - )は、日本の男性シンガーソングライター。所属芸能事務所エドワード・エンターテインメント・グループ、所属レコードレーベルデフスターレコーズ

来歴[編集]

茨城県水戸市出身[1]。中学校3年生のとき、友人に誘われてHi-STANDARDコピーバンドに加わり、ボーカルを担当する[2]。その後、和光大学1年生のときにコピーバンドを解散し[2]、2004年10月にロックバンド「astrcoast」を結成する[3]

astrcoastで活動中、横浜市ライブハウス須藤晃と出会う[4]。その後、須藤の後押しもあり、2010年11月にバンドを解散してソロに転身[5]

2012年7月25日エピックレコードジャパンからミニアルバム『第三惑星交響曲』をリリースし、メジャー・デビューを果たす[6]。「第三惑星交響曲」は、スペースシャワーTV7月度パワープッシュとM-ON8月度レコメンドと異例のCS2冠を獲得した。

人物像[編集]

「ひゅーい」という名前は本名であり、デヴィッド・ボウイのファンだった母親が、デヴィッドの息子の「Zowie(ゾーイ)」という名前を参考に命名したという[2]

また中学校3年生のころ、ボーイスカウトに所属していた[7]

音楽性[編集]

生々しく感情を歌い上げるボーカルと、リアルな日常とファンタジックな想像が合わさった楽曲が特徴[7]。特にボーカルについては、マーティ・フリードマンから「歌ってる最中の声に、『震え』がひしひしと感じられる」という評価を受けた[8]。石崎自身は、母親の影響を強く受けていると発言しており[9]、楽曲に含まれるファンタジックな要素は母親の影響が表れたものとしている[4]

ライブでは、ピアノギターによる弾き語りを披露することもあるが、基本的には歌のみを担当している[6]。またライブ中はステージを所狭しと動き回っており[10]、時折、一風変わったジャンプ[11]を見せる。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2012年11月21日 ファンタジックレディオ ESCL-3989 オリコン圏外
2nd 2013年6月5日 夜間飛行 ESCL-4061 オリコン最高81位
3rd 2014年6月25日 ピーナッツバター/泣き虫ハッチ DFCL-2073 オリコン最高99位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1stミニ 2012年7月25日 第三惑星交響曲 ESCL-3941 オリコン最高157位
1st 2013年7月17日 独立前夜 DFCL-2050 オリコン最高66位
2ndミニ 2014年4月2日 だからカーネーションは好きじゃない DFCL-2056 オリコン最高198位

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2012年11月21日 キミがいないLIVE ESXL-21 (Blu-ray Disc)
ESBL-2331 (DVD)
オリコン圏外

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2013年9月11日 集まれOZAKI OSAKA OZAKI NIGHT SRXL-43 (Blu-ray Disc)
SRBL-1585 (DVD)

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
中井篤志 夜間飛行
箭内道彦 ファンタジックレディオ」「第三惑星交響曲」「僕だけの楽園
不明 母子手帳」「泣き虫ハッチ」「ピーナッツバター

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
夜間飛行 ドラマ24『みんな!エスパーだよ!』エンディングテーマ
ピーナッツバター ドラマ『新解釈・日本史』主題歌
泣き虫ハッチ 住友生命WEB-CMテーマソング

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2013年 - 石崎ひゅーい2013 新春!巻き込みライブ
  • 2013年 - 石崎ひゅーいTOUR2013 全国!ひゅーい博覧会
  • 2013年 - 石崎ひゅーい×TOWER RECORDS~夜間初飛行~
  • 2013年 - 独立前夜祭
  • 2013年 - 石崎ひゅーいTOUR2013「独立前夜」
  • 2014年 - 石崎ひゅーい×園子温バンド対バンLIVE
  • 2014年 - 石崎ひゅーいTOUR2014「仮装行列」
  • 2014年 - 石崎ひゅーいTOUR2014「石崎ウォーズ ~シンガーソングライターの逆襲~」
    w/小南泰葉/Burnout Syndromes/小山田壮平/Fly or Die/クリープハイプ

出演イベント[編集]

  • 2012年06月21日 - Happy Music Basket vol.1
  • 2012年08月20日 - ROCK KIDS 802 THE MUSIC CAMP
  • 2012年09月01日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012
  • 2012年09月15日 - 風とロック芋煮会2012@猪苗代湖
  • 2012年10月14日 - MINAMI WHEEL 2012
  • 2012年10月28日 - 広島エフエム放送主催「ライブトライブLIVE」
  • 2012年11月23日 - 金沢 ROCK Street Market 2012
  • 2012年11月26日 - SPACE SHOWER 3rd Place vol.1
  • 2012年12月23日 - FM AICHI presents STAND UP!
  • 2013年04月20日 - J-WAVE 25th ANNIVERSARY TOKYO Guitar Jamboree
  • 2013年04月25日 - 集まれOZAKI ~OSAKA OZAKI NIGHT~
  • 2013年05月09日 - LOVE TUNES! VOL.1@WWW.~NEW ARTISTS 2013 SHOWCASE LIVE~
  • 2013年07月14日 - MURO FESTIVAL 2013
  • 2013年08月10日・11日 - SUMMER SONIC 2013
  • 2013年08月25日 - MONSTER baSH 2013
  • 2013年09月13日 - R-BROS.FEST 2013
  • 2013年09月21日 - LIVE福島 CARAVAN日本 風とロック芋煮会2013
  • 2013年10月05日 - MEGA☆ROCKS 2013
  • 2013年10月14日 - MINAMI WHEEL 2013
  • 2014年01月17日 - uP!!!STREAM
  • 2014年02月09日 - MTV LIVE~Dialogue~
  • 2014年06月14日 - マキタスポーツのショービジネス
  • 2014年08月23日 - FREEDOM aozora 2014 東北
  • 2014年09月14日 - New Acoustic Camp 2014
  • 2014年09月27日 - 風とロック芋煮会2014
  • 2014年09月28日 - スペースシャワー列伝 100巻記念公演 第100巻 初志貫徹の宴
  • 2014年10月04日 - CONNECT 歌舞伎町Music Festival 2014
  • 2014年10月11日 - MINAMI WHEEL 2014
  • 2014年10月26日 - 大柴広己 presents SSW14
  • 2015年01月10日 - mito LIGHT HOUSE 25th anniversary ~祝盃~

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 石崎ひゅーいのプロフィール”. ナタリー. ナターシャ. 2012年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c 川倉由起子. “人に寄り添う歌を歌いたい 新鋭シンガーソングライター出現”. ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2012年11月7日閲覧。
  3. ^ 水戸出身の3人組バンド、astrcoastが4曲入りシングル“ビューティフルデイズ”を2月11日に発売”. OOPS! (2009年1月24日). 2012年11月22日閲覧。
  4. ^ a b 川倉由起子. “人に寄り添う歌を歌いたい 新鋭シンガーソングライター出現”. ナタリー. ナターシャ. p. 2. 2012年11月7日閲覧。
  5. ^ 石崎ひゅーい. POWER PUSH! INTERVIEW 石崎ひゅーい. インタビュアー:三宅正一. スペースシャワーTV.. http://www.spaceshowertv.com/powerpush/pp1/1207_hyui.html 2012年11月7日閲覧。 
  6. ^ a b 川倉由起子. “人に寄り添う歌を歌いたい 新鋭シンガーソングライター出現”. ナタリー. ナターシャ. p. 3. 2012年11月7日閲覧。
  7. ^ a b 石崎ひゅーい (2012年7月4日). 圧倒的な個性と音楽性を持つ驚くべきニューカマーが登場!. インタビュアー:森朋之. オリコン.. http://www.oricon.co.jp/music/artistnews/page/88/ 2012年11月7日閲覧。 
  8. ^ マーティ・フリードマン (2012年8月17日). “ふざけた名前にダマされたよ! 正統派でカッコいい10代バンドを発見!”. 日経トレンディネット. 日経BP. p. 2. 2012年11月7日閲覧。
  9. ^ 石崎ひゅーい (2012年8月13日). 石崎ひゅーい インタビュー!. インタビュアー:川口愉生. SundyBlog.. http://www.sundayfolk.com/sundy/2012/08/post_5078.html 2012年11月7日閲覧。 
  10. ^ J-WAVE〈LIVE SUPERNOVA Vol.73〉、石崎ひゅーい、住岡梨奈、蜜の個性が競演”. BARKS. グローバル・プラス. p. 0 (2012年7月21日). 2012年11月7日閲覧。
  11. ^ 榑林史章 (2012年5月16日). “oricon Sound Blowin’2012〜spring〜『ソナーポケット&期待の新人が集結した特別な夜』”. ORICON STYLE. オリコン. 2012年11月7日閲覧。

外部リンク[編集]