NASDAQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイムズスクエアのナスダックのビル

NASDAQ(ナスダック、National Association of Securities Dealers Automated Quotations)は、1971年全米証券業協会(NASD)の主催で開設されたアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場である。

概要[編集]

情報技術の普及・浸透により誕生した取引の一形態である。取引所とは異なり、距離の離れたマーケット事業者がコンピュータネットワークを使用して売買気配値を提示する。

1994年から2004年までの年平均値

近年はインターネット情報技術関連企業がこぞって市場に参入するようになった。2000年にはインターネット・バブルにより、株価指標の「ナスダック総合指数」が6000ポイントに迫る勢いを見せた。

ニューヨーク市内タイムズスクエアの一角には上場企業の株価を100台以上の大型テレビで表示する「ナスダックマーケットサイト」があり、テレビメディアがここから最新の動向を伝え、巨大テレビを利用して株価を表示したりする。また、ビルの外壁一面にLEDディスプレイが取り付けてあり、広告効果が高い。

歴史[編集]

証券取引を開始した日時は1971年2月8日。世界初の電子株式市場として、世界中の注目を集めた。

その後自動取引システムを導入し、コンピューターシステムの証券取引市場であることを強調した。それにより多くの企業が集まり、取引高ランキングで世界第3位に入る巨大市場と化した。

2007年5月、スウェーデンの証券取引所運営会社OMXと経営統合で合意。同年末までに新会社「NASDAQ OMXグループ」を発足させると発表した。

取引時間[編集]

  • プレ・マーケットトレーディング時間 7:00-9:30
  • 立会時間 9:30-16:00
  • アフターマーケット時間 16:00-20:00

取引時間いずれも米国東部標準時(EST)

立会時間は日本の取引所のように前場・後場と昼の休憩による中断はない。(取引中断はないが、相場の参加者は少なくなるため、取引が少なくなる。)

NASDAQに上場する主な日本企業[編集]

関連する取引所[編集]

日本でも2000年大阪証券取引所と提携した「NASDAQ JAPAN」(ナスダック・ジャパン)市場を開設したが、24時間取引の是非やシステム上の問題なども絡み、2002年12月に提携を解消。後に「ニッポン・ニュー・マーケット ヘラクレス」に改めることとなった。

直接NASDAQとは関係ないが、日本において新興企業向け市場としてジャスダック(JASDAQ)がある(上記のNASDAQ JAPAN → ヘラクレス が、2010年10月12日に統合されている)。

韓国にも新興企業向け店頭株式市場として「KOSDAQ」(コスダック)が存在したが、2005年1月26日韓国証券取引所および韓国先物取引所と合併し、現在は「韓国取引所」(略称:KRX)となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]