モスクワ証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モスクワ証券取引所
Moscow Exchange
Moscow Exhacnge main building.jpg
本社所在地 ロシアの旗 ロシア
モスクワ
設立 2011年12月19日
業種 証券取引所
代表者 アレクサンドル・アファナシエフ(CEO)
外部リンク [1]
テンプレートを表示

モスクワ証券取引所(モスクワしょうけんとりひきしょ、ロシア語: ОАО «Московская Биржа»英語: Moscow Exchange)は、モスクワにあるロシア最大の証券取引所。2011年6月、モスクワ銀行間通貨取引所(MICEX)がロシア取引システム(RTS)株式の過半数を取得する形で合併の合意文書に調印し、2011年12月19日から取引を開始した[1][2]。2012年7月、証券所の名称を「MICEX-RTS証券取引所」から「モスクワ証券取引所」への改称することが報じられた[3]

1990年代に設立されたMICEX・RTSの両組織は、MICEXがルーブル建て株取引で国内株式取引の80%を、RTSがドル建て取引で同市場の20%のシェアを占めてきたが[2]、統合により株式債券デリバティブ(金融派生商品)、通貨の取引が一カ所で行うことが可能となった[1]。取引所の社長兼最高経営責任者(CEO)にはMICEXの社長であったルーベン・アガンベギャンが就任、取引初日には「これからは世界クラスの金融インフラをロシアに構築することに取り掛かろうではないか」と述べている[1]

ロシア中央銀行のウリュカエフ第1副総裁によると、MICEX-RTSの発行済み株式資本金は少なくとも60億ドルになるとされる[4]。また2012年10-12月期に新規株式公開(IPO)を実施する可能性があるとも報じられた[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • (ロシア語)ММВБ-РТС - ロシア語版ホームページ
  • (英語)MICEX-RTS - 英語版ホームページ