インターネット・ミーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インターネット・ミームInternet meme)とはインターネットを通じて人から人へと、通常は模倣として拡がっていく行動・コンセプト・メディアのことである。[1] その主な例としては公共の場所で寝ころぶ写真を投稿すること(プランキング)や、ハーレムシェイクという集団で踊るショートビデオのアップロードなどが挙げられる。

ミームとは「文化の中で人から人へと拡がっていくアイデア・行動・スタイル・慣習」であると、メリアム=ウェブスター辞典にはある。[2] インターネット・ミームはイメージハイパーリンク動画画像ウェブサイトハッシュタグの形をとる。それは単なる単語や語句、時には意図的な綴り間違いだったりもする。これらの小さな動きが社会的ネットワークブログ、直接の電子メール、ニュースソースで伝わっていきがちである。それらは様々な既存のインターネット文化サブカルチャーと関係することがあり、RedditTumblrその他のサイトやUsenetの掲示板など初期のインターネットのコミュニケーション手段において作られたり拡がりをみせたりした。瞬時のコミュニケーションが口コミでの伝達を容易とするために、流行と評判はインターネット上で素早く拡大していく。

ミーム(meme)」という語はリチャード・ドーキンスにより1976年の彼の著書『利己的な遺伝子』において作られた言葉であり、文化的情報の拡がる方法を説明するためのものだった。[3] インターネット・ミームとはこの一般的なミームのコンセプトのうちインターネットの文化と環境に限定された部分にあたる。2013年にドーキンスはインターネット・ミームを人間の創造性によって故意に改編されるミームであると特徴づけ、ランダムな変化と、ダーウィン選択に基づいて正確な複製の中で拡大していく生物学における遺伝子やドーキンスのインターネット以前のミームとは区別した。[4] ドーキンスはインターネット・ミームをこの様な「元のアイデアのハイジャック」であり、ミームというアイデアそのものも新しい方向に変異・進化したと説明した。[5] 更にインターネット・ミームには通常のミームの持たない特性がある。それは増殖の過程でメディア(社会的ネットワークなど)に痕跡を残すということである。これによって、インターネット・ミームは追跡・解析が可能である。[6]

歴史[編集]

インターネットの初期には、このようなコンテンツは主に電子メールかUsenetのディスカッション・コミュニティーを通じて拡がっていった。掲示板ニュースグループもまた人気を博していた、なぜならそれらは情報、つまりはミームを短い時間でインターネットの様々な利用者層の間で共有することを可能にしたからである。これらが人々のコミュニケーションを助長した結果、通常では触れ合うことのないミームの一群同士の間にも交わりが生じた。更にそれらは掲示板やニュースグループの人々によるフィードバック、コメント、意見などを求めることでのミーム共有を活発に促進した。インターネット上にみられる増大したミームの伝播のその他の要因としてはそのインタラクティヴ性がある。出版物ラジオテレビはどれも基本的には受動的な経験であり、全ての認知プロセスに読者やリスナー、視聴者の存在を必要とするのに比べて、インターネット社会では現象の拡散をより手軽に行える。現象の多くは検索エンジンインターネット・フォーラムソーシャルネットワーキングサービスソーシャルニュースサイト動画共有サービスをも通じて拡大する。インターネットの情報を拡散する能力の多くは検索エンジンでのサーチ結果によって補強されており、これによってユーザーは情報がはっきりしないミームであっても見つけることができる。[7][8]

発展と拡大[編集]

あるインターネット・ミームは、偶然ないし解説・模倣・パロディを通して、またはそれ自体に関するニュースを取り込むことによって、同じまま保たれたり、時と共に発展していったりする。インターネット・ミームの発展と拡大は非常に迅速であり、時には世界規模の知名度に短い日数で達する場合もある。インターネット・ミームは通常は幾分かの社会的相互作用または大衆文化の参照、すなわち人々が普段自分たち自身を見出せる場所から形成される。その急速な成長とインパクトは研究者や産業経営者の注目を集めている。[9] 学問の分野では、研究者たちはインターネット・ミームがどの様に発展するかのモデルを作ったり、どのミームが生き残ってウェブ上に拡大するかを予測したりしている。商業の分野では、安価なマス広告の形態としてバイラル・マーケティングが使われる。

経験的アプローチによる一つの研究がある。それはミームの特徴と振る舞いとを、ミームの拡散したネットワークとは独立して研究したものであり、その結果、成功したミームの拡散に関しての一連の結論が出された。[6] 例えば、その研究によれば見る者の注目のための競争に留まらないインターネット・ミームは通常は短命に終わるが、それでもなおネット利用者の創造性を通じて、ミームとミームとが互いに協力しあってより強く生き残っていくこともあるという。[6] また逆説的なことに、全期間の平均よりも有意に高い人気を持った時期、すなわち人気の頂点を経験するミームは通常はそれがユニークでない限り生き残りが期待できない一方で、その様な人気の頂点を持たないミームは他のミームと共に使われてより強く生き残っていくのだという。[6]

ドミニク・バスルトは2013年に『ワシントン・ポスト』へ寄稿した中で、ミームは人類文化のほんの切れ端を伝達するようになっており、それは元々ドーキンスが思い描いたように何世紀にもわたり生き残り、そしてその代わりに費用のかかる大きなアイデアでの陳腐な事柄を伝達するのだと、インターネットの成長とマーケティング・広告産業の慣習について主張した。[10]

マーケティング[編集]

宣伝活動、広告およびマーケティングの専門家はインターネット・ミームをバイラル・マーケティングゲリラ・マーケティングの一形態に含めて、「口コミ」でのマーケティング(バズマーケティング)を商品・サービスの一環とするようになった。 市場の商品・サービスにミームを用いる営業手段はミームマーケティング(Memetic marketing)として知られている。[11] インターネット・ミームには費用効果があり、そして(時に自覚的に)一時的な流行となるために、意識的・流行的なイメージを創造する方法として用いられる。

例えば、インターネット・ミームをそうしなければポジティブな評判を受けないであろう映画を注目させるために使うことがある。2006年の映画『スネーク・フライト』はこのやり方を通じて広く世間の注目を浴びた。[12]

ミームマーケティングの例としては、FreeCreditReport.com英語版の歌による広告キャンペーンや、剥製師のチャック・テスタ英語版の広告の"Nope, Chuck Testa"ミーム、メトロ・トレインズ・メルボルン英語版の公共アナウンスメント広告キャンペーン"Dumb Ways to Die英語版"などがある。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Schubert, Karen (2003年7月31日). “Bazaar goes bizarre”. USA Today. http://www.usatoday.com/tech/news/2003-07-28-ebay-weirdness_x.htm 2007年7月5日閲覧。 
  2. ^ Meme Meme - Definition and More from the Free Merriam-Webster Dictionary”. Merriam-Webster Dictionary. 2014年7月29日閲覧。 “Definition of MEME: an idea, behavior, style, or usage that spreads from person to person within a culture”
  3. ^ Dawkins, Richard (1989), The Selfish Gene (2 ed.), Oxford University Press, p. 192, ISBN 0-19-286092-5, http://books.google.com/books?id=WkHO9HI7koEC&pg=PA192, "We need a name for the new replicator, a noun that conveys the idea of a unit of cultural transmission, or a unit of imitation. 'Mimeme' comes from a suitable Greek root, but I want a monosyllable that sounds a bit like 'gene'. I hope my classicist friends will forgive me if I abbreviate mimeme to meme. If it is any consolation, it could alternatively be thought of as being related to 'memory', or to the French word même. It should be pronounced to rhyme with 'cream'." 
  4. ^ Solon, Olivia (2013年6月20日). “Richard Dawkins on the internet's hijacking of the word 'meme'”. 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  5. ^ Dawkins, Richard (2013年6月22日). “Just for Hits”. 2014年7月28日閲覧。 (video of speech)
  6. ^ a b c d Coscia, Michele (2013年4月5日). “Competition and Success in the Meme Pool: a Case Study on Quickmeme.com”. 2014年7月28日閲覧。 Cosciaの論文の要旨. 門外漢のために解説された論文:Mims, Christopher (2013年6月28日). “Why you’ll share this story: The new science of memes”. 2013年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  7. ^ Memes On the Internet”. Oracle Thinkquest. 2012年11月30日閲覧。
  8. ^ Marshall, Garry. “The Internet and Memetics”. School of Computing Science, Middlesex University. 2012年11月30日閲覧。
  9. ^ Kempe, David; Kleinberg, Jon; Tardos, Éva (2003). “Maximizing the spread of influence through a social network”. Int. Conf. on Knowledge Discovery and Data Mining. ACM Press. http://doi.acm.org/10.1145/956750.956769 
  10. ^ Basulto, Dominic (2013年7月5日). “Have Internet memes lost their meaning?”. 2013年7月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  11. ^ Flor, Nick (2000年12月11日). “Memetic Marketing”. InformIT. http://www.informit.com/articles/article.aspx?p=19996 2011年7月29日閲覧。 
  12. ^ Carr, David (2006年5月29日). “Hollywood bypassing critics and print as digital gets hotter”. New York Times. http://www.nytimes.com/2006/05/29/business/worldbusiness/29iht-carr.1839216.html 2012年10月16日閲覧。 

外部リンク[編集]