王様とボク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王様とボク
ジャンル 青春漫画
漫画
作者 やまだないと
出版社 小学館
掲載誌 週刊ヤングサンデー
レーベル ヤングサンデーコミックス
発表期間 1992年 - 1992年
巻数 全1巻
テンプレート - ノート

王様とボク』(おうさまとボク)は、やまだないとによる日本漫画作品。1992年、『週刊ヤングサンデー』(小学館)にて連載された。

ストーリー[編集]

恋人と初めて結ばれた18歳の誕生日の夜、ミキヒコはバイク事故で病院に運ばれる。病院でミキヒコは、子供のころ事故に遭って以来12年間眠り続けているかつての親友、モリオのことを思い出す。その夜、帰宅途中に立ち寄った小学校の校庭に、ミキヒコはモリオの姿を見つける。

長い眠りから覚めた、心が6歳児のままのモリオに再会し、大人になることに不安を覚えていたミキヒコは、かつて自分たちが自由気ままな王様のようだった子供時代を思うのだった。

登場人物[編集]

ミキヒコ
主人公。高校3年生。18歳の誕生日にバイク事故に遭い病院に運ばれる。大学進学や就職といった自分の将来に不安を覚えている。
モリオ
ミキヒコのかつての親友。6歳の時遊んでいたブランコから落下し、以来12年間意識が戻らない状態に。
キエ
ミキヒコの恋人で遊び仲間のひとり。バイクに同乗しともに事故に遭う。ミキヒコの良き理解者。

単行本[編集]

映画[編集]

2012年9月22日公開。

出演者の相葉裕樹は、活動名変更後映画初出演作品となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:やまだないと
  • 監督:前田哲
  • 脚本:やまだないと、前田哲
  • 製作:三宅容介、長田安、川端基夫
  • プロデューサー:男全修二、清水陽、赤城聡、鈴木嘉弘
  • ラインプロデューサー:山本礼二
  • 撮影:板倉陽子
  • 美術:寺尾淳
  • 音楽:吉岡聖治
  • 録音:小宮元
  • 照明:南園智男
  • 編集:太田義則
  • 配給:ユナイテッドエンタテインメント

外部リンク[編集]