ゲリラ・マーケティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーケティング
主要概念

プロダクト • 価格戦略
流通 • サービス • 小売
ブランド管理
アカウントベースドマーケティング
マーケティング倫理
マーケティングの有効性
市場調査
市場細分化
販売戦略
マーケティング論
市場支配

宣伝内容

広告 • ブランディング • アンダーライティング
ダイレクトマーケティング • 個人販売
プロダクトプレイスメント • パブリシティ
販促活動 • 宣伝における人間の性

宣伝媒体

印刷 • 出版物  • 放送
アウトドア • インターネットマーケティング
ノベルティ
レベルマーケティング • ゲーム内広告
実演販売 • ブランドアンバサダー
口コミ

  

ゲリラ・マーケティングとは低コストで慣例に囚われない手段(落書、ステッカー爆撃、フラッシュモブ)を使った広告戦略であり、製品やアイデアを売り込むために度々局所的な場所もしくはインターネット上の大規模ネットワークで行われる。ゲリラ・マーケティングという用語は戦いにおいて極限的な環境の中で勝利など目的を達成するため型に囚われない戦術で戦うであるゲリラ戦術に由来する。

このマーケティングの概念は巨大なマーケティング予算ではなく時間、活力と想像力に依存する型破りな宣伝システムとして考案された。一般的予期できなければ型にはまらない潜在的なインタラクティブ英語版であり、消費者は予期できない場所で標的にされる。

ゲリラ・マーケティングの目的はバズを起こし、結果的にバイラルを回すためにユニークかつ魅力的で示唆に富む概念を生成することである。この用語はジェイ・コンラッド・レビンソン英語版が著した「Guerrilla Marketing」によって定義され作り出された以降一般的になりマーケティングに関する教科書にも採用されるようになった。

このマーケティングでは公共の場所での出会いの監視、通りでの商品プレゼント、PRスタントと言った異常なアプローチもしくは最小限のリソースで最大の結果を得るために計画された任意の型に囚われないマーケティングを必要とされる。消費者を牽引し、思い出に残るブランドエクスペリエンスを生成するため、このマーケティングへのより革新的なとしてモバイルデジタル技術が現在活用されている。

ゲリラ・マーケティングは低コストのマーケティング戦略が主眼であるため、基本的に必要なのはお金ではなく、時間と活力と想像力である。売上高ではなく利益を出すことが成功への主要な指標であり、重点は新たな顧客を獲得するよりも既存の顧客を保持することにある。

紹介[編集]

レビンソンの書籍には100もの「ゲリラ・マーケティングの武器」が書かれているが、プロモーションの型破りな方法を考案する創造的なゲリラ・マーケティング実行者をも推進している。このマーケティングを実行する人は全てのコネ、専門家、一般人を使い、自分の会社と商品を調べ、広報の大元を探している。広報の多くの形態は安価、無料で可能となっている。

またレビンソンはゲリラ・マーケティングの戦術を実行する時、小規模で行えるのが実際の利点であると述べている。小規模組織や起業家は大企業よりも世間の注目を集めやすく、自身の顧客と親しくなりかなり機敏になることが出来る。

レビンソンによるとそれでも最終的にゲリラ・マーケティング実行者は「グッズを調達」しなければならないとしている。「The Guerrilla Marketing Handbook」では「商品やサービスを売るために、企業は消費者と信頼関係を築かねばならない。顧客のニーズに応じ、約束されたベネフィットを届ける商品を提供する必要がある。」と述べている。

ゲリラ・マーケティングの基盤として以下の原則をレビンソンは定義している:

  • ゲリラ・マーケティングは特にスモールビジネスと起業家を対象にする。
  • 経験、判断、当て推量ではなく人間の心理に基づかなければならない。
  • ビジネスを推し量る主な統計は売上ではなく利益英語版である。
  • マーケターはまた毎月どれだけ多くの新たな関係を作るかに集中するべきである。
  • あまりにも多様な製品やサービスを提供することでの多様化の試みに代わる鋭い焦点を伴った優れた模範を創造する。
  • 新しい顧客の獲得に集中することに代わって、既存の顧客や大規模な取引によるより多くの紹介や取引英語版を目指す。
  • 他の企業との競争や協力により集中することを忘れる。
  • ゲリラマーケターはキャンペーンのためのマーケティング手法を組み合わせて駆使する必要がある。
  • 自身のビジネス構築のために最新技術を活用する。
  • メッセージは個人や小規模集団向けとして小規模なほどいい。
  • 売上を出す試みではなくより多くの情報を送るために個人の同意を得ることを焦点にする。
  • 各キャンペーンのための新たなメッセージ作成に代わって有効接触頻度英語版を活用する。

関連マーケティング[編集]

ゲリラ・マーケティングという言葉は新興メディアによる記述語として現在多くの場合より緩く使用されている。

ゲリラ・マーケティングは当初は中小企業が使用していたが、現在は大企業での採用が広がっている。

リスク[編集]

決められたブランドイメージを常に発するわけではない口から出た言葉が広がることによるブランドイメージの不当表示や消費者の利益を損なう間違った位置づけの商品に対する評価といったリスクが存在する。度々、もし徹底的にブランドイメージを浸透させたりブランドに関する虚偽の風説を生成しようとする時にゲリラ・マーケティングはとても決定的にならない。例として

2007年1月31日英語版ボストンにてアクア・ティーン・ハンガー・フォースというアニメシリーズの宣伝としてアニメキャラクターが描かれたLEDが点滅するいくつかの磁気ボックスが金属の表面に貼られていた。このボックスは爆弾と間違えられたために警察が捜査した上で撤去するために一部の地下鉄駅、橋、州間高速道路93号線の一部区間が閉鎖されたが、一部のボックスは破壊された[1]

関連項目[編集]

手法[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]